好感度アップ!?ロング女子の就活ヘアアレンジは?

カテゴリ:就活と見た目
ES研究所 2018年06月21日
就職活動中のロングヘアの女性

はじめに

女性であればロングヘアの方が全体的に多い印象にあります。

そんなロングヘアの方は就活の際には、どのように髪の毛をまとめるべきなのかと疑問に思われるかもしれません。

就活では髪型に関して様々な注意点がありますので、なかなか髪型について考えるのも難しいですよね。

そんな方のためにも、就活の選考の場でも是非したいロングヘアのアレンジ方法についてご紹介していきます!

目次

  1. ロングヘアが与える印象とは?
  2. 就活でしたいオススメヘアアレンジ
  3. ヘアセットで気をつけたいポイント
  4. まとめ
お気に入り 0人がこの記事をお気に入りしました
スポンサーリンク新宿・渋谷・横浜で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ
スポンサーリンクまだエントリーが間に合う企業の探し方

ロングヘアが与える印象とは?

就活生の多くはロングヘアだとは思いますが、そんなロングヘアは女性らしい印象を与えます。

やはり髪の毛をロングにできるということは、女性ならでは良さでもあるためでしょう。

ですが、ロングヘアだとポニーテールやハーフアップ、まとめ髪など様々なヘアアレンジを行うこともできるのです。

ヘアアレンジによっても髪型が与える印象を変えることができ、ある意味でロングヘアでは就活において万能でもあります。

就活でしたいオススメヘアアレンジ

ロングヘアには様々なアレンジ方法があります。

選考の場でも是非したいオススメのヘアアレンジをご紹介していきます。

ポニーテール

就活ヘアの定番でもあるポニーテール。

どの業界にもマッチする髪型でありながらも、簡単なヘアアレンジなのも嬉しいポイントでしょう。

ポニーテールをする際のコツとしては、高すぎると元気な印象を与えてしまうため耳の少し上ぐらいの高さにすることです。

逆にそれよりも下だとだらしない印象を与えてしまうので、きっちりとくくることを意識しましょう。

後れ毛や前髪などの髪の毛が出てくる場合は、ワックスやスプレーを使ってまとめてると良いですよ。

ハーフアップ

ハーフアップは就活ヘアの定番でありながらも、アレンジ次第では面接官受けがイマイチなケースもあります。

ハーフアップを就活向きにするために重要なのが前髪です。

前髪が短いままハーフアップをしてしまうと、幼い印象を与えてしまいます。

そのために眉毛と額を出すことを意識してハーフアップを作っていきましょう。

作り方は耳の高い位置で髪の毛を分けとり、髪ゴムを使って結ぶだけです。

長い間していると崩れてくるため、くくる前に髪の毛全体にワックスなじませておくことをお勧めします。

ハーフアップヘアは受付や百貨店での販売を目指している方に向いています。

女性らしさを残しつつも、フォーマルな印象を与えることができるでしょう。

シニヨン

キャビンアテンダントなどの航空業界を目指す女性がよくするヘアアレンジがシニヨンです。

シニヨンとは低めの位置でお団子にするヘアアレンジで、少し上級者向きでありながらも上品な印象を作ることができます。

シニヨンの作り方としては、ポニーテールよりも少し低い位置で髪の毛を結びます。

目安としてはゴムの下に指3本分が入るぐらいの高さです。

結んだゴムに髪の毛を巻きつけていきながらお団子にし、お団子の外側からUピンを使い固定していきます。

最後に黒のネットを使ってお団子をまとめたは完成です。

難しいながらも綺麗に見えるヘアアレンジですね。

ヘアセットで気をつけたいポイント

ロングヘアは髪の毛が長いため、その分後れ毛などが出てきやすいためヘアセットにおいては気をつけておく必要があります。

そのためハーフアップやシニヨンといった上級者アレンジをする場合は、後れ毛が出てこないようにスッキリとまとめることを意識しましょう。

目立ちにくい黒ピンなどを使って崩れやすい部分は止めていきます。

そして、ロングヘアは毛先のダメージが目立ちにくい髪型でもあるため、日々のヘアケアを怠らないようにしましょう。

まとめ

今回はロングヘアの就活女子が選考の場において使えるヘアアレンジを中心にご紹介していきました。

ロングヘアは自由自在に変えることができる髪型でもあるため、業界によってヘアアレンジを変えてみるのも楽しいかもしれませんね。