通信業界と大手3キャリア(ドコモ、ソフトバンク、KDDI)の業界研究

カテゴリ:携帯・通信業界
ES研究所 2017年01月23日
就活生に向けて通信業界と大手3キャリアを比較解説

もくじ

  1. はじめに
  2. 通信ってなに?
  3. 大手通信キャリア3社比較
  4. おわりに

1. はじめに

みなさんこんにちは^^さて、今お持ちのケータイ電話。皆さんはどこの会社のものをお使いでしょうか?

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが大手携帯キャリア3社として熾烈な争いを繰り広げていますが、最近は格安スマホも出てきましたね。

私も先日格安スマホに変えて、ケチって3ギガプランにした結果、早くも通信制限がきてしまいました..(その代わり毎月の携帯料金は7000円ぐらい安くなりましたよ笑)

さて今回は、そんな馴染みがあるようで意外に知らない携帯・通信業界について就活生向けにまとめてみました!

携帯・通信業界の内定者・通過者のESを見る

お気に入り 0人がこの記事をお気に入りしました
スポンサーリンク就活の証明写真を撮るのにおすすめの写真館の選び方とまとめ
スポンサーリンク新宿・渋谷・横浜・東京で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ

2. 「通信」ってなに?

通信って何

通信とは何か??

「通信」とは、離れたコンピュータや多数の端末との間でデータをやりとりすることです。通信を支える仕組みには、電話回線のほかに企業が業務用データを送受信する専用線などがあります。

また、インターネットにも光ファイバーなどを経由した通信網が構築されています。

一方で、携帯電話やスマートフォンでは、無線による通信回線が使われています。こうした通信回線や、その運用に必要な機器や設備を総称したものを通信インフラといいます。

この通信インフラの主役となるのが、自社で通信設備を所有してサービスを提供している「キャリア」とも呼ばれる第一種通信事業者です。

固定回線と携帯回線の現状

固定回線の分野では、

  • ・電話回線
  • ・ADSL回線(昔のnet回線です)
  • ・光ファイバー回線

のユーザーへの提供のほか、インターネット接続プロバイダーなどへの通信回線の卸売りを行っています。その中でも、

  • ・NTT東日本
  • ・NTT西日本
  • ・NTTコミュニケーションズ

のNTTグループがインフラ面で高いシェアを獲得しています。

これに続くのが、

  • KDDI
  • ソフトバンク

です。(通信大手のKDDIを作ったのは京セラの創業者、JAL再建の責任者を担った経営の神様『稲盛和夫』さんなんですよ!)

また、モバイル通信(携帯電話)の分野では、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3社が、前述の通り激しい価格競争や新サービスの展開などのシェア争いを繰り広げていますね。

通信業界全体で見ると、固定系(加入電話)は3595万契約あり、毎年下がっているのに対し、移動系(携帯電話・PHS)は増加という流れです。

したがって、現在NTTグループの固定通信分野では、その他事業者、例えば漫画アプリ等とのアライアンスによる新たなビジネスモデルの創出や、Wi-Fiを通じた光の利用機会の拡大など光・IPサービスを推進しています。

一方で、移動系でもLINE等の無料電話ツールの普及によって通話収入が落ち込んでいることが課題となっています。

さらに、通信業界の基本情報(平成24-25年版)によれば、業界規模は25兆1,088億円で、経常利益計は3兆4,748億円、売上高純利益率:+6.8%となっています。過去5年の伸び率を見ると+0.3%となるので、この業界は成熟化しつつあると言えます

3. 大手通信キャリア3社を比較してみよう!

通信業界の3大キャリアを売上、年収、福利厚生等の切り口から比較していきます。主にホームページと年収に関しては「年収ラボ」のデータを参考にしました。

〈次ページ〉3大通信キャリアの比較

携帯・通信業界の内定・通過者のESを見る

スポンサーリンク


1 2