就活で半袖シャツはNG?半袖シャツの是非とその理由を解説

就活と見た目
2019年10月12日
半袖シャツ着て就活はNG?半袖シャツの是非とその理由を解説

【目次】

  1. はじめに
  2. 就活で半袖シャツはNGなの?
  3. 半袖シャツがNGな理由
  4. 終わりに

はじめに

暑い季節の就活。「長袖シャツに長袖のスーツジャケットを着るなんて地獄だ」「シュウアカツでもクールビズしたい!」と思っている就活生もいることでしょう。その気持ち分かります。ムンムンする暑さの中で長袖を着たまま動着回るのは嫌ですよね。そこでみなさん“半袖シャツ”は就活で着用しての良いのか、気になると思います。実際に就活では長袖ではなく、半袖を着ることは許されるのでしょうか

今回は、就活における半袖シャツの是非とその理由を解説していきます!

スポンサーリンク新宿・池袋・渋谷・横浜・東京で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ
スポンサーリンク新宿・池袋・渋谷・横浜・東京で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ

就活で半袖シャツはNGなの?

就活で半袖シャツはNG?半袖シャツの是非とその理由を解説1

半袖シャツの着用は、就活において一般的にはNGです。しかし、例外もあります。

企業が「クールビズ」を推奨している場合、あるいは面接時に半袖のシャツの着用を許可している場合はOKです。詳しくは企業のホームページを確認するか直接、企業にメール等で問い合わせするのが良いです。

半袖シャツがNGな理由

では、なぜ一般的には半袖シャツは就活での着用がNGなのでしょうか?3つの理由を解説していきます。

就活で半袖シャツはNG?半袖シャツの是非とその理由を解説2

そもそも面接はシャツでは臨まない

就活の面接時の基本スタイルは、男性の場合は長袖シャツ+ネクタイ+ジャケット着用。女性の場合は長袖シャツ+ジャケット着用です。シャツのみで面接に臨むことは基本的なマナーとしてありえません。

面接官はその人がしっかりと指示を聞けるか、常識のある人間かどうかを見ています。したがって、半袖シャツは就活の面接においてはNGですし、ルール違反になってしまうので気をつけましょう。

スーツの袖からどれだけシャツがでているかというお作法がある

就活では、スーツの袖からどれだけシャツがでているのかとい点をチェックする企業もあります。「いや、そんな作法分からないし!」と思う就活生もいるかと思います。しかし、就活をするならこの作法に従っておいたほうが良いでしょう。

おおよそ1cmほどは袖からシャツが出るのが好ましいです。実際に面接官は、ジャケットを着ているのに袖からシャツが見えない場合にすごく違和感を感じるそうです。

幼く見えてしまう

半袖シャツの着用は長袖シャツを着用した時と比べて、幼く見えてしまいます。半袖シャツを着ると、「子供っぽい、不真面目」という印象を面接官に与えかねません。

幼くマイナスな印象を与えないためにも半袖シャツの着用は避けましょう。

終わりに

いかがでしたか?

今回は、就活における半袖シャツの是非とその理由について解説していきました。

半袖シャツは「クールビズ」がOKな会社ではない限り、基本的NGです。

なぜかというと、

  • 1:企業側は面接でシャツでは望まないから
  • 2:スーツの袖からどれだけシャツがでているかというお作法があるから
  • 3:着ると幼く見えるから

の3つです。

上の3つからよほどの理由がない限り、なるべく半袖シャツを着るのは避けたほうがいいでしょう。対策として、インナーを夏用にしたり、保冷剤を持ち歩いたりして暑さから耐えてくださいね。

参考記事