2018卒がまだエントリーできる企業の効率的な探し方



1.まだ間に合う企業を探すはじめに

面接解禁(2017,18卒の場合は6月1日)から1~2ヶ月で殆どの企業が内定出しを完了してしまいます。

  • ・ESやテストで予想以上に落ちた
  • ・1次面接や2次面接で予想以上に落ちた
  • ・3次面接以降の面接が全然できなかった

といったことが相次ぎ、思ったより持ち駒が少なくなってしまった、あるいは失った就活生も少なく無いと思います。

こうなってくると、よもや就職留年も検討に入るかと思います。しかし、

  • 『やっぱりみんなと同じタイミングで卒業したい』
  • 『家庭の事情などで就職留年は許されない』
  • 『また一から就活なんてやりたくない』

といった理由から、今からなんとかエントリーしてる社数を増やしたい、納得できる企業から内定を獲得したい、という就活生のために、今回は『まだエントリーできる企業の効率的な探し方』をご紹介します。

2. 後期や2期でまだエントリーが間に合う業界

就活も後半に入り、周囲の友達がどんどん選考に通過していく中で自分だけ思うように選考を進められないと焦る気持ちが出てくるのは自然なことです。

ただ、こんな状況だからこそ持った方がいい心構えについて説明します。確かにエントリー数を増やそう焦ってしまう気持ちはわかります。しかし、まだエントリーができる企業だからといって薄給激務でスキルの付かない使い倒しの企業に入社しては本末転倒ではないでしょうか?

ではどのような企業をターゲットに就活の巻き返しを図ればよいでしょうか?

(1)知名度の低い優良企業(主にBtoB)

あまり知名度が無い、人気がない、だけど優良な企業は実は世の中には沢山あります。BtoC産業や消費者に身近な金融(銀行・保険)等は1期でほぼ枠が埋まってしまいます。

しかし、BtoB向けの素材や部品を作るメーカーや(もちろん文系であれば工場勤務というわけではないです)、BtoB向けの金融(リース等)等はまだエントリーが間に合う場合が多いです。

(2)優良なメガンベンチャー

ベンチャー企業が採用シーンにおける存在感を高めて久しいですが、まだまだ学生の大手嗜好は強いと言えます。

しかし、IT等の競争の激しい成長市場で高い目標の実現を目指すベンチャー企業は、自社の実力以上の人材を獲得できなければ成長できません

そこで、総合商社や広告代理店、リクルートグループなどに3次、最終面接で落選したものの、妥協して日系企業への入社に落ち着きたくない就活生をターゲットに2期で選考を行うことがあります。

従って、こうした優良メガンベンチャーもまだエントリーができる企業である場合が多いです。

上記の様な業界はまだエントリーが間に合う企業が多いので、面倒な気持ちは押し殺して再び広くエントリーしてみることをおすすめします。

ここまで、エントリーがまだ間に合う業界を紹介してきました。しかし、もう1度エントリー数を増やすにあたり、『就活の面接やESは思ったより落ちる』『エントリー社数は有限な時間で増やさなければならない』というこれまでの就活の経験・学びを活かさなければ再び同じ結果が訪れるだけです。

就活のやり方を再検討しましょう。以下に具体的な『まだエントリーが間に合う企業の探し方』をご紹介します。

(3)まだエントリーが間に合う企業の効率的な探し方

まだエントリーができる企業、間に合う企業の探し方を紹介しました。まだエントリー可能な企業はあるものの、時間は有限です。また0からESを出し直して、面接を受けてとやっていくと、エントリーできる企業に限りが出てしまうかと思います。従って、極力時間と費用をかけずにエントリーできる企業数を増やす必要があります。

そこで、以下に紹介する様な

  • (1)企志向業ではなく就活生志向の就活エージェントサービス・選考イベントサービスを活用する
  • (2)無料登録して待つだけでエントリー数が増やせるスカウトサービスを活用する

ことで、まだエントリー出来る企業をより確率高く、早く内定を獲得することが出来ます。(これらのサービスは無料で利用できますが、内定したからといって入社を義務付けられる、強制されるようなことは無いです。まずは紹介やスカウトを受けるだけ受けて、良いと思えば入社するというスタンスでうまく利用するのが良いでしょう。)

