就活でセーターはOK?その是非を理由とともに解説!

就活と見た目
2019年10月12日
就活でセーターはあり?その是非を理由とともに解説!

【目次】

  1. はじめに
  2. 就活でセーターをきるのはアリ?
  3. まとめ

はじめに

寒い時期の就活で、コートやセーターといった防寒着を着ようと思っている就活生は多いのではないでしょうか?寒い時期に普通スーツだけなんて耐えられませんよね?そこで多いのが、「セーターって就活で着て良いの?」と疑問に思う就活生です!

そこで、この記事では「セーターって就活で着て良いの?」という疑問に答え、その理由を解説していきます!

※この記事の前提として、就活にふさわしい服装とは「採用担当者へ良い印象を与えられる服装」とします。

スポンサーリンク就活の証明写真を撮るのにおすすめの写真館の選び方とまとめ
スポンサーリンク新宿・池袋・渋谷・横浜・東京で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ

就活でセーターをきるのはアリ?

就活でセーターはOK?その是非を理由とともに解説!1

結論:就活でセーターを着るのは“アリ”だけどおすすめはしません。

就活において、服装は採用担当者へ与える印象を作り出す要素の一つです。そのため、服装ひとつで第一印象が良くも悪くもなります。したがって、印象を良くするためにも、就活にふさわしい服装をすることが大切です。

これを踏まえ、就活でセーターをおすすめしない理由を解説します。

まず、就活でセーターをおすすめしない理由としては、スーツは元々自分の体に合わせて作られるため、セーターを着ない方がスッキリしていて見た目が良いです。セーターで着膨れして見えると、だらしないと思われることもあるでしょう。

次に、採用担当者によっては就活の服装として、セーターはふさわしくないと判断されることがあります。採用担当者の中には、セーターはおしゃれをする時に着る服だという印象があり、就活の服装としてはNGだと考えている方もいるでしょう。

これらの理由から、就活の服装でセーターがアリだとは断言することができません。当然ですが奇抜な色や柄のセーターは、当然NGです。それでもセーターを着たいなら、就活の服装に合う黒色や紺色で単色のものが無難でしょう。

コートがあるならコートのほうが無難

就活でセーターはOK?その是非を理由とともに解説!2

就活の服装で防寒対策をするなら、セーターを着るよりコートを着る方が無難です。セーターは就活の服装としてやや問題がありますが、スーツとコートの組み合わせは就活の服装として何も問題はありません。寒い時期になると多くの社会人が、スーツとコートという組み合わせをしています。そのため、面接や説明会へコートを着て行っても大丈夫です。

以上の理由からコートがあるならコートのほうが無難です。さらに、コートはスーツの上に着るので着脱が楽です。しかし、セーターはスーツの下に着るため着脱が少し面倒でしょう。そのため、コートがあるならコートを着る方が良いでしょう。

着るとしても移動中のみにしておく

就活でセーターはOK?その是非を理由とともに解説!3

これはセーターもコートも同じですが、面接や説明会へ行く時に防寒着を着るのであれば、移動中のみ着るようにしましょう。就活の服装は基本的にスーツです。就活のマナーとして、セーターやコートは会社・説明会の会場に入る前には脱ぎ、出た後に着ることが望ましいです。会社内や説明会の会場に入って受付の近くで脱いでいたり、移動中でもセーターやコートを着ていては、就活のマナーを知らない就活生だと思われることがあります。その時のあなたの印象は、企業側にとってはあまり良いものではありません。したがって、会社内・会場内での服装はセーターやコートを脱ぎ、スーツのみの服装が良いでしょう。

着るとしたら繊維がシャツやスーツにつかないものにする

就活でセーターはOK?その是非を理由とともに解説!4

面接や説明会へセーターを着ていく場合には、シャツやスーツに繊維がつかないものを着るようにしましょう。面接や説明会にセーターを着て行き、繊維がシャツやスーツに付いていては「清潔感がない」「だらしない」というマイナスな印象を与えてしまいます。

もし、面接や説明会へセーターを着ていくのであれば、出来るだけシャツやスーツに繊維がつかないセータを着ましょう。しかし、シャツやスーツに繊維が全くつかないセーターはあなかなか売っておらずすぐ用意ができないでしょう。

そこで、シャツやスーツに繊維がつかないようにするための対策法をご紹介します!

具体的な対策としては、

  • ⑴クリーニングに出して、きれいにする
  • ⑵ブラッシングをして、毛玉・ホコリを落とす

などがあります。

また、シャツやスーツに繊維がついてしまった時の対処法として、セーターを脱いだ後に粘着テープ付きのコロコロをすると良いです。面接・説明会の当日にシャツやスーツに繊維がつくのが心配な方は、粘着テープ付きのコロコロを持って行くことをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか。

就活でセーターを着るのは、“アリ”ですがおすすめはしません。就活でセーターを着てはいけないというルールはありません。ですが、採用担当者の中にはセーターは就活の服装としてふさわしくないと考えている方もいるなどの理由があるため、セーターよりもコートの方が無難です。コートであれば着脱が楽ですし、セーターの着用のように採用担当者へマイナスな印象を与えることはないでしょう。面接や説明会では、服装ひとつで印象が変わります。採用担当者へ良い印象を与えられるように、面接や説明会へ行く時は就活にふさわしい服装をしましょう。

参考記事