就活の証明写真は撮り直しできるの?撮り直し原因や対処法を解説

※本サイトでは、プロモーションが含まれている場合があります。
就活の準備物
2024年07月02日
就活の証明写真は撮り直しできるの?撮り直し原因や対処法を解説1

目次

  1. はじめに
  2. 就活の証明写真が撮り直しになることはある?
  3. 就活の証明写真が撮り直しになる原因とは?
  4. 就活の証明写真の撮り直しにおすすめの撮影方法は?
  5. まとめ

はじめに

就活を成功させるために、就活の証明写真のクオリティにはこだわりたいですよね。その中で、「この証明写真を提出してES通過するかなぁ」「就活の証明写真の写りがブサイクに感じるから撮り直したい!」と思った就活生もいるかもしれません。

本記事では、就活の証明写真を何らかの原因で「撮り直す」ケースについて詳しく解説します。本記事で就活の証明写真にもっと詳しくなって、就活の成功に一歩近づきましょう。

スポンサーリンク就活の証明写真を撮るのにおすすめの写真館の選び方とまとめ
スポンサーリンク就活の証明写真を撮るのにおすすめの写真館の選び方とまとめ

就活の証明写真が撮り直しになることはある?

就活の証明写真は撮り直しできるの?撮り直し原因や対処法を解説2

就活の証明写真を撮り直しになることはあります。とはいっても、他人に「撮り直ししなさい」と支持されるということはありません。就活の証明写真を撮り直すケースは以下の2つに分られます。

  • ・自分のミスで、購入した証明写真が就活の証明写真として利用できない
  • ・自分の就活の証明写真に納得できない

それぞれについて次の項目で詳しく解説します。

就活では、一度撮影した証明写真をもう一度撮り直すことがあります。

就活の証明写真が撮り直しになる原因とは?

就活の証明写真は撮り直しできるの?撮り直し原因や対処法を解説3

就活の証明写真が撮り直しになる原因は

  • ・規格にあっていない証明写真を撮影してしまう
  • ・自分の就活の証明写真に納得できない

の2つのケースに分けることができます。

以下の見出しでは、それぞれのケースの原因の詳細と、対策について解説するので、ぜひ参考にしてください!!

撮り直しの原因:「規格」に合っていない証明写真を撮ってしまう

就活の証明写真は撮り直しできるの?撮り直し原因や対処法を解説5

就活の証明写真の「規格」に反した証明写真は、必ず撮り直しをしなければいけません。

物理的な写真サイズが違えばもちろん履歴書やエントリーシートに貼ることはできません。またwebエントリーの際、ピクセル数が違えば提出することはできないでしょう。

就活の証明写真の一般的な規格を以下の項目でしっかりと確認し、一度で規格にあった就活証明写真を撮影できるようにしましょう。

就活の証明写真のサイズの規格を確認しておこう

就活の証明写真のサイズは30mm×40mmが一般的です。多くの履歴書で、このサイズが使用されているため、証明写真の基準となるサイズは30mm×40mmとなっています。

しかし証明写真の中には、35mm×45mmなど、少し変わったサイズの写真もあります。就活の証明写真のサイズ指定は、必ず企業の募集要項などから規定写真サイズを確認して行いましょう。

就活の証明写真の背景の規格を確認しておこう

就活の証明写真の背景は「無背景」が規定となっている企業が多いです。この場合の「無背景」とは、背景に物や人が何も写っていないという意味です。このため、就活の証明写真の背景は無地が基本となります。

この規定に反して、背景にストライプやドットの柄を入れたりしてしまうと、証明写真として使用できません。また、家でスマホで撮影した証明写真の背景に家具や首や頭部の影が写っている証明写真も使用NGです。

背景を理由に撮り直しをしないためにも、証明写真の規格は確認しておきましょう。

撮り直しの原因:就活の証明写真の見た目の写りが悪く感じる

就活の証明写真は撮り直しできるの?撮り直し原因や対処法を解説8

就活の証明写真を撮り直すのは「見た目の写りが悪く感じる」という原因もあります。就活の証明写真は初めて採用担当者に顔を見せる機会ですから、なるべく写りがよくて、印象が良い証明写真が望ましいですよね。

以下では、就活の証明写真の見た目が悪く感じる原因となる「失敗」を

  • ・髪型
  • ・服装
  • ・メイク

の3つの観点でそれぞれ解説します。

証明写真の失敗:髪型が気になる

就活の証明写真において、髪型は見た目の印象を大きく左右しますよね。髪型が整っていないと、どれだけしっかりとスーツを着こなしていても不清潔な印象を与えてしまいます。

