就活の証明写真で着けるべき、志望業界・業種別おすすめネクタイ6選

就活と見た目
2019年10月15日
志望業界・業種別!就活の証明写真で着けるべきおすすめネクタイ6選

【目次】

  1. はじめに
  2. 就活でネクタイを選ぶときの基準
  3. 就活の証明写真でNGなネクタイは?
  4. 【業界別】就活の証明写真で着けるべきおすすめネクタイ
  5. まとめ

はじめに

就活用の証明写真を撮影する際に悩んでしまうのが「ネクタイの色と柄」ですよね。

事実、就活ではネクタイ選びを疎かにしてはいけません。

なぜなら、ネクタイの色や柄次第で採用担当者に与える印象は大きく変わるからです。

では、どういったネクタイを選べば良いのでしょうか。

今回は就活用証明写真で着用すべきでネクタイの色や柄を、業界別でご紹介していきます。

参考にしてみてください。

スポンサーリンク新宿・池袋・渋谷・横浜・東京駅・大阪梅田・四条烏丸・八王子で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ
スポンサーリンク就活の証明写真を撮るのにおすすめの写真館の選び方とまとめ

就活でネクタイを選ぶときの基準

就活の証明写真で着けるべき、志望業界・業種別おすすめネクタイ6選1

就活用証明写真を撮影する際に着用するネクタイの「基準」とはどのようなものがあるでしょうか。

基準を理解するのとしないのとでは、証明写真の見栄えもガラッと変わります。

ここではネクタイを選ぶ際のポイントを3つご紹介していきます。

色と柄

最も重要な基準が色と柄です。

ネクタイの色や柄次第で印象はガラッと変わります。

これは私服に置き換えて考えてみると分かりやすいと思います。

例えば、黒色の服を着ている人と白色の服を着ている人では印象が変わりますよね。

就活でも同様です。

熱血感のある印象にしたいのなら赤色のネクタイ、真面目な印象にしたいなら青色といった感じです。

志望業界の印象とマッチしているか

ネクタイを選ぶ際の2つ目のポイントは、志望業界の印象とネクタイの色・柄が合っているかです。

例えば、就活生に人気な業種の1つである「銀行」を題材に、赤色のネクタイと青色のネクタイのどちらが適しているかを考えてみましょう。

銀行では堅実さや正確性が重要視される傾向にあります。

青色のネクタイは真面目な印象を与え、赤色のネクタイはは情熱的な印象を与えます。

ですので、銀行の場合には青色のネクタイの方が業界にマッチしていると言えます。

このように、業界によって適したネクタイの柄・色は違います。

自身の志望する業界にあったネクタイを選ぶことが大事になってきます。

自分自身のイメージと乖離過ぎていないか

ネクタイを選ぶ際の3つ目のポイントは、自身のイメージに合ったネクタイを選ぶことです。

ネクタイの色と自身のイメージが大きく乖離していると、印象と性格に「ギャップ」が生じてしまいます。

就活では自己分析が大切と言われますが、ギャップが生じていることで、採用担当者から「自己分析ができていない」と思われてしまう可能性があります。

こうしたリスクを避けるためにも、ネクタイの色や柄を選ぶ際には自身の特徴にあった色を選ぶと良いでしょう。

就活の証明写真でNGなネクタイは?

就活の証明写真で着けるべき、志望業界・業種別おすすめネクタイ6選2

ここからは本題である就活用証明写真を撮影する際のネクタイの選び方についてご紹介していきます。

まずは、就活用証明写真を撮影する際に避けるべきネクタイの色・柄からご紹介していきます。

就活で避けるべきネクタイの色

就活用証明写真を撮影する際に避けるべきネクタイの色は2種類です。

1つ目が、派手な色のネクタイです。

ここで言う「派手な色」とは、紫やピンクなどを指します。理由としては、ビジネスシーンに合わないことが挙げられます。業界によっては紫やピンクなどの色でも問題ない場合もありますが、証明写真は汎用性が大切です。どこの業界のエントリーシートにも使えるように、派手な色のネクタイで撮影するのは避けるべきでしょう。

2つ目が、白色・黒色のネクタイです。一般的に、白いネクタイは結婚式などの慶事用、黒のネクタイは喪服用とされています。当然、どちらもビジネスシーンには合いません。白色および黒色のネクタイはどの業界においても避けるべきでしょう。

就活で避けるべきネクタイの柄

次に、就活用証明写真を撮影する際に避けるべきネクタイの柄をご紹介します。

避けるべき柄は2種類あります。

1つ目が、キャラクターやブランド柄が刺繍されているものです。当然、キャラクターやブランド柄のネクタイはビジネスシーンに合いません。ビジネスマンの中には、こうした柄のネクタイを着用している人もいますが、ビジネスマンのオシャレは就活のファッションとは異なります。こうした柄のものは就活の場には不向きです。証明写真でも避けるべきでしょう。

