就活メイクでアイブロウペンシルの正しい使い方を覚えたい!プロが丁寧に解説します

就活と見た目
2019年11月07日
就活メイクでアイブロウペンシルの正しい使い方を覚えたい!プロが丁寧に解説

目次

  1. はじめに
  2. 就活で眉メイクはかなり重要!?
  3. アイブロウペンシルの役割
  4. アイブロウペンシルにはどんな種類があるの?
  5. アイブロウペンシルの芯の硬さの違いは?
  6. アイブロウペンシルだけで眉毛は描ける?
  7. 就活メイクでアイブロウペンシルを使うならどのタイプがいい?
  8. 就活メイクでもつかえるアイブロウペンシルの正しい使い方
  9. 就活メイクでオススメなアイブロウペンシル
  10. まとめ

はじめに

就活生のみなさんこんにちは!

アイブロウペンシルを使って眉をどのように描けばいいのか悩んでいませんか?

普段アイブロウペンシルを使う人の場合は、普段どおりのメイクでいいの?って思う人や、うまく仕上がらないからキレイに仕上がるにはどうすればいいのか知りたい人がいると思います。

また普段アイブロウペンシルを使わなかったり、眉メイクをしない人もいるでしょう。

今回の記事では就活メイクの眉をアイブロウペンシルで描く時の正しい描き方、おすすめのペンシルタイプ、おすすめの商品を紹介・解説していきます。

この記事を読むことで普段アイブロウペンシルを使い慣れている人だけでなく、使うけどメイクがうまくいかない人や、使ったことがない人でもペンシルを使って就活に向いた眉が描けるようになるでしょう!

スポンサーリンク新宿・渋谷・横浜・東京で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ
スポンサーリンク就活の証明写真を撮るのにおすすめの写真館の選び方とまとめ

就活で眉メイクはかなり重要!?

就活メイクでアイブロウペンシルの正しい使い方を覚えたい!プロが丁寧に解説1

就活において眉メイクはとても重要な役割を持っています。
眉毛の形によって以下のような印象を与えられます。

  • 上向きな眉毛:真面目、前向き、仕事ができる印象
  • 平行眉:協調性がある、優しい印象

一方で、眉毛の形が就活に適してない場合は以下のようにマイナスな印象を与えてしまいます。

  • 細すぎる眉:不誠実な印象
  • 太すぎる眉:野暮ったい、田舎っぽい印象
  • 垂れ眉:頼りない印象

このように、眉毛ひとつで顔の印象が変わるので眉メイクはとても重要と言えます。

アイブロウペンシルの役割

アイブロウペンシルは眉毛の間を埋めたり、眉毛を一本一本描いたりできます。

地毛の眉がキレイに生えているとは限りません。アイブロウペンシルを使うことで眉毛が薄い部分を埋めてムラをなくしたり、一本一本描き足すことができます。

アイブロウペンシルを使うことで、眉の形をしっかり整えて、眉毛の印象を強くすることができます。

アイブロウペンシルにはどんな種類があるの?

就活メイクでアイブロウペンシルの正しい使い方を覚えたい!プロが丁寧に解説2

アイブロウペンシルには主に3種類あります。
それぞれの種類とその特徴を解説していきます。

鉛筆タイプ

鉛筆タイプは名前の通りで、眉を描くための芯がある鉛筆型のアイブロウです。

私は現在鉛筆タイプのアイブロウペンシルを使っていますが、芯を削ることで太さも調整でき、細い眉も太い眉も簡単に描けます。

鉛筆タイプはこすったらすぐ消えるので、間違えて眉を描いてしまっても簡単に修正することができます。

繰り出し式

繰り出し式のアイブロウペンシルは、先端を回すことで芯の長さを調整できるタイプのペンシルです。鉛筆タイプのものと違い、芯を削る必要がないのでお手入れの手間がかかりません。

ただし私の経験上、落としてしまうと収納している芯が折れてしまうので注意が必要です。

また、鉛筆タイプのように太さの調整ができないので、細芯タイプと太芯タイプの2種類を持っておくことをおすすめします。

筆タイプ

筆タイプのアイブロウはリキッドアイブロウとも呼ばれており最近ブームとなっています。

リアルな眉毛を描くことができ、リキッドタイプであるためなかなか落ちないといった特徴があります。

アイブロウペンシルの芯の硬さの違いは?

アイブロウペンシルを選ぶ際のポイントとして、芯が硬いか柔らかいかといった点があります。

芯の硬さが違うとどういった特徴があるのでしょうか?解説していきます!