  • ・髪に寝癖がついている
  • ・整髪料を使い過ぎてベタベタになっている
  • ・刈り上げなど、就活向きの髪型になっていない

これらは、採用担当者にかなりの悪印象を与えてしまうかもしれません。

就活の証明写真を撮影した後で、上記のような髪型の失敗に気づいた場合は、撮影し直すようにしましょう。

証明写真の失敗:服装が変

就活の証明写真を見直したら「服装が変」と感じるかもしれません。リクルートスーツを着用していたとしても

  • ・サイズが合っておらずシワがよっている
  • ・目立つゴミがついている

など、採用担当者に「不清潔だなぁ」と思われてしまう服装の失敗もあります。

「服装が不清潔」といったミスに気づいたら、就活証明写真は撮り直すのがおすすめです。

証明写真の失敗:メイクが濃すぎる・薄すぎる

就活の証明写真をチェックした時に「メイクの違和感」を感じるかもしれません。特に女子就活生は証明写真を撮る際、メイクのさじ加減が難しいと感じているでしょう。

女子大生と、企業の採用担当者では、メイクに対する感じ方が違います。

撮影後にプリントした証明写真をチェックして、「メイクが濃すぎる」また、逆に「すっぴん?」と感じてしまうくらいメイクが薄い場合は、就活の証明写真を撮影し直すことをおすすめします。

その際は「資生堂の就活メイク講座ページ」なども参考にしてください。

就活の証明写真の撮り直しにおすすめの撮影方法は?

就活の証明写真は撮り直しできるの?撮り直し原因や対処法を解説9

ここまで、就活の証明写真を撮り直す原因などについて解説してきました。しかし、ここまでの記事の内容で、新しく就活の証明写真を準備できるわけではありません。

「証明写真を撮り直すケースがわかっても、どこで撮影すればいいかわからない」

と悩む就活生もいるでしょう。

以下では、就活生におすすめの、就活証明写真を撮り直す方法と題して

  • ・就活証明写真を撮影した写真館でもう一度撮影する
  • ・1枚目とは別の写真スタジオで撮影する

の2つの方法を解説します。

おすすめの撮り直し方法:就活証明写真を撮影した写真館

撮り直す前に撮影した1枚目の就活証明写真を撮影した写真館で、もう一度就活の証明写真を撮影することができます。

この方法は、スタジオが変わっていないため、変更したいポイントは自力で変更、またはカメラマンに変更点を的確に伝えなければいけません。

  • ・ヘアセットやメイクなどを、セルフで就活に適したものにセットできる人
  • ・証明写真のサイズを間違えてしまった人
  • ・レタッチで変更したい場所を伝えられる人

上記の方は「同じ写真館で撮り直し」がおすすめです。

おすすめの撮り直し方法:別の写真館で撮影する

1枚目の就活証明写真を撮影した写真館とは別の写真館を利用することで、就活の証明写真を新たに撮り直すこともできます。

撮り直しのために別の写真館を予約する際には

  • ・プロカメラマンに加工修正をしてもらえる
  • ・ヘアセットやメイクをしてもらえる写真館を利用する

など対策を講じることで、満足度の高い就活の証明写真を撮影することができます。

別の写真館で撮り直す際に安くお得に撮影できる写真館がある

証明写真を撮影する写真館の中には、「他店からの撮り直しで安く撮影できる」サービスを行っている写真館があります。

その一つがスタジオインディの「他店からの撮り直し割クーポン」です。

就活の証明写真は撮り直しできるの?撮り直し原因や対処法を解説10

引用元:スタジオインディのクーポンページ

就活写真におすすめのスタジオインディホームページ

スタジオインディでは、証明写真撮影時に

  • ・スタジオインディ以外の写真館
  • ・証明写真機

直近3ヶ月以内に撮影した証明写真やデータ、またはそのレシートを持参することでお会計の料金からさらに500円割引を受けることができます。

撮り直す前の証明写真を企業に提出したあとでも、データを持っていれば問題なく割引を受けることができます。

また、割引予約やクーポンの印刷不要で、レシートのみで割引を受けることができるので、気軽に利用できるサービスとなっています!

撮り直し以外にも「写真のレタッチサービス」を使って修正することができる

就活の証明写真は撮り直しできるの?撮り直し原因や対処法を解説11

引用元:スタジオタンタンのレタッチページ

証明写真の撮り直し以外の方法として、「写真のレタッチサービス」をして写真修正で対応することもできます。

スタジオタンタンでは、シミ消しやシワ消し、赤み消しなどのレタッチを1,000円から利用可能です。これは、他の写真スタジオで撮影した写真もレタッチが可能です。お見積もりは無料なので、「顔のニキビだけ消せたらなぁ」など、比較的簡単な修正であれば気軽に見積もり依頼をするのがおすすめです。

まとめ

今回の記事は、就活の証明写真の撮り直しについて解説しました。

  • ・就活の証明写真は「服装」「メイク」「髪型」が原因で撮り直しになる場合がある
  • ・就活の証明写真は、企業側の規格をよく確認して撮影しよう
  • ・就活の証明写真は撮り直すことも、レタッチで修正することもできる

具体的には上記のような内容を解説しました。

2回目の撮り直しが発生しないように注意して、就活の証明写真の撮り直しは行いましょう。