企業説明会に参加すると選考通過率はあがるのか?

カテゴリ:就活の基本戦略
ES研究所 2018年01月16日

(1)ESが配布される・選考が組み込まれてる

説明会でESが配られる企業もあります。

この場合は企業説明会に参加しないとESが貰えない、1次選考に参加できない。ESが貰えない・1次選考に参加できないと選考に参加できない。となってしまうので、参加しましょう。

(2)選考のフローに組み込まれている

ミスマッチを防ぐためESの提出とwebテストの実施後、企業説明会への参加が選考フローに組み込まれてる企業もあります。

この場合は企業説明会に行かないと次の選考ステップに進めないので行きましょう。

(3)説明会の参加回数を重視する企業・業界

「説明会の参加回数を重視する企業はどこか?」については当然各社非公開なので確かなことはわかりませんし、言えません。

しかし、すべり止めで受ける就活生が多い金融業界とミスマッチのリカバリーが効きづらい研究職などではこの傾向が強いようです。なので、参加しないと選考に進めなかったり、参加回数が内定に影響したりする様です。研究職の事例については以下記事を参照してみてください。

参考記事

金融業界のESを見る

研究職で4社内定した僕が研究職や製薬会社を目指す理系大学院修士課程の学生に伝えたいこと

(4)裏選考やリクルーターをつける企業

これについても当然各社非公開なので確かなことはわかりませんし、言えません。しかし、「プレミアムセミナー」等とうたった非公開選考が行われているのことは少なくありません。

また、説明会への参加後にリクルーターと呼ばれる採用業務を兼務した現場社員からの連絡が入り事実上の選考となるケースも少なくありません。

これらの非公開選考へ呼ばれることを目的として参加するならば、企業説明会への参加は就活において大きな意義を持ってきます。

尚、これらの非公開選考はスカウトサービス等を使っても行われています。

非公開求人を扱ってるスカウトサービス

企業説明会へ行くよりスカウトサービスを使おう

スカウト型就活サービスとは、

  • ・個人情報(大学やTOEICスコア)
  • ・学生時代の経験や自己PR
  • ・過去の選考情報やインターン参加状況

を入力しておくと企業側から勝手にスカウト(特別選考への招待)が届くシステムのことです。

スカウト型就活サービスを使うメリット

就活生がスカウト型就活サービスを使うメリットは、

  • 一度のプロフィールさえ入力すれば、自分が動かなくても就活が進む
  • ・選考状況に応じて1次選考や2次選考がパスされるため効率的
  • ・スカウトサイト経由じゃないと選考参加できない企業にエントリーできる
  • ・スカウトサービス経由だと学歴フィルターにかからないことがある

などがあげられますね。もちろん登録は無料で、手間は登録とプロフィール入力の1度きりです。利用するに越したことはありません。選考にほぼ関係のないセミナーの席が取れたかどうかに一喜一憂するよりも遥かに有益な努力といえます。

・Offer Box

就活スカウトサイトのOffer Box

『Offer Box』は『人柄・経験』を重んじる採用を支援するスカウト型就活サービスです。無料登録することで人柄や経験を重視する企業からのスカウトを受けることができ、プロフィール入力率60%以上の学生のうち97.2%が企業からのスカウトを受けています。

また、Offer Boxが採用している『AnalyzeU+(アナライズユープラス)』という診断ツールが無料で使用可能になります。6つの大項目を中心に25項目の診断結果で客観的に自己分析が可能になります。自己PR文を作成できる様に診断結果は出されます。

Offer Boxの公式ページへ

・イッカツ

就活サービスイッカツのスクリーンショット

就活の登録制サービスは沢山あります。その中でイッカツは、『1度の登録でイッカツと提携する全ての就活サービスに一括登録できる』サービスです。イッカツに登録したプロフィール属性に応じて、最適なサービスにのみ自動登録・管理してくれます。学生の登録・利用は無料です。

イッカツに無料登録

キミスカ

キミスカトップ画面

大学などの基本情報に加え、これまでの

  • ・インターン選考経験
  • ・企業の選考結果

に基づいて企業からスカウトが来る。一般に就活ではESで落ちようが最終で落ちようが内定しなかったことに変わりはありませんが

  • ・『3次面接までは行った』
  • ・『最終面接までは行った』

といった選考落ちも成果として汲み取ってくれる点が強みです。こちらも登録は無料。ログイン後プロフィールを入力しないとスカウトは来ないので注意が必要です。

Facebookからの登録も出来ますが、登録情報が名前とメアドのみとなるため、スカウトが届きづらくなる可能性があり本末転倒です。面倒ですが通常登録をおすすめします

キミスカに無料登録

ビズリーチ・キャンパス(MARCH以上限定)

ビズリーチキャンパスのサイトトップ

人材メガベンチャー『ビズリーチ』が運営するOB訪問支援のサービス。卒業名簿には無いOB/OGにも訪問できる他、社会人側が自主的に登録しているため訪問をお願いするハードルがかなり低くなるためOB/OG訪問の成約につながりやすいことが特徴です。

学生の登録・利用は無料ですが、現在はMARCHレベル以上の大学を対象にサービスを展開している様です。

必ず注意してほしい点は無料登録後ログイン後にプロフィールを入力しないとOB訪問の依頼も、企業からのスカウトもかからないことです。登録後、自己PRを少しでも良いので入力しておきましょう。

ビズリーチキャンパスに無料登録&履歴書入力

企業説明会と内定率の関係のまとめ

いかがだったでしょうか?企業説明会の意味と内定率(選考通過率)の関係性について説明してきました。以下に、まとめます。

説明会行くと内定に有利?

・殆どの企業は自社に最も有益な学生の採用を目的として採用を行います。説明会への参加回数はあなたの優秀さを示すものではありませんし、熱意だけを理由にあなたを生涯年収数億円で採用することはしません。従って、説明会の参加回数は選考通過率にあまり影響しないと言えます。

なぜ就活生は企業説明会に行ってしまうか?

・しかし、殆どの学生が不安解消と(非効率な)企業分析という目的のもと参加してしまいます。しかし、ES対策など他に時間を使うべきことは沢山あります。また、IRや新聞データベースの活用によって効率的に企業分析を行うことも可能です。従って、企業分析の手段として企業説明会への参加が必ずしもベストでないことが多いです。

それでも行ったほうがいい企業説明会

・一方で、選考に組み込まれてしまっている企業説明会や企業説明会の参加回数に重きを置く金融や研究職などの業界では一定回数参加せざるを得ないことが多いです。

また、リクルーターがついたり、非公開選考等への案内が見込まれる説明会へは『Offer Box』等のスカウトサービスを活用して参加する意義があります。

まとめのまとめ

企業説明会に参加し、疲労感と他のことに時間を使わなかった自分に酔いしれるのは構いません。

しかし、内定に必要な、「企業に自分が他の学生より利益に貢献できる人材だと伝える」ことのレベルアップにはほとんどつながっておらず、ひいては内定にほとんど影響していないことは覚えておいたほうが良いでしょう。

参考記事

1 2