硬い芯をつかうメリット

硬い芯のアイブロウペンシルは、力をいれても芯の接触面積が広がらずに眉を描けるため、細い線を描きやすいです。

細い線を描くことで一本一本生えている眉に近い太さで描いて仕上げることができるので、ナチュラルな眉毛にすることができます。

柔らかい芯を使うメリット

柔らかい芯のアイブロウペンシルは、ぼかすことでパウダーのように広範囲でナチュラルに仕上げることができます。

力を入れずにスルスルと描けるので、二度書き三度書きしなくてもいいというメリットもあります。

力を入れると芯が潰れて太い線になってしまいますが、なれてくると、細い線も太い線も描けるようになります。

アイブロウペンシルだけで眉毛は描ける?

アイブロウペンシルだけでも眉を描くことはできます。しかしペンシルのみだと眉が濃くなり、描いた感が出てしまいます。

アイブロウパウダーと併用することで眉の濃さを調整できるのでパウダーと併用するのがおすすめです。

就活メイクにおすすめのアイブロウパウダーはこちらの記事を参考にしてみてください!

【プロが教える】就活メイクで眉が垢抜けるアイブロウパウダーの使い方

就活メイクでアイブロウペンシルを使うならどのタイプがいい?

就活メイクでアイブロウペンシルの正しい使い方を覚えたい!プロが丁寧に解説3

就活メイクでアイブロウペンシルを使う場合、繰り出し式のものがおすすめです。

鉛筆タイプのものに比べると芯を削らなくていいため、出先でも楽に使えるからです。

ただし鉛筆タイプも鉛筆削りを持ち運ぶのなら問題ないです。

筆タイプのペンシルは普段から使っていて慣れていれば問題ないですが、最初のうちはインクの出る量を調節して描くのが難しいため、就活メイクのために筆タイプを使い始めるのはおすすめできません。

就活メイクでは持ち運びも楽な繰り出し式のペンシルがおすすめです!

就活メイクでもつかえるアイブロウペンシルの正しい使い方

就活メイクではアイブロウペンシルをどのように使えばいいのでしょうか?
自眉がしっかり生えている人と薄い人に分けて、正しいペンシルの使い方を解説します。

自眉がしっかり生えている方

自眉がしっかり生えている人はどのようにアイブロウペンシルを使えばよいのでしょうか?

ポイントは生えっぱなしの印象ではなく、眉尻をシャープに仕上げ、洗練した印象に整えることです。4段階に分けて解説します!

1.中間部分で眉毛の生え方がまばらで穴が空いている部分を埋める

眉毛の中間は生えている向きがまばらになり、眉の薄い部分や穴が空いている部分があります。

そのような部分は毛流れと同じ向きで斜め45度に1本1本描いていきましょう。眉毛の下の方から描き始めることでキレイに描けます!

2.眉尻の終点をシャープに整える

小鼻と目尻の延長線上に眉尻の終点がくるように、眉の足りない部分を描き足しましょう。

最後のほうは払うように描くことで、眉尻が細くなりキレイな仕上がりになります。

3.眉頭部分で生えていない部分を描き足す

眉頭部分で眉が生えていない部分を描き足します。

下から真上に描くことでナチュラルな仕上がりになります。また眉の内側は面積が大きく、描く量が多くて描いた眉が濃くなりやすいです。

内側だけ濃いと不自然な仕上がりになるので、描いた後はぼかしこむようにしましょう。

4.全体で眉頭〜眉尻にかけてグラデーションになるようにブラシでぼかす

眉を描き終わったら眉頭から眉尻にかけて、全体がグラデーションになるようブラシでぼかします。

グラデーションになるようにぼかすことで、立体感のある自然な眉毛になります。

自眉が薄い方

一方で、自眉が薄い人はどういった眉メイクをすればよいのでしょうか?6つの手順に分けて解説します!