また、以下の様なサービスにのみ出ている限定求人等もあるため、2期ならではの掘り出し物求人に応募できる可能性も高まります。

まだエントリーできる企業を探してくれる『就活ドラフト』

就活ドラフトトップ画面

就活生を対象に無料の就活相談の上、適した企業紹介を行っています。登録は1分〜2分で終わる内容です。希望者には専門のキャリアアドバイザーがつき丁寧なカウンセリングを行ってくれます。

登録から内定までの流れとしては以下です。

  • (1)無料登録(1-2分)
  • (2)面談をし、最適な企業・業界の紹介を貰う
  • (3)紹介先の特別選考
  • (4)内定
  • (5)入社意思決定(内定後に断ってもOK)

内定後に不安があれば紹介先への入社を断っても大丈夫なので、安心して登録・利用してもらって問題ありませんよ!

優良企業の紹介なら「就活ドラフト」

まだ内定を間に合わせる4つのステップ

その上で、 

はじめから自身の性格や強みに適した大手企業や優良ベンチャーを紹介してくれるため、就活を効率的に進めることが出来ます。また、”紹介”という他者を挟んだ就活にすることによって

  • ・就活ドラフト経由でしか選考に参加できない枠数が限られた優良企業
  • ・自分だけでは見つけることが出来なかった隠れ優良企業

を見つける、そして選考に参加できるというメリットがあります。

就活ドラフトの提携先・求人

まだエントリーが間に合う企業一覧

と出会わせてくれます。

登録・利用ともに無料で、紹介された企業には必ず入社しなければならない等のルールも一切ありません。いったん登録してみると良いかとおもいます。

優良企業の紹介なら「就活ドラフト」

理系に特化してまだエントリーできる企業を探してくれる『理系就活チャージ』

理系のまだ間に合う企業を探してくれる理系就活チャージ

『理系就活チャージ』は理系に特化した就活エージェントサービスです。(※文系の方は読み飛ばしてください。)

論理的思考能力に強みをもつ人材が多い理系人材や、院卒レベルの研究職を欲しがっている優良企業、学部卒レベルでいいので最低限の理系知識をもっている人材を求めている優良企業などを理系就活生の適正に応じて紹介してくれます。

カウンセラーが『理系就活生ならでは』の悩みに強い

理系に特化して就活支援事業を行ってきたので、理系就活生にありがちな就活における悩みとその対策をカウンセラーの方々がノウハウとして共有されている点が強みです。ミスマッチも防げますし、何よりカウンセラーの方のサポートが形式的なものではなく、理系就活生の選考通過率を高めることに長けています

■ 志望動機がうまく言えない
特定の製品や素材、部品に対しての興味は言えるものの、そこから「何故その会社が第一志望なのか?」の言語化に苦戦している
■ 研究テーマの説明が苦手
学部生であれば、まだ取り組んでいないものをどうやって伝えればいいのかに苦戦している。大学院生であれば専門的な研究内容を背景知識が異なる社会人にどう伝えればよいのかに苦戦している
■ 研究テーマに基づいた強みのPRが苦手
間違いなく文系の学生より研究や学業に力を入れてきたのに、その経験から何を学び、企業でどう活かすのかを言語化することに苦戦している。
■ 部長や代表になったことがなく自己PRできるエピソードがない
団体で役職についた等のわかりやすい自己PRのテーマをもっておらず、自己PRや自己紹介で苦戦してしまっている

この様な理系ならではの悩みに対しても、「どう対処していけば最短で内定がつかめるか?」のノウハウをカウンセラーの方々が熟知しています。

こうした悩みを面談で専門家の意見のもとに解消し、しっかりと言語化した上で自分に適した非公開求人に応募することで就活を合理的に進行しましょう

理系就活チャージのカウンセラーの例

『理系就活チャージ』のカウンセラーの方々

『理系就活チャージ個別面談申込』へ

理系就活チャージをおすすめする理由

理系就活チャージをおすすめする理由は以下の5点です。

  • (1)理系特化なので、非公開求人(理系就活チャージ経由じゃないとエントリー出来ない求人)が多く、競争率が低い状態で優良企業にエントリーできる
  • (2)カウンセラーの方が上記で紹介した様な理系ならではの悩みのカバーに高い技術をもっている
  • (3)東京工業大学や上智大学などの上位校から、あまり名の知られていない大学の理系学生まで幅広くサポート
  • (4)就活カウンセラーは理系出身・メーカーに詳しい
  • (5)大手自動車サプライヤ、大手食品メーカー、化学メーカー、医療機器メーカーなどメーカー中心に広い業界の理系非公開求人を保有
  • (6)理系就活生の利用登録は無料で、紹介先に内定後も辞退することは可能

