就活の証明写真に校章はつけるべき?正しい着こなし方について解説

※本サイトでは、プロモーションが含まれている場合があります。
就活と見た目
2024年06月05日
就活の証明写真に校章はつけるべき?正しい着こなし方について解説1

目次

  1. はじめに
  2. 校章のピンバッジがある大学一覧
  3. 就活の証明写真では校章をつけるべき?つけないべき?
  4. 就活の証明写真で気をつけるべき身だしなみのポイントを解説
  5. まとめ

はじめに

就活の証明写真を撮影する際、大学の校章はつけるべきなのか、それとも外すべきなのか、どちらが正解なのでしょうか??

「大学に在籍した証だからつけて撮影したいけど、ルールとしてはどうなってるか気になる」という学生もいらっしゃるでしょう。

この記事では、そんな就活の証明写真における「校章」の取り扱い、さらに就活の証明写真で気をつけるべき身だしなみのポイントまで詳しく解説します。

スポンサーリンク就活の証明写真を撮るのにおすすめの写真館の選び方とまとめ
スポンサーリンク就活の証明写真を撮るのにおすすめの写真館の選び方とまとめ

校章のピンバッジがある大学一覧

就活の証明写真に校章はつけるべき?正しい着こなし方について解説2

校章のバッジが用意されている関東の主な大学は

  • ・日本女子大学
  • ・大妻女子大学
  • ・白百合女子大学
  • ・実践女子大学

などの女子大が挙げられます。

校章は母校の学生としてのアイデンティティを示すものですから、愛着があって当然ですし、大切にするべきものです。

しかし、以下の項目では、校章を就活の証明写真を撮影する際に使用できるのかどうか、というテーマで解説をしていきます。

就活の証明写真では校章をつけるべき?つけないべき?

就活の証明写真に校章はつけるべき?正しい着こなし方について解説4

就活の証明写真を撮影する際は「校章をつけない」のが無難です。大きな理由としては、企業側に校章をつけることは求められていない、ということが挙げられます。

校章が写真に写っていると、「アクセサリー」「おしゃれの一環なのではないか」と見なされて不興を買ってしまう恐れがあります。少しでもマイナスポイントをもらうのが怖い、という就活生は、証明写真の撮影時には校章を外しておきましょう。

就活の証明写真で気をつけるべき身だしなみのポイントを解説

就活の証明写真に校章はつけるべき?正しい着こなし方について解説6

好印象な就活の証明写真を撮影するためには、「校章」以外にも注意するべきポイントがたくさんあります。

以下では、就活の証明写真を好印象に撮影するためのポイントを

  • ・服装
  • ・髪型

の2点について解説します。特に女性について詳しく解説しているため、女子就活生はぜひ参考にしてください。

就活の証明写真の身だしなみのポイント:服装

就活の証明写真に校章はつけるべき?正しい着こなし方について解説8

就活の証明写真では、服装が身だしなみの重要なポイントとなります。就活の服といえばリクルートスーツですが、中でも就活生が悩みやすいのがワイシャツでしょう。

以下では、就活証明写真の服装の中でも特に就活生が悩みやすいワイシャツ選びについて「男子」「女子」にわけて詳しく解説します。

女子の就活証明写真の服装のポイント:ワイシャツ・ブラウス

就活の証明写真撮影時には「シャツ」選びが大切になります。具体的に、女子の場合では

  • ・レギュラーシャツ
  • ・スキッパーシャツ

のいずれかを選択することになるでしょう。

レギュラーシャツとスキッパーシャツの特徴は以下の表の通りです。

シャツの種類 レギュラーシャツ スキッパーシャツ
特徴 首元までボタンがついている一般的なシャツ 首元のボタンがなく、襟が開いている
シャツを着た証明写真の印象 誠実で安心感のある印象 明るく元気な印象

就活生がそれぞれ、採用担当者に印象づけたいセルフイメージを元にシャツ選びをしましょう。

男子の就活証明写真の服装のポイント:ワイシャツ

男子就活生は、

  • ・ワイドカラー
  • ・レギュラーカラー

の襟の形のシャツから選ぶのがおすすめです。それぞれの襟の形の特徴は以下の通りです。

シャツの襟の形 ワイドカラーシャツ レギュラーカラー
特徴 襟の角度が90〜100° 襟の角度が100〜140°
こんな就活生におすすめ 一般的な体型の男性就活生 体格が良い男性就活生

実際に洋服店などでそれぞれの形のシャツを試着して、自分に合うものを探すのがおすすめです。

就活の証明写真の身だしなみのポイント:髪型

就活の証明写真に校章はつけるべき?正しい着こなし方について解説10

男女ともに、髪型は就活証明写真の身だしなみで重要な役割を果たしています。どれだけにこやかな人でも、寝癖がついているような髪型の就活生は内定をもらえないでしょう。

以下では、男女別の就活証明写真における髪型のポイントを解説します。

女子の就活証明写真の髪型のポイント

女子の就活の証明写真では

  • ・ハーフアップ
  • ・ローポニーテール(一つ結び)

の髪型がおすすめです。

ハーフアップは、トップの部分の髪を後頭部でまとめた髪型です。大人らしさや穏やかな印象を与えることができるため、レギュラーシャツとの相性が良いです。

ローポニーテールはトップ、サイド、後頭部の髪をひとまとめにした、いわゆる「一つ結び」の髪型です。活発さ、元気の良さを感じさせる髪型になっているので、スキッパーシャツとの相性が良いです。

髪型で、自分自身で演出したい印象をアピールしましょう。

男子の就活証明写真の髪型のポイント

男子就活生の証明写真に適した髪型は

  • ・アップバング
  • ・七三分け

です。

アップバングは前髪を上に立てるヘアスタイルです。七三分けは前髪を眉毛の上あたりで分けるヘアスタイルです。どちらの髪型も、おでこをしっかりと出していることで若々しく元気な印象の就活証明写真を撮影することができますよ。

まとめ

本記事では、

  • ・就活の証明写真の撮影時に「校章のピンバッジ」はつけないのが無難
  • ・好印象な就活の証明写真は「服装」「髪型」にこだわって作成

といった内容を解説しました。

校章のピンバッジは特に女子大学の制服に使用されています。女子大に通う就活生の方は、就活の証明写真を撮影する際にはピンバッジを外して、撮影するようにしましょう。