1.眉山と眉尻を最初に決める

最初に眉山と眉尻を決めます。

眉が薄い場合、描く量が多くなるのでいきなり眉を描いてしまうと左右非対称になりやすく、形も変になりやすいです。

小鼻と黒目の外側の延長線上に眉山、小鼻と目尻の延長線上に眉尻がくるようにして、眉尻と眉山の場所をマークするのが良いです。

2.中間部分から眉山に向かって眉を描きたす

眉の中間部分から眉山に向かって眉を描き足します。

塗りつぶすのではなく、眉を一本一本描くことで生えている眉に近い仕上がりになります。

この時、生えている眉と同じ向きになるよう下から上斜めに向かって描きましょう。描き足した感が少なく見え自然な仕上がりに近づきます。

3.眉山部分から角度を下げて眉尻と繋げるように描き足す

眉山部分から眉尻をつなげるように描き足します。角度を下げて描くことで生えている眉の流れと同じ向きになります。

眉山から眉尻は眉が一番濃くなる部分なので眉が薄い場合はしっかりと書き込みましょう。眉を濃くするためにパウダーで下書きをしてから描くのもおすすめです。

4.2−3で描いた部分をぼかす

眉を描いたままだと濃くなってしまうので2ー3で描いた眉をブラシを使ってぼかします。

ぼかす目安としては、描いた眉毛が自眉と馴染む程度までです。

5.眉頭部分で足りない部分を描き足す

眉頭部分で薄く足りない部分を描き足します。

下から真上にかけて眉を1本1本描きましょう。眉頭は真ん中部分、眉尻に比べると生え方が薄いことが多いので、過剰に薄くならない程度に描きましょう。

6.眉頭はしっかりぼかしこみ、中間〜眉尻は濃さが気になる部分だけぼかす

描いた眉頭をしっかりとぼかします。

眉頭は眉を描く面積も広く、濃くなりやすいですが、眉頭をぼかして、眉頭から眉尻が濃くなることで眉に立体感がでて自然なものになります。

最後に眉全体を見て途中でいきなり眉の濃さが変わってないかを確認します。眉の中間から眉尻の濃さが気になる部分があればそこだけぼかしましょう。

就活メイクでオススメなアイブロウペンシル

では最後に、就活メイクにオススメのアイブロウペンシルを5つご紹介します!
自分にあったアイブロウペンシル選びの参考にしてみてください!

(1)エクセル:パウダー&ペンシル アイブロウEX

(1)エクセル:パウダー&ペンシル アイブロウEX

画像:エクセル公式ページより

  • 商品名:パウダー&ペンシル アイブロウEX
  • ブランド:エクセル
  • タイプ:繰り出し式
  • 価格:1450円(税抜)

繰り出し式で描きやすく、ブラシとパウダーもセットになっておりかなりコスパが良いと言えます。

2014年に発売したアイブロウで、2014年と2015年には@cosmeのベストコスメアワードのアイブロウで1位を獲得している人気商品です。

色も8種類から選べて、就活以外にも使えるアイブロウペンシルです。

(2)セザンヌ:ブラシ付き アイブロウ繰り出し

(2)セザンヌ:ブラシ付き アイブロウ繰り出し

画像:CEZANNE公式ページより

  • 商品名:ブラシ付き アイブロウ繰り出し
  • ブランド:CEZANNE
  • タイプ:繰り出し式
  • 価格:500円(税抜)

繰り出しタイプのため使いやすいです。

ブラシも付いているため、眉を描く前の毛流れを整えることも、描いた後にぼかすこともこれ1本で行うことができます。

ウォータープルーフタイプのアイブロウなので、汗や皮脂にも強いので暑い時期に多い就活におすすめできる一品です。

(3)KATE:アイブロウペンシル A

(3)KATE:アイブロウペンシル A

画像:KATE公式ページより

  • 商品名:アイブロウペンシル A
  • ブランド:KATE
  • タイプ:繰り出し式
  • 価格:550円(税抜)

1.5mmという細くて描きやすいタイプのアイブロウペンシルで、繰り出しタイプなので使いやすいです。

芯が比較的硬めなため細い毛を1本1本描くことができます。プチプラの中でもコスパが高い一品です。

(4)M・A・C:アイブロウ スタイラー

(4)M・A・C:アイブロウ スタイラー

画像:Amazonより

  • 商品名:アイブロウスタイラー
  • ブランド:M・A・C
  • タイプ:繰り出し式
  • 価格:2500円(税抜)

細い眉をかけてブラシも付いたアイブロウペンシルです。

繰り出し式であるため楽に使えます。芯は柔らかめなのでぼかすことでパウダーがなくても眉メイクを完成させることができます。

汗や皮脂にも強く、8種類の中から選べます。就活だけでなく、普段に使用にもおすすめできる一品です。

(5)YSL:EYE BROW PENCILアイブロウ ペンシル Y

(5)YSL:EYE BROW PENCILアイブロウ ペンシル Y

画像:YVES SAINT LAURENT公式ページより

  • 商品名:アイブロウペンシルY
  • ブランド:YVES SAINT LAURENT
  • タイプ:繰り出し式
  • 価格:3200円(税抜)

アイブロウペンシルYは繰り出し式のペンシルです。

芯が硬めで眉メイクに慣れていない人でも簡単に細い眉を描くことができます。ブラシも付いているのでこのペンシル1本で眉メイクを済ませることも可能です。

持続力のあるペンシルなので長時間の就活にも安心して使えるアイブロウです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回の記事ではアイブロウペンシルを使って眉毛をどのように描くのがいいのか悩んでいる人に向けて、就活メイクにおすすめの眉の描き方や、アイブロウペンシルを紹介・解説しました。

眉毛の形で顔の印象を大きく変えることができます。この記事を参考にして就活ではどんな眉メイクをすれば良いのか理解してもらえればと思います。

参考記事