『理系就活チャージ個別面談申込』へ

登録から内定までの流れとしては他のエージェント同様です。

  • (1)コチラから無料登録(1-2分)
  • (2)面談をし、最適な企業・業界の紹介を貰う(60~90分)
  • (3)紹介先の特別選考
  • (4)内定
  • (5)入社意思決定(内定後にカウンセラーに相談の上断ってもOK)

内定後に不安があればカウンセラーに相談の上、紹介先への入社を断っても大丈夫なので、安心して登録・利用してもらって問題ありませんよ!

『理系就活チャージ個別面談申込』へ

『エージェント厳選!優良企業100社同時紹介会』

まだ間に合う厳選優良企業100社紹介セミナー

大手人材企業アイデム社が行う非公開求人(リクナビなどには掲載されていない求人)を同社のエージェントが厳選し、優良企業だけを100社を一気にで紹介してくれます。開催場所は新宿にある本社で『当日入退場自由』なのでアクセスも非常に良いです。

エージェント厳選・優良企業100社紹介会をおすすめする理由

  • ・非公開求人を行う優良企業100社を一度に知れる
  • ・100社の内訳は人気有名企業の求人から、隠れ優良ホワイト企業の厳選求人
  • ・開催場所が新宿なので選考の合間や帰りに寄ることが出来る
  • ・しかも当日の入退場は自由。ただし、こちらから要予約!
  • ・エージェントが常駐しているので、興味のある企業の会社説明やどうすれば最短で内定が取れるか等をその場で詳しく聞ける
  • ・紹介した企業選考に応募した場合、エージェントが内定までの面接対策を行ったり、通過ポイントなどをこっそり教えてくれたりする
  • ・もちろん来場・参加等、全て無料。ただし、こちらから要予約

このイベントをおすすめしたい就活生

このイベントは以下の様な就活生におすすめです!

  • ・夏休みまでに内定が欲しい方
  • ・本当にホワイトな企業を知りたい方
  • ・選考でせっかく都内にいる時間で有効に優良エントリー数を増やしたい方

入退場自由!『厳選・優良企業100社紹介フェア』公式へ

直近の厳選・優良企業100社紹介イベント開催日

直近のイベント開催予定日をご紹介します。選考の間や、選考の帰りに参加し、最大100社のエントリー社数増と特別選考での選考参加を獲得すると良いでしょう。席に限りがあるので予約はお早めに。

東京の直近の『厳選・優良企業100社紹介』の開催予定日と予定場所は以下のとおりです。

  • 6月30日(金)13:00~17:00@新宿
  • 7月3日(月)13:00~17:00@新宿
  • 7月10日(月) 13::00~17:00@新宿
  • 7月17日(月)13:00~17:00@新宿
  • 7月24日(月) 13::00~17:00@新宿
  • 7月31日(月) 13::00~17:00@新宿

入退場自由!『厳選・優良企業100社紹介フェア』公式へ

『業界別!優良求人紹介フェア』

業界別!優良企業紹介フェア

こちらも大手人材企業アイデム社が行う非公開求人(リクナビなどには掲載されていない求人)への紹介フェアです。1時間で最低5社、業界を絞って一気にで紹介してくれます。開催場所は新宿にある本社でアクセスがよく、10人程度の少人数開催のイベントです。

新宿で1時間で終わるので選考の合間にも非常に参加しやすいイベントですね。

エージェント厳選・優良企業100社紹介会をおすすめする理由

  • ・業界を絞って、1時間で5社の非公開エントリーを増やせる
  • ・新宿開催のためアクセスが良く、1時間で終わるため参加しやすい
  • ・IT・web・広告・金融・専門商社・メーカー・人材と様々な業界限定で開催
  • ・このイベントでしか公開されない求人に応募できるのでライバルが少なく、内定が取りやすい
  • ・元各業界で働いていたエージェントも多いため、業界の裏側や選考通過の攻略法などの裏情報も入手可能
  • ・もちろん来場・参加等、全て無料

このイベントをおすすめしたい就活生

このイベントは以下の様な就活生におすすめです!

