ITコンサルタントとは

カテゴリ:IT業界
ES研究所 2018年02月16日
コンサル

はじめに

こんにちは。

就職活動をしていると、今まで知らなかった業界や職業にたくさん出会いますよね。

実際に、社会人になり、自分自身が新しく知った業界や職種に就いたとしても、就かなかったとしても、今後自分自身の助けになる知識になるはずです。

そこで、今回は「ITコンサルタント」という職業について焦点を当てて、お伝えしようと思います。

目次

  1. そもそもコンサルタントとは
  2. ITコンサルの特徴
  3. ITコンサルになるルート
  4. ITコンサルタントの例
  5. まとめ
お気に入り 0人がこの記事をお気に入りしました
スポンサーリンク就活の証明写真を撮るのにおすすめの写真館の選び方とまとめ
スポンサーリンク新宿・渋谷・横浜・東京で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ

そもそもコンサルタントとは

まず、始めにコンサルタントについて解説していこうと思います。

なぜならITコンサルタントは、コンサルタントという職業の1つだからです。

ITコンサルタントが属するカテゴリーについて理解を深めて頂いてから、ITコンサルタントについて解説していこうと思います。

コンサルタントとは、

クライアントが抱える問題に対してヒアリングを行い、現状どの様な課題を抱えるのかや、この課題にはどの様な原因があるのかを分析する事、また、課題解決の為の方法を提案する職種

の事です。

また、一口にコンサルタントと言っても、複数の種類があります。

これが以下です。

経営コンサルタント
企業の経営上の課題解決に努める
戦略コンサルタント
経営面、人事面、財務面など、企業の全体像を把握し、企業の経営上の戦略を練る事に努め、課題解決を図る
WEBコンサルタント
企業のWEB関連も問題解決に努める
シンクタンク系コンサルタント
経済調査や官公庁向けのリサーチ、課題を明確化させ、解決を図る
ITコンサルタント
ITの技術を用いて、企業の経営上の課題解決を図る

以上、複数の例をあげましたが、他にも労務コンサルタントや人材コンサルタントなど、多数あります。

今回焦点を当てているITコンサルタントは、これらのコンサルタントの1つです。

ITコンサルの特徴

では、実際にITコンサルタントについて詳しく見ていきましょう。

上記にもある様に、コンサルタントはたくさんの種類がありますが、ITコンサルタントの最大の特徴は、クライアントが抱える問題を解決する方法が、ITを用いる事にあります。

具体的には、クライアントの問題解決の戦略立案や、この戦略を成立させる為のシステム設定、企画をITを用いて行います。

そこで、ITコンサルタントとして成功していく為には、2つの必要な視点あると言われています。

  • ・システムに関する技術的視点
  • ・企業が経営を成立させる為のビジネス的視点

まず1つ目に関しては、クライアントに戦略としてITを提案していくからには、システム開発の知識が不可欠です。

実際に、システムを導入し、運用していく上で、使用するシステムがどのような点でリスクが起こりうるのか、また、現在使用しているシステムはどのような問題があるのか理解する為の知識が必要です。

つまり、システムの開発プロセスや設計手法、下流工程に関しての知識があると良いでしょう。

次に2つ目に関しては、ITコンサルタントはクライアントの経営上の課題を解決する事を目的にしている為、クライアントのビジネスモデルを理解する事や、経営上の課題を見つける力が不可欠になってきます。

なので、自分が担当するクライアントの業界やビジネスモデルを理解し、課題発見をする能力が必要です。

ITコンサルになるルート

パソコン

では、ITコンサルタントになる為には、どのようにすれば良いのでしょうか?

一番多いケースが、システムエンジニアから、ITコンサルタントになる方法です。

上記の通り、ITコンサルタントはITに関する専門的な知識が必要とされる為、まずはシステムエンジニアとして、技術を磨いたのちに転身する方が多い用です。

では、システムエンジニアとITコンサルタントの違いは何なのでしょう。

それは、クライアントのヒアリングを行う中で、課題解決のニーズを汲み取り、ソリューション提案する裁量権があるかどうかです。

仕事に求められる事に関しても、システムエンジニアは、いかに正確なシステムを作るかが重要視されています。

一方でITコンサルタントは、現在ある課題をいかにクライアントにとっても最善の解決策を提案できるかが重要視されています。

より経営の視点を所持しているのが、ITコンサルタントと言えるでしょう。

ITコンサルタントの例

最後に、ITコンサルタントを目刺し働いていくために、この道が開かれている企業をいくつか紹介したいと思います。

日本アイビーエム・ソリューション・サービス(株)

設立:1984年
本社:札幌
資本金:1億円

この企業は、金融系のシステムに特化した専門性の高さが強みとなっている企業です。

金融系システムとは、銀行や保険、クレジットカードのシステムの事を指し、セキュリティや安全性が特に重要視されている分野であり、この部分のシステム開発と、IT戦略を提案するサービスを提供しています。

オービックビジネスコンサルタント

設立:1980年
本社:東京
資本金:105億

この企業は、パッケージソフトを開発し、これを提供する事で、クライアントの抱える課題解決を図っている企業です。

具体的には、会計、人事、給与、労務管理などのソフト開発を行っています。

顧客第一主義を掲げており、日本の99パーセント以上を占める中堅中小企業をターゲットとしてパッケージソフトが開発し、提供しています。

アクセンチュア

設立:1995年
資本金:3.5億

新規事業の創出や業界全体の変革など、顧客の利益向上の為に、変革を起こす事によって利益を上げている企業です。

会社全体で5つの事業領域があり、各自で蓄積したノウハウによって、高水準の顧客サポートを行っています。

フューチャーアーキテクト

設立:1989年
資本金:14億
本社:東京

大企業から中小企業まで幅広い顧客に対してサービスを行っています。

ITの技術を使用し、顧客の経営上の課題を解決をするという点で特徴的です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

就活生のみなさんの視野拡大に貢献できれば幸いです。

コンサルタントとは、

クライアントが抱える問題に対してヒアリングを行い、現状どの様な課題を抱えるのか、この課題にはどの様な原因があるのかを分析する事、また、課題解決の為の方法を提案する

ITコンサルタントとは、

クライアントが抱える課題を、ITを用いる事でシステム設定、企画を行い、問題解決の戦略立案を立て、提案する職種

ITコンサルタントに必要な視点2つ

  • (1)システムに関する技術的視点
  • (2)企業が経営を成立させる為のビジネス的視点

ITコンサルタントになる為のルート

複数存在するが、システムエンジニアからキャリアアップする事が多い

ここまで読んで下さりありがとうございました。