まだ自己分析が終わってない就活生へ。なぜ終わらないのか?

カテゴリ:就活の基本戦略
ES研究所 2017年04月06日
  • (1)過去の経験を書き出す
  • (2)過去の経験に共通する自分の特徴(=強み&他者との違い)を考える
  • (3)自分の強みと、過去の経験との関連性(何故それが強みといえるか?)を言語化する

しかし、多くの就活生が「(1)過去の経験を書き出す」ところまではできるものの、「(2)過去の経験に共通する自分の特徴(=強み&他者との違い)を考える」段階で苦戦しがちです。

そこで、自己分析の順序をあえて入れ替えて、先に「自分の強みが何なのか?」を知り、それをヒントに過去の経験を振り返ることで上記の作業が効率的なものになるのではないでしょうか?

とりあえず強みを知るためのツール

自己分析のヒントとなるとりあえず強みを知るために活用して見てほしいのが無料で使える『AnalyzeU+(アナライズユープラス)』というツールです。

AnalyzeU+(アナライズユープラス)

analyzeU+が無料で使えます

様々なアルゴリズムにもとづいて以下6項目を中心に25項目の診断結果で自分を分析することができ、社会に出た時の活かせる強みがわかります。また、診断結果のから自己PR文を作成できる様にアドバイスが出されるのも特徴です。

AnalyzeU+の分析結果
AnalyzeU+診断からわかること

『AnalyzeU+(アナライズユープラス)』は「Offer Box」というスカウトサイトに無料登録(facebook連携あり)し、プロフィールを入力することで使うことが出来ます。

Offer Boxの公式ページへ

スカウトサービスとは?

スカウトサービスとは

スカウトサービスとは無料登録をしてプロフィールを登録すると企業側から特別選考の誘いがかかるサービスです。登録・利用は無料でし、スカウト先に内定しても後から入社を断ることは可能です。

就活スカウトサイトのOffer Box

Offer Boxは『経験や人となりを見て企業からのスカウトを待つ』就活スカウトサービスです。一般に就活では学歴や容姿、筆記試験の結果などを通じて能力の有無でフィルターを掛けてから人柄を見ます。

しかし、『Offer Box』では本当は企業が最も重視したい「経験や人柄」にもとづいて企業側からスカウトをかけます。従って、自分の学生時代の経験や価値観を入力しておけば、後は自分に興味を持ってくれた企業の方から特別選考の案内が入ります

一度のプロフィール登録で勝手に就活をすすめてくれるため、効率が激的に高まります。

Offer Boxをおすすめるする理由

『Offer Box』さんへの無料登録をおすすめする理由は以下です。

  • ・提携先がネスレやカゴメ等の人気企業から、価格コム等のメガベンチャーまで豊富
  • ・SNS連携してるので登録が簡単
  • プロフィール入力率60%以上の学生のうち97.2%が企業からの特別選考を受けている
  • ・メールで一斉配信のスカウトではなく1人ずつきちんとプロフィールを見て入力している
  • ・文字だけではなく写真や動画、研究スライド等で自分の経験をPRできる
  • ・提携企業2180社、登録就活生28000人以上(単年)の実績
  • ・学生の登録・利用は無料。一度プロフィールを入力したら後は待つだけ(もちろんプロフィールは後で変更可)

Offer Boxの公式ページへ

まとめ

いかがだったでしょうか?以下、自己分析が終わらない理由についてまとめます。

「自己分析が終わらないのは自己分析の目的が不明確だから」です。

自己分析の目的は「自分探し」ではなく

  • (1)過去の経験から自分の強みを把握し、言語化するため
  • (2)自分に合った業界・企業を見つけるため

の2つにあります。しかし、内定を獲得しきるまでは『(1)過去の経験から自分の強みを把握し、言語化するため』の自己分析だけ行っておけば良いです。

『(2)自分に合った業界・企業を見つけるため』の自己分析は、就活を終え、得られた内定先からベストな入社先を選ぶ際に決めた方が合理的です。なぜなら内定が獲得できていなければ、入社することが出来ないからです。

(1)過去の経験から自分の強みを把握し、言語化するための自己分析は

  • ・過去の経験から自分の強みを決める
  • ・自分の強みとそれを強みとする根拠を人事に伝えられる様に言語化する

という2つの段階を経ることで完了します。これを行うためには

  • (1)過去の経験を書き出す
  • (2)過去の経験に共通する自分の特徴(=強み&他者との違い)を考える
  • (3)自分の強みと、過去の経験との関連性(何故それが強みといえるか?)を言語化する

という3つのステップを踏むことが必要ですが、「(2)過去の経験に共通する自分の特徴(=強み&他者との違い)を考える」というステップでつまずいてしまう様であれば、無料で使える「」が使えるスカウトサービス「Offer Box」へ登録してみることをおすすめします。

自分に合った企業、自分の行きたい企業に入社することはとても大切ですし、就活の本来の目的です。しかし、内定を獲得しない以上は志望する企業に入社することは出来ませんよね。

だから、まずは内定を取るための自己分析を行い、第一志望群からの内定数を確保します。その上で内定先から自分に最も合った企業はどこか?を選ぶための自己分析を行い、自分にとってベストな企業への入社を実現させてください。

参考記事

1 2