  • ・内定は欲しいが行きたい業界が絞られてしまってる就活生
  • ・業界の幅は広げたいが特定の業界にだけ広げてみたい就活生
  • ・選考でせっかく都内にいる時間で有効に優良エントリー数を増やしたい方

業界ごとの公式ページはこちらから

直近の『業界別!優良企業紹介フェア』開催日

直近のイベント開催予定日をご紹介します。選考の間や、選考の帰りに参加し、1時間で最低5社のエントリー社数増と特別選考での選考参加を獲得すると良いでしょう。この時期のこういったイベントは非常に込み合います。席に限りがあるので予約はお早めに。

東京の直近の『業界別!優良企業紹介フェア』の開催予定日と予定場所は以下のとおりです。

メーカー業界

  • 6月28日(火)16:00~17:00@新宿
  • 7月6日(木)16:00~17:00@新宿
  • 7月14日(金)16:00~17:00@新宿
  • 7月18日(火)16:00~17:00@新宿

・業界別!優良企業紹介ーメーカー業界ー

IT・web・SIer業界

  • 7月11日(火)16:00~17:00@新宿
  • 7月27日(木)16:00~17:00@新宿

・業界別!優良企業紹介ーIT・web・SIer業界ー

広告・マーケティング業界

  • 6月29日(木)16:00~17:00@新宿
  • 7月4日(火)16:00~17:00@新宿
  • 7月13日(木)16:00~17:00@新宿
  • 7月21日(金)16:00~17:00@新宿

・業界別!優良企業紹介ー広告・マーケティング業界ー

人材業界

  • 6月27日(火)16:00~17:00@新宿
  • 7月7日(金)16:00~17:00@新宿
  • 7月25日(火)16:00~17:00@新宿

・業界別!優良企業紹介ー人材業界ー

不動産業界

  • 7月20日(木)16:00~17:00@新宿
  • 7月28日(金)16:00~17:00@新宿

・業界別!優良企業紹介ー不動産業界ー

まだ間に合う企業からの即日内定が狙える『Meets Company』



就活がまだ終わらないならmeets companyへ

Meets Companyは新卒の就活生と企業をつなぐ選考イベントを行う企業です。まわりくどい説明会などではなく、即時内定も視野に入れた”選考会”を行うことが特徴です。

1度にまとめて8社の企業の選考をこなすことができるため、ESの提出の手間と落選リスクを回避できる上に、大幅に持ち駒を増やすことが出来ます。

いわゆる裏口採用になるため、内容次第では2次選考、3次選考をスキップすることも可能です。下記に紹介するキミスカ同様、限定求人を持っているので、かなり倍率の低い形で選考に参加することが出来ます。就活生の登録・参加は無料です。

参加者内定率96%のMeetsCompany

meets companyをおすすめする理由

  • ・厳選された優良企業8社と一度に選考が可能
  • ・フラットな座談会形式なので、説明会で聞けない話が聞ける。
  • ・選考直結型なので、話を聞いて終わりではなく、1次面接等をパスして選考参加できる
  • ・場合によってはイベント終了後に即日内定もあり
  • ・東京は主に五反田で開催
  • ・東京以外も仙台、大阪、名古屋、広島、福岡等で開催
  • ・登録学生10万人以上、単年内定実績62000人の実績
  • ・サイバーエージェントやワークスアプリケーションズ等の有名企業の幹部候補選考もあり

MeetsCompany公式ページへ

直近のmeets companyイベント開催日

直近のイベント開催予定日をご紹介します。選考の間や、選考の帰りに参加し、8社のエントリー社数増と特別選考での選考参加を獲得すると良いでしょう。席に限りがあるので予約はお早めに。

〈東京〉

東京の直近のmeets companyの開催予定日と予定場所は以下のとおりです。

  • 6月26日(月)16:00~20:00@五反田
  • 6月27日(火)11:00~15:00@五反田
  • 6月27日(火)16:00~20:00@五反田
  • 6月28日(水)11:00~15:00@五反田
  • 6月28日(水)16:00~20:00@五反田
  • 6月29日(木)11:00~15:00@五反田
  • 6月29日(木)16:00~20:00@五反田
  • 7月3日(月)11:00~15:00@五反田
  • 7月3日(月)16:00~20:00@五反田