2つ目が、派手なデザインのネクタイです。大きな柄や独特なデザインが刺繍されているものは避けるべきでしょう。理由は前述と同様、ビジネスシーンには不向きであることが挙げられます。就活用証明写真のネクタイは、無地若しくはシンプルなものが良いでしょう。

【業界別】就活の証明写真で着けるべきおすすめネクタイ

就活の証明写真で着けるべき、志望業界・業種別おすすめネクタイ6選3

どの業界にどんなネクタイの色・柄が適しているのか、就活生の方の多くはご存知ないと思います。

そこで、就活用証明写真で着用すべきネクタイの色・柄を業界別でご紹介していきます。

業界にマッチしたネクタイの色・柄を選択して、採用担当者に与える印象を良くしましょう。

商社志望におすすめのネクタイ

まずは商社志望の方にオススメのネクタイをご紹介します。

商社の場合は熱血漢や行動力が重要視されます。

そのため、ネクタイの色は熱血さを表す赤色やエンジ色のものが良いでしょう。

ただし、明るすぎる色はNGです。

あくまで落ち着いた赤系統の色を選びましょう。

デザインはシンプルなものが良く、無地若しくはレジメンタル若しくはリバースのものが良いでしょう。

広告志望におすすめのネクタイ

広告業界・広告代理店業界は、ファッションに関して比較的柔らかい業界です。

そのため、ネクタイの色は「赤・青・グレー」の3種類から自身のイメージにマッチしたものを選択すると良いでしょう。

ただし、明るすぎる色はNGです。

あくまで就活なわけですから、落ち着いた色味のネクタイを心がけましょう。

デザインに関しても特段制約はありませんが、派手めな刺繍や個性的なデザインのものは控え、出来るだけシンプルなデザインのネクタイを選びましょう。

IT関連志望におすすめのネクタイ

IT業界志望の方にオススメのネクタイは、黄色のチェックカラーのものです。

IT業界は他の業界に比べ、ファッションは比較的柔らかめです。

もちろん企業の社風にもよりますが、黄色などの色でも受け入れられるでしょう。

黄色はコミュニケーション能力の高さを印象付ける色です。

IT業界を受けるにあたって、明るさで勝負したい就活生は黄色のチェックカラーをオススメします。

金融志望におすすめのネクタイ

金融業界志望の方にオススメのネクタイは、青系統でドット柄若しくは小紋柄のものです。

金融業界は真面目さや堅実さが重要視されます。

青系統の色はスマートな印象を与えますので、業界の業風にマッチしています。

ドット柄や小紋柄を組み合わせることで、より誠実な印象を強めます。

また、金融業界の中でも証券会社を志望する場合には赤色も有効です。

理由は商社などと同様で、熱血漢が評価される傾向にあるためです。

営業志望におすすめのネクタイ

営業志望の方にオススメのネクタイは、赤色のネクタイです。

デザインは無地若しくはレジメンタル若しくはリバースのものが良いでしょう。

営業では、熱血漢・行動力・積極性といったものが重要視されます。

これらの性格を表す色が「赤色」です。

営業の中でも、比較的柔らかい業種を志望している方は黄色のネクタイでも良いでしょう。

黄色は明るさを印象付けますので、こちらも営業志望の方に好んで着用されます。

研究職・理系におすすめのネクタイ

最後は研究職を志望している方、理系の方にオススメしたいネクタイです。

まず色ですが、青色若しくはグレーのものを選択すると良いでしょう。

青色及びグレーは、共に真面目な印象を与えます。

研究職などには堅実さが求められるため、真面目な印象を与える色が良しとされます。

青色とグレーの違いですが、青色はグレーに比べビジネスシーンに向いており、グレーは青色に比べ大人な印象を与えることができます。

どちらも長所がありますので、志望企業に合わせた色を選択すると良いでしょう。

柄は小紋柄や水玉のものがオススメです。

まとめ

今回は就活用証明写真を撮影する際に適したネクタイの色と柄についてご紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

様々なネクタイの色や柄についてご紹介してきましたが、基本的に「赤色若しくは青色」かつ「無地若しくはシンプルなデザイン」のものがどの業界でも評価されやすいです。

ネクタイ選びに迷った場合には、上記2点を意識して写真撮影に臨むことをオススメします。

今回の記事が、就活生のネクタイ選びの参考になれば幸いです。

参考記事