就活女子はスカートが有利?企業に与える印象とは?

カテゴリ:就活と見た目
ES研究所 2018年06月09日
スポンサーリンク
ビジネスウーマン

はじめに

就活をするにあたって女子は身だしなみやスーツの着こなし方など男性以上に気をつかう場面が多いかと思います。

そんな就活女子の定番スーツでもあるスカートがもつメリットとはなんなのでしょうか?

また企業に与える印象に関してもこれから見ていきましょう。

目次

  1. 就活女子にはスカートが有利!?
  2. スカートかパンツかは自由で良い!
  3. 企業に与えるスカートのイメージとは?
  4. まとめ
お気に入り 0人がこの記事をお気に入りしました
スポンサーリンク新宿・渋谷・横浜で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ
スポンサーリンクまだエントリーが間に合う企業の探し方

就活女子にはスカートが有利!?

実際就活女子の多くはスカートスーツの方が多いものの、中にはパンツスーツの方も目立ちます。

実際に靴下メーカーの「福助」が担当者にアンケートした際にも、スカートの方が有利だという回答が70%を超えたというデータもあるほどです。

こちらのデータを統計したのはロングセラーストッキングをたくさん生み出しているメーカーであることもあり、おかしいと言う声が広がってしまいました。

実際にストッキングの宣伝が入ったため、データの上でスカートが有利と判明されたわけではありません。

ステレオタイプの考えで言えば、スカートの方がやはり女性らしさが出るため、就活においても良いと言う思考が現在もあります。

スカートかパンツかは自由で良い!

現在の就活女子はスカートとパンツとは自由にしても良いと言う風潮があります。

最近の傾向では、TPOに合わせて分けている場合が多いようです。

パンツスーツの方が動きやすいため、合同説明会やセミナー、直接面接官と対面することのないグループディスカッションにはパンツを使用される方が多いでしょう。

そして本格的な選考に入り、面接の際にはスカートスーツを使用するのがベターです。

とは言えども女性らしさが現れるスカートタイプのスーツで面接官にとって悪い印象を与えることはないでしょう。

企業に与えるスカートのイメージとは?

企業の方針やどのような業界なのかによってもスカートである必要の有無が関係してきます。

堅い会社になればなるほど長めの丈のスカートスーツが必要となるでしょう。

こういった企業ごとにスカートスーツが与える印象についてをご紹介していきます。

堅めの会社(公務員、銀行など)

企業のイメージによって、面接の際に求められる服装も異なってきます。

例えば公務員、銀行、ホテル、保険、証券などではどちらかと言うときっちりしていて堅いイメージがあるでしょう。

そのために面接の際にも黒または濃紺のタイトスカートタイプのスーツが最適です。

座った時にスカートの丈が上がってしまうため、膝がほとんど隠れるものを選びましょう。

普通の会社(メーカー、商社など)

一般的に受ける人も多いであろうメーカーや商社、食品、出版などの会社の場合は身だしなみに関しても崩しすぎず普通を目指すと良いでしょう。

このような会社の場合は黒または濃紺のタイトスカートまたは台形スカートがベターです。

身だしなみにすごく厳しいと言うわけではないため、パンツスーツでも問題はありません。

緩い会社(アパレル、マスコミ)

アパレルやマスコミ、広告業界などは比較的身だしなみには緩い点があり、アパレルに関しては普段の服装を見るためにも、私服面接を強いられる場合もあるでしょう。

このような業界の場合はスカートでもパンツでもどちらでも良い傾向にあります。

また黒や濃紺などはもちろんのこと、ストライプが入っているスカートスーツでも問題はありません。

そして、このような服装に縛りがない企業では、オフィスカジュアルなスカートを使用する場合もあります。

ノーカラージャケットにフレアスカートといったコーディネートが定番です。

まとめ

今回の記事で一般的に着用されているスカートスーツは、就活女子にとってどの程度必要なのかがわかったのではないでしょうか?

もちろん企業によってのイメージがありますので、TPOに合わせて変えていくことが必要となりそうです。