MeetsCompany公式ページへ

〈東京以外〉

東京以外の直近のmeets companyの開催予定日と予定場所は以下のとおりです。

  • 6月27日(火)14:00~18:00@大阪※SOHOLINK長堀
  • 6月28日(水)14:00~18:00@京都※TKP四条鳥丸
  • 6月28日(水)14:00~18:00@福岡※天神三井ビル
  • 6月29日(木)14:00~18:00@大阪※SOHOLINK長堀
  • 7月3日(月)14:00~18:00@大阪※SOHOLINK長堀
  • 7月4日(火)14:00~18:00@福岡※天神三井ビル
  • 7月6日(木)14:00~18:00@札幌※北農健保会館
  • 7月6日(木)14:00~18:00@高知※高知市文化プラザ(帝国データバンク特別共同開催)
  • 7月10日(月)14:00~18:00@福岡※天神三井ビル
  • 7月12日(水)14:00~18:00@名古屋※IMY会議室
  • 7月14日(金)14:00~18:00@仙台※仙都会館
  • 7月18日(火)14:00~18:00@札幌※北農健保会館

MeetsCompany公式ページへ

マイナビ新卒紹介2018

まだ間に合う企業が見つかるマイナビ新卒エージェント

マイナビ新卒紹介2018は、大手人材企業のマイナビが提供している人材紹介(職業紹介)サービスです。

プロのキャリアアドバイザーが個別に面談(キャリアカウンセリング)を行い、就活生の志向や適性に合った求人をご紹介します。また、

  • ・履歴書やESなどのポイント
  • ・面接に関するアドバイス

も行います。また、

  • ・新卒向け
  • ・理系向け
  • ・体育会向け
  • ・留学生向け
  • ・地方学生向け

と、属性別に紹介窓口を設けています。これも大手規模があるからこそ持てる強みですね。

更に、マイナビ新卒紹介をおすすめする理由は以下です。

マイナビ新卒紹介を紹介する理由

  • ・大手故の様々な業界出身の専属のリクルーターが就活を指導
  • ・非公開求人が多いため、まだ間に合う隠れホワイトや優良中小企業の紹介を受けられる
  • ・短期インターンの実施など、早期に内定獲得につながるような限定プログラムが多数ある
  • ・大手ならではのセミナーや指導プログラムが充実している
  • ・もちろん登録も利用も無料、内定後入社を断ってもOK

大手ならではのノウハウと高い経験を習得したアドバイザーの方々が沢山いる点がやはり強みですよね。

マイナビ新卒紹介のキャリアドバイザーの紹介

新卒人材紹介の「マイナビ新卒紹介2018」へ

最後にマイナビ新卒紹介のサービス内容を紹介した2分程度の動画を載せておきます。

新卒人材紹介の「マイナビ新卒紹介2018」へ

まだ就職が間に合う企業を紹介する『アイデムスマートエージェント』

アイデムスマートエージェントトップ

アイデムスマートエージェントでは就活生を対象に無料の就活相談の上、適した企業紹介を行っています。500社を超える圧倒的な非公開求人(アイデムスマートエージェント経由じゃないと応募できない求人)をもっていることが特徴です。

『アイデムスマートエージェント』をすすめる5つの理由

アイデムスマートエージェントさんをすすめる理由は以下の4つにあります!

  • (1)求人広告で積み上げた25万社を超える幅広い取引先から企業を紹介出来るので優良企業に出会える可能性が高い
  • (2)500社を超えるアイデムスマートエージェント経由じゃないと応募できない求人を保有
  • (3)面接や選考結果に対する紹介先企業からのフィードバック(何がどう良かったか?ダメだったか?)をキャリアアドバイザーからもらえる
  • (4)技術が高いキャリアアドバイザーが、就活生の自己分析や今からでもホワイト企業に行きたいといった要望を親身にサポート

『アイデムスマートエージェント』に相談

アイデムスマートエージェントの利用の流れ

アイデムスマートエージェントの使い方

登録から内定までの流れも一般的な就活エージェント同様です。

  • (1)無料登録(1-2分)
  • (2)面談をし、最適な企業・業界の紹介を貰う
  • (3)紹介先の特別選考
  • (4)内定
  • (5)入社意思決定(内定後に断ってもOK)

内定後に不安があれば紹介先への入社を断っても大丈夫なので、安心して登録・利用してもらって問題ありませんよ!この時期は就活エージェントを利用する就活生が非常に増えますが、面談時間等は原則先着順となりますので面談予約はお早めに。

