就活で失敗する人の特徴とは?成功する秘訣

カテゴリ:就活と知っとくべきこと
ES研究所 2018年06月24日
スポンサーリンク
頭を抱える就職活動中の学生

はじめに

就活を進めていくとやはり上手くいかない場面に遭遇してしまうことがあるでしょう。

そんな就活に失敗してしまう人には共通点があります。

そうならないためにも改善し、さらに成功する秘訣についてをこれから学んでいきましょう。

目次

  1. 就活で失敗する人の共通点
  2. 就活で成功する秘訣とは?
  3. まとめ
お気に入り 0人がこの記事をお気に入りしました
スポンサーリンク新宿・渋谷・横浜で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ
スポンサーリンクまだエントリーが間に合う企業の探し方

就活で失敗する人の共通点

ではまずは自身もそうなっていないかどうかをチェックするためにも、就活で失敗してしまう人の特徴をあげていきます。

自分に自信がない

就活での面接や選考を受けるにあたって、自分の考えに自信を持つことが大切です。

自分に自信がなければ面接においても曖昧な返答をしてしまい、自己PRも十分にできなくなってしまいます。

自分の功績を大したことがないと思うのではなく、面接で話す際には何十倍にも盛るような気持ちで臨むことが大切です。

成功している就活生の多くはこのように大した話でなくとも、自分のエピソードに自信を持っている方が多い傾向にあります。

ですので自信を持ってアピールできるよう、工夫してみることが大切でしょう。

準備が足りていない

書類選考や面接などに落ちてしまった際に実は企業と合わなかったことよりも、自分の準備不足が原因となっているケースも多くあります。

準備不足は面接前にしっかりと行って入れば改善できる問題です。

この場合の準備としては、企業の情報収集と自分が面接で話す内容についてです。

企業でもらったパンフレットやWEBサイトなどには最低でも目を通して、どのような企業であるのかをもう一度おさらいしておきましょう。

そして面接で話す内容に関しては、最低限の志望動機や自己PR、学生時代に力を入れたことぐらいは押さえておく必要があるでしょう。

もちろん面接にはある程度の慣れが必要となるため、話す内容を考えられたら、模擬面接や家族や友人相手に自分が面接で話すための練習をしてもらうと安心ですよ。

大手企業ばかり受けている

大手企業は毎年多くの就活生が憧れ、人気の高い傾向にあります。

もちろん大手企業を目指すのも良いことですが、あまりにもそういった企業ばかりを受けている方は就活に失敗してしまう傾向が。

大手企業は人気であるため優秀な学生もたくさん受けます。

そういった方達と同じ土俵に立って選考を進めていても、なかなか内定はもらえません。

ですので大手企業のみに絞るのではなく、福利厚生の充実していたり、働きやすい中小企業はたくさんあるので視野を広げてみましょう。

大手企業に就職してもすぐに辞めてしまうという方は多いため、必ずしも大手が良いというわけでもありませんよ。

就活で成功する秘訣とは?

では就活に成功するための秘訣を最後に押さえておきましょう。

自信を持って話すことができる

就活に失敗してしまう特徴にあった自信のなさ。

面接の場だけでも喋り方に自信を持ってみるだけでも印象は大きく変わります。

多少は確信がないことでも、その場では自信を持ってハキハキと喋ることで相手にもしっかり伝わるものです。

採用する企業もこれから未来を担っていってほしい若者を雇いたいと考えているため、やはり自分の考えに自信を持っている方の方が良いと思います。

そのためにもどんな質問が来ても動じないよう、自己分析を進めていくことが大切です。

コミュニケーション能力をあげよう

面接は会話とも言われているように、最低限のコミュニケーション能力を持って面接官と接することができれば通過するものです。

あまりにも長々と話すのではなく、必要なことを適切な長さでわかりやすく相手に伝えることが大切でしょう。

コツとしては面接官に聞かれた質問には、まずはその答えで返すことです。

当たり前のことではありますが、長々と話してしまいどこが答えなのかが伝わっていないことがあります。

そのためにも自分の考えにまずは自信を持つことも、大切でしょうね。

まとめ

今回は就活で失敗してしまう人の特徴をまとめてみました。

これから選考に進んでいく方や自分が失敗して現在悩んでいる方も、今回の特徴に当てはまっている部分があれば改善していく努力をしていきましょう。