広告とBtoC企業志望者が知るべき飲料メーカーのプロモまとめ

広告業界
2016年02月12日
就活生が知っておくべき有名企業のプロモーションまとめ飲料メーカー編

もくじ

  1. はじめに
  2. 有名企業のプロモーションまとめ
  3. まとめ

1. はじめに

こんにちは。エントリーシート研究所の見谷です。

突然ですが、皆さんは何にお金を使いますか。

最近、自宅近くのデパートがじきに閉店すると聞き、久々に行ってみることにしました。懐かしのゲームセンターに行くと、じゃんけんに勝ち続けると「Wii」が当たるというゲームがありました。これを見て私はワクワクが止まらなくなってしまったのです。欲しくもないのに。結果、私は機械に1700円払ってじゃんけんをして遊んでもらい、手ぶらで帰路につきました。

企業は儲けたお金を何に使うのでしょうか。幾つかありますが、1つ挙げられるのが今回のテーマでもあるプロモーションですよね。有名企業になると、これに何百時間と何千万というお金と時間をかけます。ここで言いたいのは、就活をする上で皆さんの志望する企業が「何にお金と時間を使っているか」知っておく必要がありますよね、ということです。もっと言えば、そこから「何がしたいのか、何を伝えたいのか」を汲み取る必要もあります。ですので、今回は有名飲料メーカーのプロモーションをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク就活の証明写真を撮るのにおすすめの写真館の選び方とまとめ
スポンサーリンク新宿・渋谷・横浜・東京で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ

2. 有名飲料メーカーの広告プロモーションまとめ

キリン株式会社の有名プロモーション

キリン

プロモサイト→ こちら

プロモーションの概要

「パーフェクトフリー」を購入しシールを集めて応募すると、「やる気をウォッチ」か「パーフェクトフリー」が5000名に当たるというものです。「やる気をウォッチ」はスマポアプリと連動して、やる気曲線(=活動量)が低下していることをお知らせしてくれます。仕事や家事などやる気を必要とするときには「パーフェクトフリー」を飲んでやる気を上げていきましょうというプロモーションです。

キリンビールに提出されたESを見る

アサヒビール株式会社の有名プロモーション

アサヒ

プロモサイト→こちら

プロモーションの概要

春限定の「アサヒスーパードライ スペシャルパッケージ」の発売に合わせて、東京メトロ上野駅を桜の写真や造花でピンク一色に染めてあります。生活者に春のおとずれやお花見を想起させるという情緒的な価値を生み出すことで、期間限定商品の販売を促進しています。

アサヒビールに提出されたESを見る

サントリー株式会社

サントリー

プロモサイト→こちら

プロモーションの概要

上記のサイトへ行くと8つのサイトと1つの漫画が並んでいます。「家って知ってる?最高にくつろげる場所を見つけた」(LIG INC.)など商品コンセプトである「くつろぎ」を訴求できるコンテンツが揃っています。これによって「家でくつろぎ飲みをする」を推し進めていこうというキャンペーンです。

サントリーに提出されたESを見る

サッポロビール株式会社の有名プロモーション

サッポロビールの広告プロモーション

プロモサイト→こちら

プロモーションの概要

サッポロビールは「北海道LIKERS」というファンコミュニティサイトを2012年に開設しました。それ以来、北海道の魅力を発信する情報サイトとして、フェイスブックでは”23万いいね”、英語版では”70万いいね”を獲得しています。自社の宣伝はほぼ無く、北海道の衣食住に関する情報を定期的に発信しています。

サッポロビールに提出されたESを見る

株式会社伊藤園の有名プロモーション

伊藤園

プロモサイト→こちら

プロモーションの概要

伊藤園は「TEAS’TEA」のパッケージを、ファッション誌「VOGUE JAPAN」と共に「TEAS’TEA」のブランディングを目的としたプロモーションです。「TEAS’TEA」のパッケージを「VOGUE JAPAN」がデザインし、短編ムービーも制作されています。他にも「あなたの今の気分にぴったりのフレーバーは?」という企画も行われています。

伊藤園に提出されたESを見る

株式会社ヤクルト本社の有名プロモーション

ヤクルト

プロモサイト→こちら

プロモーションの概要

ヤクルトレディのブランディングのためのプロモーションです。大泉洋を中心としたショートドラマを制作し、ヤクルトレディの仕事振りや魅力、ヤクルト保育所を紹介しています。家事と育児を両立する働き方がアピールされています。

ヤクルトに提出されたESを見る

5. まとめ

いかがだったでしょうか。

ご紹介出来たのはごく一部ではありますが、「何を、どう伝えたいのか」という視点でプロモーションを見てみると、その企業の姿勢が見て取れると思います。日頃のCMなども生活者として見るのではなく、企業側から見てみることで企業研究になります。

是非、企業の広告にたくさん触れて、たくさん考えてみて下さい。おもしろいですよ。では!!

広告・メディア業界のESを研究する