『アイデムスマートエージェント』に相談

限られた時間の中で、単純に自己分析だけをもう1度やり直して就活に臨んでみても成功確率を高めるのは難しいかと思います。もうミスが許されない厳しい状況だからこそ

  • ・大学のキャリアセンターとは違い、利害を共にする専門家からの親身なアドバイスを求めに行く
  • ・少しでもライバルが少ない優良企業にエントリーする

といった工夫が、ここからの就活巻き返しには必要です。

アイデムスマートエージェントも登録・利用ともに無料で、紹介された企業には必ず入社しなければならない等のルールも一切ありません。

ここからの就活巻き返しはスピードが勝負です。迷ったらとりあえず面談に行かれることをおすすめします。最後にアイデムスマートエージェントのサービスを紹介した動画をご紹介します。


『アイデムスマートエージェント』に相談

人柄採用のOffer Box(スカウトサービス)

就活スカウトサイトのOffer Box

Offer Boxは『経験や人となりを見て企業からのスカウトを待つ』就活スカウトサービスです。一般に就活では学歴や容姿、筆記試験の結果などを通じて能力の有無でフィルターを掛けてから人柄を見ます。

しかし、『Offer Box』では実は企業が最も重視したい経験や人柄にもとづいて企業側からスカウトをかけます。従って、自分の学生時代の経験や価値観、直近の選考の選考結果(A社3次落ち、B社1次落ちetc…)を入力しておけば、後は自分に興味を持ってくれた企業の方からスカウトがかかります。

『待ちの就活』の仕組みを作れるので、就活が劇的に効率化するんですね。

Offer Boxをおすすめるする理由

『Offer Box』さんへの無料登録をおすすめする理由は以下です。

  • ・SNS連携してるので登録が簡単
  • プロフィール入力率60%以上の学生のうち97.2%が企業からのスカウトを受けている
  • ・一斉配信でのスカウトではなく1人ずつきちんとプロフィールを見てスカウトメールを送っている
  • ・文字だけではなく写真や動画、研究スライド等で自分の経験をPRできる
  • ・提携企業25000社、登録就活生48000人以上(単年)の実績
  • ・提携先がネスレやカゴメ等の人気企業から、価格コム等の優良メガベンチャーまで豊富
  • ・過去の選考実績等を自己PRに入力することも可能
  • ・学生の登録・利用は無料。一度プロフィールを入力したら後は待つだけ(もちろんプロフィールは後で変更可)

Offer Boxの公式ページへ

Offer Box無料登録で適性診断『AnalyzeU+』が無料で使える

analyzeU+が無料で使えます

また、無料登録することでOffer Boxが採用している『AnalyzeU+(アナライズユープラス)』という診断ツールが無料で使えます。客観的に自分を見つめ直すことで自己分析の見直しを図ることが出来ますね。

AnalyzeU+の分析結果

AnalyzeU+診断からわかること

上記6項目を中心に25項目の診断結果で自分を分析することができ、社会に出た時の活かせる強みがわかります。また、診断結果のから自己PR文を作成できる様にアドバイスが出されるのも特徴です。

Offer Boxに無料登録

マスナビ

まだエントリーが間に合うweb、広告業界を探せるマスナビ

マスナビ公式サイトへ

マスナビは広告専門誌を発行して60年の『宣伝会議グループ』が運営し、広告・Web・マスコミ業界を目指す就活生に向けた無料サービスを提供しています。

今から電通や博報堂の様な超大手の求人案件を見つけることは難しいです。しかし、上記で紹介した様な、利益率が高く、高待遇なのに知名度が低かったりビジネスモデルが分かりづらいがために採用に苦戦しているweb・広告業界の優良ベンチャーを見つけることができます。無料会員登録で様々な就活支援のサービスを受け取ることが出来ます。

宣伝会議は広告・マーケティング業界の業界専門誌で、電博等の大手広告代理店やリクルートではフロアに1冊は必ずおいてあります。

マスナビをおすすめする理由

  • ・広告・Web・マスコミ業界専門特化のためリクナビには出ない採用情報・企業情報が見つかる!
  • ・年間300回以上の就職セミナー開催
  • ・宣伝会議グループの信頼を守るため掲載企業は、労働条件など、法律を遵守した企業だけ。
  • ・新卒採用でも、コピーライター、デザイナーなど、業界ならではの職種募集も多数!
  • ・毎年多くの会員が、後期でもweb・広告業界などに内定!

