就活にベストな前髪って?作り方を伝授します!

カテゴリ:就活と見た目
ES研究所 2018年06月18日
就職活動中の女性

はじめに

就活において女性であれば誰しもが悩むのが髪型です。

前髪1つにしても男性に比べて様々な髪型があるため、なかなか難しいところでもあるでしょう。

今回はそんな女子就活生のためにも、就活で前髪をどうすれば良いのかをご紹介します。

またスタイリング方法についても伝授していきます!

目次

  1. 就活で前髪はどうすれば良いの?
  2. 就活に最適な前髪の作り方
  3. まとめ
お気に入り 0人がこの記事をお気に入りしました
スポンサーリンク新宿・渋谷・横浜で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ
スポンサーリンクまだエントリーが間に合う企業の探し方

就活で前髪はどうすれば良いの?

就活をする際には前髪は全て流してオールバックにするべきなのか?それとも斜め前髪でも良いのか?など様々な前髪に関しての疑問があるかと思います。

そんな就活の際にしておくべき前髪についてまずは考えていきましょう。

眉毛や耳、額が見える前髪にしよう

まず就活ヘアの定番とも言える鉄則が、眉毛や耳、額が見えるような髪型にすることです。

企業が就活生を見る際には明るさ、知性、清潔感といった3つの項目を意識しています。

そのために就活では眉毛や耳、額が見えるようにアレンジしていきましょう。

額は全て見せていなくても構いませんが、多少は見えるように前髪を流していきます。

半分以上出ていると明るい印象を与えることができるでしょう。

お辞儀しても崩れない!

面接や説明会など企業にお辞儀をする場がたくさんあるかと思います。

お辞儀をした際に前髪が全て崩れてしまうと、せっかくのセットも台無しですよね。

前髪が崩れるたびに触っていると、目立ってしまいます。

そのため崩れないような前髪にする必要があるのです。

前髪をスプレーやワックスなどを使って崩れにくくすることが大切でしょう。

最近では就活生に向けた前髪用のスプレーなども発売されていますので、是非参考にしてみることをお勧めします。

就活に最適な前髪の作り方

では前髪について気をつけておきたいポイントを意識したところで、就活の際に使える最適な前髪の作り方を伝授していきましょう。

斜め前髪、センター分け、オールバックの3つに絞ってみていきます。

斜め前髪

就活生の中でも定番なのが斜め前髪です。

斜め前髪を作る際には眉毛を見せることを一番に意識して行いましょう。

斜め前髪の作り方としては、まず分け目を作りたい部分を後ろに流します。

次に眉山の高いところを目安に8:2ぐらいに前髪を分けて、三角形になるように前髪をとります。

これだけでは崩れやすいため、前髪の内側からスプレーで固めてピンでとめます。

そして最後に仕上げとして全体にスプレーをかけて固めたら完成です。

このように斜め前髪は崩れやすい髪型でもあるため、スプレーは必須になるかと思います。

センター分け

センター分けは斜め前髪よりも額の見える部分が多くなる分、優しく堅実な印象を与えることができるのです。

まずは前髪を内巻きにマジックカーラー又はヘアアイロンを使って巻いていきます。

その後前髪をセンター分けにし、ワックスを使ってなじませていきます。

その際には左右の眉毛が見えるようにクシで整えていき、分け目を中心にスプレーをかけたら完成です!

こちらも斜め前髪と同様にスプレーを使って固定していくことが大切でしょう。

オールバック

前髪が長い方ですと特にしたいのがオールバックです。

華やかな印象を与えることができ、なおかつ前髪が崩れにくいというメリットもあります。

前髪の扱いが難しいという方には最適なヘアアレンジです。

オールバックの作り方としては、前髪全体にワックスをなじませ、前髪を後ろに流していきながら頭の上でしっかりと抑えていきましょう。

そして手ぐしで髪全体にワックスをなじませていき、最後にスプレーで後れ毛や逆立つ毛を抑えたら完成です。

こちらもスプレーやワックスが必須となります。

前髪が逆立ってしまうことが特に気になるようでしたら、ワックスをハードタイプにすれば簡単に抑えることができます。

ハードタイプであっても、それほどやりすぎた印象にはなりませんのでお勧めです。

まとめ

今回は就活女子が悩みやすいであろう前髪についてご紹介していきました。

前髪は選考の場でも崩れてしまってはいけない大事な部分となります。

是非今回のアレンジを参考にしながら、自分にあった前髪を見つけてみてください。