地方就活生にオススメしたい宿泊先の選び方

カテゴリ:就活と宿泊
ES研究所 2018年01月09日
財布

交通費だけでも大きな出費…少しでもお得に宿泊する方法はある?

地方から都市部へ就職活動のために出てくることがありますが、交通費だけで高い費用が嵩んでしまうだけでなく、宿泊費も相当な痛手になります。

できるだけ安く済むホテルを選ぼうとする気持ちも分かりますが、その考えだけでは失敗してしまうこともあるため、慎重に選んでほしいところ。

そこで今回は、ホテル選びで重視してほしいポイントや少しでもお得に宿泊するためのポイントを紹介していきます。

後悔が残らない就職活動を行うため、また気持ちよく面接に臨むためにはホテル選びは重要な様子であるため、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. ホテル選びで重視したいポイント
  2. 宿泊費を重視したホテル選び
  3. まとめ

ホテル選びで重視したいポイント

書く

東京や大阪といった大都市になれば、さまざまなホテルが立ち並んでいます。

その中から「安さ」を重視して選び抜くのもいいですが、せっかくならお得に宿泊したいというのが本音ではないでしょうか。

簡単にホテル・旅館を決めるのではなく、注目してほしいポイントを3点紹介しましたので、料金プラン以外にも設備やおまけなどにも目を通してみてください。

就活割引プランがあるホテル

ホテルは宿泊日や繫忙期に合わせて料金設定がされていますが、

時期に関係なく就職活動を行う学生向けのプランを用意して、通常よりリーズナブルな価格で宿泊料金を設定しているところが多くあります。

就活プランを利用するには学生証の提示が必須となるため、忘れずに携帯しましょう。

全国チェーン展開をするビジネスホテルでも就活割引プランを用意しているところが多く、はずれも少なくて安心して宿泊ができます。

難点といえば数に限りがあるほどで、時期によっては一般客の利用で部屋が満室となることもあるため、日程が決まると同時に宿泊予約をすることをオススメします。

ホテル名

アークホテル東京池袋

所在地

〒170-0013東京都豊島区東池袋3-5-5

URL

ズボンプレッサーの有無

数日間にわたって滞在する場合、ズボンプレッサーの貸出をしているホテルを選びましょう。

リクルートスーツの状態を見る企業も少なくはないため、些細な小じわなどに気を配りながら身だしなみはしっかりとチェックしたいところ!

ズボンプレッサーが使えるホテルで宿泊すれば、1日中履いてしわがついたズボンをパリッと伸ばすことができ、スタックもしっかり付けることができます。

あるとないとでは大きな差があるため、意識して選んでほしいポイントとなります。

ホテル名

ホテルサードニクス上野

所在地

〒110-0005東京都台東区上野6-6-7

URL

QUOカードが貰えるホテルも選択肢に

一部ビジネスホテルなどでは、宿泊者に対してアメニティグッズを無料提供することがありますが、その中にQUOカードを配布するところもあります。

コンビニや飲食店でも使えるQUOカードを晩ご飯代に充てることで、本来かかるはずだった費用を浮かせることができるでしょう。

またQUOカードの金額はホテルによって異なり、宿泊日数が長期間になれば金額も増えていくところもあるため、どのくらい貰えるのかをチェックしておくとお得に宿泊できます。

ホテル名

アパホテル <新橋 虎ノ門>

所在地

〒105-0003東京都港区西新橋2-6-9

URL

宿泊費を重視したホテル選び

ベッド

全国共通でどこにでもあるホテルですが、特に栄えている駅部周辺であれば見渡すかぎりに立ち並んでいることも珍しくありません。

就活中の宿泊費は学生の財布事情には厳しいものですから、できるだけ安くしたいと考える人は多くいるのでしょう。

そこで、シンプルに安く宿泊できるうえに旅の疲れも癒せるホテルを紹介します。

カプセルホテル

カプセルホテルはとにかく宿泊費を抑えて止まることができるタイプのホテルで、価格も数千円程度に収まるのが大きな特徴です。

カプセルホテルは寝るだけの狭いスペースがあるところというイメージもありますが、最近ではシングルベッドサイズ以上のゆったりスペースを確保しているところも珍しくありません。

また女性は敬遠しがちのカプセルホテルですが、女性専用カプセルホテルも誕生しているのも魅力的に。

大浴場やリラクゼーションスペースなど、その他のサービスも整っているため、一度宿泊してみれば病みつきになるのではないでしょうか。

連泊プランで宿泊

面接の旅に地方と東京・大阪を往復していては、体力と財布が持ちません。

一泊1万円近くすることも珍しくない宿泊費ですが、2~3日など連泊することで大きく費用を削減することが可能です。

場合によっては1泊分の宿泊費が浮くこともあるため侮れませんが、問題になるのが授業と就活スケジュールの部分でしょう。

効率的な計画を立てなければならず、時間に空白を作ってしまうと何のために地方から出てきて就職活動を行っているのか、その意味を無くしてしまいます。

空いている時間帯に興味のない業界の説明会が行われるのであれば、積極的に参加することをオススメしますし、そこで新たな発見や出会いがあるかもしれません。

まとめ

ベッド

東京・大阪といった都市部、特に人が多く集まる大きな駅周辺にはたくさんのホテルが立ち並んでおり、旅行サイトを見ても似たようなホテルがあって悩みどころです。

そんな中で宿泊費を抑えつつも、お得に宿泊できるサービスを提供するホテル・旅館が必ずあるため、日程が確定しているならばすぐに予約していきましょう。

より良い就職活動を行うためにも宿泊先選びはとても大切であるため、しっかりと疲れを癒せるホテルを選ぶことは当然、お財布事情に合わせて選んでください。