就活女子へ送る おすすめ就活メイクグッズ①

カテゴリ:就活と見た目
ES研究所 2018年02月08日

はじめに

就活をするにあたり、ファーストインプレッション大事になるため、女子にとってメイクは非常に重要な素となります。

そこで筆者がおすすめするメイクグッズを紹介したいと思います。

今回は化粧のベースメイクを中心に紹介していきたいと思います。

目次

  1. 就活メイクについて
  2. まとめ
お気に入り 0人がこの記事をお気に入りしました
スポンサーリンク新宿・渋谷・横浜で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ
スポンサーリンクまだエントリーが間に合う企業の探し方

就活メイクについて

その前に就活メイクとは、を説明します。

就活メイクは薄すぎず、濃すぎずの「ナチュラルメイク」が基本です。(CAなど特別な場合は除く)。

普段メイクをしない学生はこれを機に自分に合うメイクを研究して欲しいし、普段バッチリメイクな学生は就活の時だけでもいいので薄めのメイクを心がけましょう。

資生堂 スポッツカバー ファウンデイション(ベースカラー)¥1,296 (税込)

資生堂 スポッツカバー ファウンデイション

筆者が断トツでオススメするのがこの資生堂「スポッツカバー ファウンデイション」(ベースカラー)。

かなりマットなかんじはあるが、カバー力が素晴らしい!クマだけでなくほくろやくすみ、ニキビ跡にも使えます。

ニキビには肌的には使いたくないけれど、いざという時にできてしまった時は使ってみる価値あり。筆者もリピートする一品です。

ちなみに色の選び方は、自分の肌の色より少し暗めの色を選ぶこと。

つけるタイミングは

ベースメイク⇒ファンデーション⇒コンシーラー⇒パウダー

の順番でつける。

ES作成や企業対策でのパソコンなどのにらめっこ状態が続いていたり、スマホをよく使っていると、クマがひどいことになっていることが多くげっそりとした表情の就活生を毎年見かけるし、筆者もそうだった。

目元の印象は非常に重要であるため、コンシーラーは絶対に必要なアイテムです。

その中でこのアイテムはマストと言っても過言ではないと思います。

ちなみにドラッグストアなど販売店舗によっては1000円程度とで販売されていることも。

これ1つあれば就活時期のクマや肌のくすみは心配なし!

キャンメイク マットフルール チークス 各 ¥864(税込)

キャンメイク マットフルール チークス

コスパ良しのキャンメイクからマットフルールチークスをおすすめします。

ラメやパールが入っていないため、自然な仕上がりが求められている就活生にはピッタリ。

安いチークだと粉っぽくなってしまいがちだが、その心配もなくマットで自然な仕上がりとなる。

付属のブラシでクルクルと色を混ぜるようにつけて肌にもクルクルとのせるだけです。

ただし、

  • ・真ん丸にチークを入れるのはNG。
  • ・頬骨の高い位置に楕円形に入れる。
  • ・チークは血色を決める。

そのため、元気な性格を押していきたい時はオレンジ系、可愛らしい性格を押していきたい時はピンク系など企業によって使い分けるのも良い。

ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地 ¥3,024(税込)

ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地

化粧水や美容液などを終えてからいきなりファンデーションをつけてしまう人はいないでしょうか?

筆者は学生の時、ベースメイクの重要性をあまり理解できず、オールインワンのファンデーションをつけていました。

今でもオールインワンのBBクリームを使ってはいますが、ベースメイクはきちんとした方が化粧乗りも、キープ力も全然違います。

今回筆者がおすすめするのはこのソフィーナ プリマヴィスタから「皮脂くずれ防止化粧下地」だ。

筆者の場合、頬は乾燥肌気味、Tゾーンはオイリー肌とという混合肌なのですが、個人的な感想で言えばどちらの肌でも使えます!

乾燥が気になる冬も、汗がきになる夏もオールシーズン使えるので便利です。

化粧直しの時もベースがしっかりしていればかなり楽になるので、一度使用してみることをおすすめします。

資生堂 アクアレーベル ホワイトアップローション 1,512円(税込)

資生堂 アクアレーベル ホワイトアップローション

筆者が学生生活の時はストレスでよく肌にニキビができていたり、冬は粉が吹くほど乾燥していたりと肌の調子はあまりよくありませんでした。

その時に使っていたのは、デパートの1階で販売している化粧水だけで6000円もかかった某ブランドのものでした。

肌との相性もあるのかもしれませんが、その時思い切ってコスパの良い、この資生堂の「アクアレーベル ホワイトアップローション」を購入し、使ってみました。

すると、肌にすっと入っていくような感覚があり、今までの肌トラブルが消えていったのです。

後にも先にもこれほど良いと思った化粧水はありません。

就活が終わり、その時より肌の調子も変わりましたが、幸い種類も「キメ保湿」「美白(写真のもの)」「エイジングケア」や保湿レベルも「さっぱり」「しっとり」「かなりしっとり」と選べるため、季節で使い分けて現在も使用しています。

化粧水において最強のコスパアイテムだと太鼓判です!

こちらと併せて乳液(税込1,620円)も使ってみると効果も抜群にあがるので、これからの季節にも本当におすすめします。

まとめ

冒頭でも書きましたが、メイクは面接や写真などファーストインプレッションを決める大切な役割をします。

今回はベースメイクを中心にアイテムを紹介しました。

上から順番にどの肌性質でも使える汎用性の高いアイテムを厳選しています。

ぜひ就活が本格化する前に、おためしください!

ファンデーションやアイシャドウなどのアイメイク編も予定していますので、ご期待ください。