就職活動に適したスーツの選び方

就活と見た目
2018年02月22日
就職活動中の男女

就職活動にオススメのスーツはあるのか?

就職活動を行うにあたって、リクルートスーツは必須アイテムです。

しかしスーツ量販店に行けば多くのリクルートスーツが陳列されていることから、どれを選べばいいのか悩んでいる人もいるでしょう。

そこで今回は選んでほしいリクルートスーツについて説明していき、ビジネススーツとの違いについてもふれていきます。

また、リクルートスーツを着用する理由も紹介しているため、参考にしてみてください。

目次

  1. リクルートスーツとは?ビジネススーツとの違いは?
  2. どんなリクルートスーツを選べばいいのか
  3. まとめ
スポンサーリンク新宿・池袋・渋谷・横浜・東京駅・大阪梅田・四条烏丸・八王子で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ
スポンサーリンク就活の証明写真を撮るのにおすすめの写真館の選び方とまとめ

リクルートスーツとは?ビジネススーツとの違いは?

疑問

リクルートスーツとビジネススーツには、実は明確な違いが存在していません。

しかしスーツ量販店に行けばリクルートスーツコーナーが設置されているのも事実で、一体どんな違いがあるのか気になる人もいるでしょう。

それではリクルートスーツにはどういった意味が込められているのか、また、間違えてビジネススーツを購入しないようにするためのポイントも紹介します。

リクルートスーツは就活で着用するスーツ

リクルートスーツは面接に適したスーツのことを指し、面接官に最も良い印象を与えることができるスーツとなっています。

具体的には誠実さや知的さ、清潔感や初々しさをアピールできるもので、スーツ量販店では特設コーナーを設けて販売しているのが一般的に。

素材についても就職活動期間中に着ることを想定しており、安価である反面、化学繊維を中心に縫製していることから、着用時に不快感があるはずです。

また、似たようなスーツで礼服がありますが、こちらは深い黒の生地で素材もウール素材で縫製されており、リクルートスーツやビジネススーツとは全く別のスーツとなっています。

色と柄で区別される

リクルートスーツとビジネススーツの大きな違いは色と柄になります。

柄のない無地であることに加え、色も黒や紺のスーツがリクルートスーツとして最適であるのが一般的です。

ストライプ柄やチェック柄、他にもウインドペンなどのスーツはビジネススーツの特徴となっているため、就職活動の場面では適さないスーツでしょう。

そのため、就職活動で選ぶべきスーツは協調性を感じさせる黒か紺の無地のスーツを選ぶべきといえます。

どんなリクルートスーツを選べばいいのか

スーツ

リクルートスーツは耐久性が悪いため、すぐにしわがついてしまうことや変な折り目ができてしまうことは珍しくありません。

それでも、場合によっては毎日のように面接や説明会で着ていく必要があるため、念のために複数着購入する就活生もいるでしょう。

その中でどんなスーツを購入すればいいのか悩んでいる方がいるでしょうし、限られた予算の中で準備しなければならないのも事実です。

スーツ選びで悩んでいる就活生のために、リクルートスーツの選び方のこつを紹介してくと同時に、ポイントを挙げていきます。

スーツの値段は3万以内に抑えてOK

リクルートスーツを選ぶにあたって重要なのは、面接など就職活動の場に相応しいスーツであるかどうかです。

一般的にスーツ量販店でリクルートスーツを購入する人が多くなっていますが、できるだけ費用を抑えたいと考えているなら、問屋街に足を伸ばしてみるのも一つの手です。

量販店だと一着数万円、セット購入で3~5万円とお得に購入することができますが、問屋街では一着1万円台で購入できる場合があります。

ネット通販でも大きな割引を受けて購入できる場合がありますが、試着できないのが大きな問題となるため、あらかじめ体系を測っておくか同じスーツを購入する場合に利用するといいでしょう。

メンズリクルートスーツのポイント

男性がリクルートスーツを購入するにあたって、一着は黒のスーツを購入しておくといいかもしれません。

黒のリクルートスーツを選ぶメリットは、

どんな色のネクタイでも合わせることができる点で、面接を受ける企業やその時の気分に合わせてエンジ系のネクタイやストライプ柄など、自由にアレンジを合わせることができます。

持っているネクタイでも個性をアピールすることができるため、複数のネクタイを用意しておけば、臨機応変に対応できるのは魅力的な部分となります。

レディースリクルートスーツのポイント

女性のリクルートスーツについても、男性と同様に黒の無地スーツを選ぶといいでしょう。

気を付けてほしいポイントはスカートの丈で、理想的な長さは座った時に丈が膝上10cm程度の長さに収まるものとなっています。

スーツ量販店で購入する際は肩幅や体型を意識した選び方をするのではなく、必ず椅子に座った時の姿もチェックしてから購入するようにしてください。

まとめ

リクルートスーツは特設コーナーが設けられていますが、その中でも多種多様なスーツが存在しているため、選ぶのに迷ってしまいます。

ビジネススーツと違って耐久性が悪いという点を覚えておけば、無理に高いスーツを購入することも無くなって、費用を抑えることができるでしょう。

就職活動ではその他に移動宿泊費や書類の郵送費など、様々な場面でお金が掛かってしまいますので、できるだけ安価なスーツを選んでみてください。

面接ではスーツを着こなせているかは見られておらず、協調性や一般常識を身に付けているかどうかを確認しているため、正しいリクルートスーツを選んで面接に臨みましょう。