就活の証明写真で歯を見せるのはNG?NGの3つの理由を解説します

就活の準備物
2019年10月14日
就活の証明写真で歯を見せるべきではない3つの理由

目次

  1. はじめに
  2. 就活の証明写真で歯を見せてもいい?
  3. 歯を見せるべきではない3つの理由
  4. まとめ

はじめに

突然ですがみなさん!
日頃写真を撮る際、歯を出した笑顔で撮ることが多くありませんか?

就活の証明写真でも同じように、歯を出した笑顔で撮りろうとしている就活生もいるかと思いますが、実は歯を見せた就活証明写真は企業側にあまり好まれないようです。

では、なぜ就活の証明写真では歯を見せない方が良いのでしょうか。3つの理由を踏まえながら解説していきます!

スポンサーリンク新宿・池袋・渋谷・横浜・東京で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ
スポンサーリンク新宿・池袋・渋谷・横浜・東京で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ

就活の証明写真で歯を見せてもいい?

就活の証明写真で歯を見せるべきではない3つの理由2

就活の証明写真において「歯を見せる」ことは禁止ではありません。
しかし、おすすめはしません。

就活の証明写真というのは公的書類です。
基本的には公的書類において歯を見せることは適切ないとされています。

確かに、歯を見せながらの満面の笑みな写真は明るい・やる気があるという印象を持たれます。
しかし、就活の証明写真において企業側は「歯を見せる」ことをあまり好みません。
それには理由があります!

歯を見せるべきではない3つの理由

就活の証明写真で歯を見せるべきではない3つの理由1

では、なぜ就活の証明写真では歯を見せない方が良いのでしょう。
理由は主に3つ!
この3つの理由を以下より詳しく解説していきます!

理由1:歯のほうが目立ってしまう

“口元”はよく人から見られる顔のパーツです。
そんな口元はもちろん証明写真でも見られています。
微笑んだ表情がふさわしいとされている就活証明写真では尚更です。

そんな口元で歯が出ていると歯だけがよく目立ちます。
これは良い目立ちでなく、“悪目立ち”です。

歯を見せながら笑うことを「ハリウッドスマイル」と言います。
ハリウッド女優などが広角を上げ、白い歯を出して笑っている表情のことです。
この「ハリウッドスマイル」はやる気や元気があり、行動力があるという印象を与えます。

しかし、就活の証明写真においてはマイナスの印象になり得まるのです。
なぜなら、企業側が「不真面目なのか・ふざけているのか」と捉えてしまう可能性があるからです。

一般的に公的書類において歯は出さないとされている中歯を出していると、このように捉えられても仕方がないでしょう。
つまり、歯を出すと証明写真の中でただ悪目立ちしてしまうだけなのです。

理由2:人事からみて素のあなたがわかりにくい

歯を出した笑顔は“あなたの作り物の表情”

就活において企業側はあなたの本来の姿を知りたいので、作り物の顔は評価しにくくなります。
あなた本来の知的な表情を企業側に伝えるべく、適した表情で素のあなたを少しでも伝えられるようにしましょう。

理由3:歯がすごくキレイでないとマイナスでしかない

たとえ証明写真で歯を見せながら笑う写真を撮影したとしても、歯が黄ばんでいたり歯並びが悪かったりすると企業に悪印象を与えやすいです。

就活だけでなく日頃から、歯が綺麗な方は評価されやすいですが、歯が汚い方は特に評価されることもありませんよね?
それと同じです。

したがって、歯を見せた証明写真であっても、その目立つ歯がキレイでないと評価されることもないため出さないことをおすすめします

まとめ

いかがでしたか?
今回は就活の証明写真で歯を見せるべきではない3つの理由について解説しました。

  • 1,表情の中で歯の方が目立ってしまうから
  • 2,歯を出した笑顔は作り物の顔であり、素のあなたを伝えられないから
  • 3,歯を出したところで歯がキレイでないとマイナスな印象しか与えないから

という3つの理由から、就活証明写真においては歯を見せるべきではないでしょう。
就活の証明写真では歯を隠し、自然な笑顔の一枚を撮りましょう!

参考記事