マスナビ公式サイトへ

ココリク

ココリクスクリーンショットトップ画面

ココリクは『就活生と就職エージェントをつなぐ就職エージェント比較サービス』です。就職エージェントはここ最近で非常に増えてきています。その中で、今から自分に最も適した就職エージェントを見つけ出すのは難しいし、ちょっと面倒ですよね。

しかし、ココリクを使うことで、自分に最適な就職エージェントを紹介してくれるんです。少し分かりづらいですが、転職エージェントが「企業と就活生をつなぐ」会社であるのに対し、ココリクは「転職エージェント企業と就活生」をつなぐ会社なんですね。

就職エージェントを使ってみたいが、どこを使っていいかわからないなら、まずは一度ココリクに無料登録してみることで自分に適した就活エージェントを紹介して貰えるので効率的です。

ココリクをおすすめする理由

  • ・同時に複数のエージェントと会えるのでエージェントと相性が合わないリスクを下げられる
  • ・各ナビサイトが持つ「特別選考枠」で選考に参加することが出来る
  • ・居住地や、志望業界に応じてアドバイザーを選ぶことが出来る

ココリクのサービスの流れ

ココリクのサービスの流れについて説明しておきますね。

1.興味のあアドバイザーを選択

「アドバイザー紹介ページ」から、気になるアドバイザー・イベントを選びます。「家や学校から近い」、「得意業界が合っている」、「趣味が合いそう」等様々な条件から選べます。また、複数の会社のアドバイザーにコンタクトしてみることも可能です。色んな人の話を聞いて自分に合っていると思えるキャリアアドバイザーを指名することが出来ます。

ココリクのアドバイザー紹介画面

2.個別相談・イベントに参加

志望業界や志望職種、希望する条件(勤務地など)をアドバイザーに相談します。希望にあった通過可能性の高い求人や就活イベントをアドバイザーから案内してもらえます。

3.特別推薦で企業の選考に参加

エージェントを活用する最大のメリットがこれ、裏ルートです。各ナビサイトごとに「特別推薦枠」を用意してくれています。選考はこの「特別枠」で参加できます。選考内容は、企業によってさまざまです。本番前には、専門のアドバイザーが履歴書の添削、模擬面接などの対策までサポートしてくれます。

4.内定

無事に内定したらアドバイザーの方からも祝ってもらえます(笑)。内定したからと言ってに入社を強制されるようなことはないのでご安心下さい!

就職エージェント比較のココリクへ

Haloo NAVI(ハローナビ)

就活エージェントのハローナビトップサイト

ハローナビは知名度は低いですが、スタンダードな就活エージェントの1つです。専属のキャリアアドバイザーとの面談を行った後に、自分にフィットした企業の特別選考へ案内してくれます。

Haloo Navi 公式ページへ

Haloo naviをおすすめする理由

  • ・少人数の座談会スタイルで提携企業の担当社員と交流可
  • ・当日に個別の面談の設定が可能なので、選考フローが通常の選考よりも短い
  • ・相性が合えば参加当日に内定を獲得することが出来る
  • ・紹介先で内定が決まっても、強制的に入社しなければならないわけではない。
  • ・東京に来れない学生には「Skype」で面談も可能
  • ・私服での面談参加も歓迎

Haloo Navi 公式ページへ

過去の選考結果に基づいて選考パス付き採用を紹介する『キミスカ』

キミスカトップ画面

キミスカは株式会社グローアップというヘッドハンティング会社が新卒のヘッドハンティング用に立ち上げたサービスで、就活生は無料で使えます。

プロフィールと過去の選考状況を入力することで、キミスカが大手企業から依頼されている限定求人の1次選考、2次選考をスキップして選考に参加できるため大幅に時間を短縮して内定を獲得することが出来ます。

また、希望すれば元人事の 就活エージェントから自己分析からES添削、面接対策まで徹底サポートを無料で受けることも出来ます。

一部、大手人気企業や中小ホワイト企業からの幹部候補生採用のための限定求人等もある様です。(将来の社長・取締役候補を通常選考じゃないルートから採用している場合)

キミスカはこちら

体育会特化のサービス『アスリートナビ【体育会専用】』

体育会向けのまだエントリーが間に合う企業が探せるアスリート就職ナビ

アスリートナビは株式会社アスリートプランニングが運営する体育会就活生と企業をつなぐマッチングサイトです。全学生のうち8%しか存在しない『体育会人材』を対象とするためマイナーですが、年間13000人が実は無料登録しているサービスです。

