就活の証明写真におすすめ写真館11選と費用と撮影前後の注意点

カテゴリ:就活の準備物
2017年06月07日
スポンサーリンク
就活の証明写真におすすめ写真館11選

就活用証明写真の撮り方のもくじ

  1. はじめに
  2. 就活で証明写真は重視すべき?
  3. 就活用証明写真とメラビアンの法則
  4. 就活用証明写真を撮る際に注意すべきこと
  5. 証明写真の提出時に注意すること
  6. 就活の証明写真にオススメ写真館9選
  7. まとめ

1.はじめに

こんにちは、ES研究所の石塚です。突然ですが、就活証明写真ってどこで撮ればいいか迷いませんか??笑

僕は、ESの質問の次くらいに悩んだのが多分“証明写真をどこで撮ればいいか”です。就活用の証明写真を撮るときって、

  • ・どんなことに気をつければ良いのか?
  • ・結局いくらぐらいかかるか?
  • ・どんな撮影スタジオなら失敗しないか?

といったあたりに悩みますよね。

意外と高額なのでとりあえず沢山撮っておこう!みたいなことできないですし、かといって焼き増しが間に合わないのは最悪ですし。。。なので、今回は

  • 就活の証明写真の撮り方
  • 就活にオススメの写真館・撮影スタジオ

について解説します!

まずは、撮影時の注意点からご理解頂いた方が失敗しないと思うのですが、とりあえずおすすめの写真館を知りたいだけの方はこちらをクリックするとこの記事中の該当箇所に飛びます。

記事内を移動

就活の証明写真にオススメ写真館9選

スポンサーリンク

2.就活では証明写真は重視すべきなのか?

「たかだか証明写真」と思われる就活生も多いかもしれません。しかし、就活において証明写真は極めて重要な要素となります。
就活用証明写真は主に以下3パターンで使います。

  • (1)履歴書かESに貼り付ける
  • (2)データでマイページから登録
  • (3)就活用名刺の顔写真

企業側も無意味に画像情報の提出を求めているわけではありません。”見た目”も一つの採用判断における重要な要素なのです。

就活写真とメラビアンの法則

『メラビアンの法則』というものをご存知でしょうか?知ってる人は読み飛ばしてOKです。

『メラビアンの法則』とは1971年に心理学者のアメリカのアルバート・メラビアンが証明した法則です。この法則によれば

人は他人の印象を判断する際に、見た目から55%もの影響を受ける

とのことです。多くの政治家(例えばアメリカ大統領)などもこの法則を活用しています。

メラビアンの法則

・視覚情報から55%の影響を受ける
容姿、服装、権威、表情、視線、姿勢など
・聴覚情報から38%の影響を受ける
声の高さ、話のスピード、大きさ、声色など
・言語情報から7%の影響を受ける
話の内容、言葉の意味

ES・履歴書における見た目は就活用証明写真ですよね。したがって、ES・履歴書における第一関門をクリアする上で就活写真は極めて重要となってくるのです。

3.就活用証明写真を撮る際に注意すべきことは?

就活用の証明写真を撮る際の注意点

では、就活において重要となる証明写真の注意点を以下にまとめます。

  • (1)撮影前、撮影時の注意点
  • (2)写真館を選ぶポイント

の2点を説明していきますね。その後、都内のおすすめ写真館を紹介します。

注意点1:就活写真の撮影は必ず写真館で

就活用の写真撮影は必ず写真館で撮影しましょう。写真BOXはNGです。写真館で撮影すべき理由は以下です。

就活写真を写真館で撮るべき理由

  • ・画像データをCGで受け取れる
  • ・写真の紙の材質が良い
  • ・顔写真の修正が可能
  • ・カメラマンによる表情・服装の指導
  • ・女性の場合はヘアメイク・メイクの指導
  • ・枚数が少なければ後日焼き増しをお願いできる

同時に、上記のポイントに強みを持つような写真館での撮影をおすすめします。具体的なおすすめの写真館はこの後ご紹介していきます。

注意点2:撮影は見た目を整えてから

就活用の証明写真を撮影する前に服装、髪型、メイクなどは準備を整えましょう。写真館によっては撮影時にメイクや髪型のセット、服装や表情の指導などをしてくれます。無料指導をしてくれる写真館を選ぶと良いでしょう。

就活用証明写真は胸から上しか写りません。それを踏まえ、撮影前に整えたいポイントは以下です。

就活写真の撮影前に整えるポイント

    ・服装(スーツ、ワイシャツ、ネクタイ)
  • ・髪型(黒髪で清潔感のあるものに)
  • ・メイク(女性のみ)

注意点3:複数の表情の写真を持っておく

先ほど『メラビアンの法則』で説明したように表情は他人の印象に大きな影響を及ぼします。業界によって採用したい人材の好みは変わります。

従って、業界・企業に合わせて証明写真を使い分けられるように、複数の表情(笑顔ver、真面目verなど)の写真を持っておくことをおすすめします。また、写真館を選ぶ際は、複数の表情を渡してくれる写真館を選ぶと良いでしょう。

注意点4:納品は必ず現物と画像データで

先程ご説明したように、就活ではマイページに顔写真の画像データの登録を求められます。

したがって、3×4の証明写真だけではなく、CD-ROMなどで、証明写真の画像データも必ず受け取るようにしましょう。

注意点5:画像修正は適度に

撮影後、写真館によっては画像を修正してくれるところがあります。

写真館でできる修正

  • ・肌をきれいにする
  • ・ほくろなどを消す
  • ・小顔にする
  • ・目を大きくする
  • ・左右のバランスを整える

など、様々な修正を加えることができますが、やりすぎると実物と違いすぎてかえって不誠実な人材と評価されてしまいます。

証明写真の修正は写真館のスタッフと相談の上、ほどほどにしましょう。

注意点6:予約はお早めに

就活解禁に合わせて他の就活生も一気に動きます。そのため質が高い写真館はあっと言う間に予約が埋まります

とりあえず少し先で日程を押さえることで自分に強制力を働かせて、それまでにスーツなどの準備物を揃えると良いでしょう。

まとめ:就活用証明写真を撮る写真館の選び方

ここまでの説明を踏まえ、以下に就活用証明写真を撮影するのに適した写真館の選び方をまとめます。

  • ・画像データでの納品がある
  • ・焼き増しに対応してくれる
  • ・複数の表情の写真・画像を渡してくれる
  • ・服装・表情・メイクの指導がある
  • ・相談のうえ画像修正に応じてくれる

上記のポイントを満たした上で、アクセスや費用感をみつつ撮影する写真館を選定していきましょう。

4.就活の証明写真にオススメ写真館9選

お待たせいたしました。では、就活の証明写真の撮影にオススメの写真館を挙げていきます!

〈次ページ1〉おすすめ写真館11選(都内)へ

〈次ページ2〉大阪のおすすめ写真館13選へ

〈次ページ3〉名古屋のおすすめの写真館16選へ

〈次ページ4〉横浜のおすすめの写真館8選へ




1 2