高い活動量と目標達成意欲、そして何より仲間を大切にする組織貢献の価値観が評価され、喉から手が出るほど企業は体育会人材を求めています。

しかし、練習や大会等によって十分な時間を就活に割けず、結局なんとなく決まった企業に入社してミスマッチ。そんな体育会就活生を救いたいという思いで運営されているサービスです。体育会系就活生の登録・利用は無料です。

体育会限定のアスリート就職ナビ2018

※体育会所属(厳しくてもサークルはNG)の学生限定のサービスです。

新卒向け人材紹介サービス「インターンナビ2018」

インターンナビトップ

サービス名には『インターン』というワードが含まれますが、通常通りの内定を支援する就職エージェントのサービスです。運営会社は『株式会社ユナイテッドウィル』さんです。

『インターンナビ2018』をおすすめする理由は以下です。

インターナビを紹介する理由

  • ・専属のリクルーターが内定まで学生をサポート
  • ・どの時間帯も何回でも面談を行い、納得の行くまで面接対策を実施
  • ・登録後はLINEでも対策が可能です。
  • ・この時期に選考が終了企業にも特別選考ルートを通してくれる
  • ・面談以外のフロー(座談会、社内見学、業務体験)を導入しているため、スピード内定が可能
  • ・もちろん登録も利用も無料、内定後入社を断ってもOK

面接以外の選考フローが充実しているというところが他との一番の違いかもしれませんね。尚、こちらのサービスは東京・神奈川・千葉・埼玉の学生が対象となるのでご注意ください

新卒人材紹介の「インターンナビ2018」へ

まだ間に合う企業を本からから探す

まだエントリーが間に合う企業を本から探すというやり方もあります。

初心に戻って翌年卒向けの就活四季報からまだエントリーが間に合う企業を探す手段も有効です。なぜなら

web検索

→すでに概要を掴んでいる狙った情報を「検索」を通じて効率よく獲得できる。

のに対し

本での検索

パラパラとめくって眺めていくことで思わぬ情報(『こんな会社あったのか』)を知ることができるため、まだエントリーが間に合う企業を見つけやすい

という特徴があるからです。

尚、本を買う前にはamazon studentの登録を行うとamazonから10%の還元に加え、14の特典を受けることができます。学生時代に登録しておけば卒業後も4年間は学割が適用になるので未登録の方は登録をおすすめします。

【Amazon Studentの神的14特典】

  • ・卒業して社会人になっても登録時から4年間使える
  • ・6ヶ月はとりあえず無料(通常は1ヶ月)
  • ・トライアル加入しただけで1000ポイント(1000円分)貰える
  • ・Amazonの本が10%還元
  • ・文房具・ノートが20%還元
  • ・日用品・サプリが15%オフ(Student限定)
  • ・お急ぎ便・時間指定便使い放題
  • ・Amazon上の映画・テレビが見放題
  • ・100万曲以上の音楽が聴き放題
  • ・Amazonのクラウドに写真保存し放題
  • ・Prime Now(1時間後に届く便)が使える
  • ・Kindleの本が月に1冊無料
  • ・Amazonタイムセールの優先参加権
  • ・プライム会員の年会費半額(年額3900円→1900円/月額325円→159円)
  • ・※ポイント還元があるので初年は実質年額900円/月額75円
  • ・※本国アメリカでは会員費は99ドルもするんです

詳細は以下のバナーから

もう一度就活のアイテムを整えてリベンジする

就活に臨んだ際、身なりやアイテムは整ってましたか?証明写真や小物の細部に至るまでこだわれていましたか?もう一度そういった面を見直して就活をリベンジしてみてはいかがでしょうか?

参考記事

就活に際し揃えるべき24のアイテムと選び方

4.まだエントリーが間に合う企業の探し方のまとめ

ゼミやサークルの友達が内定を獲得し、就活を終える中、またゼロから就活をやりなおしたり、就活が長期化したりすることは非常に辛いことだと思います。

しかし、過去の失敗の学びを真摯に活かし、十分な努力をすれば必ず成果はついてきます。焦るなとは言いませんが、余計なことは気にせず、自身のキャリアにしっかりと向き合って納得の行く就活を終えられることを願っています!

無料会員登録でESや選考情報を見る

3200枚以上のESデータベースはこちら



スポンサーリンク


スポンサーリンク