就活証明写真で女子はレギュラー・スキッパータイプシャツのどちらを着たら良いの?

就活と見た目
2019年10月14日
就活証明写真で女子はレギュラー・スキッパータイプシャツのどちらを着たら良いの?

目次

  1. はじめに
  2. 就活証明写真で女子が着る2種類のシャツ
  3. 就活証明写真ではレギュラーシャツ・スキッパーシャツどちらを着たら良いの?
  4. レギュラーシャツ・スキッパーシャツの着こなし方
  5. どちらがいいか選びきれない人は・・・
  6. まとめ

はじめに

就職活動や就活証明写真を撮る際には、もちろんスーツを着用しますよね?

スーツを着用する際に欠かせないのがシャツですが、実は女性の場合、就職活動で使用するシャツには2種類あるのをご存知でしょうか?

それは、“レギュラーシャツ”“スキッパーシャツ”です。

初めてこの2つのタイプを聞く人も多いかと思います。2つあるうちのどちらを着れば良いの?と思われた人もいることでしょう。

そこで今回は、就活証明写真にふさわしい女性のシャツの選び方をご紹介していきます!

スポンサーリンク就活の証明写真を撮るのにおすすめの写真館の選び方とまとめ
スポンサーリンク新宿・池袋・渋谷・横浜・東京で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ

就活証明写真で女子が着る2種類のシャツ

まずは就活証明写真で着用する機会が多いレギュラーシャツとスキッパーシャツの2種類のシャツについて、特徴をご紹介していきます。

特徴を踏まえた上で、自分の志望業界・企業に合うシャツはどちらなのか判断し、選んでくださいね!

⑴レギュラーシャツ

レギュラーシャツ

引用:洋服の青山

レギュラーシャツとは、最もオーソドックスなシャツのタイプで、まずシャツといえばレギュラーシャツを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

具体的にレギュラーシャツとは、第1ボタンまでボタンが閉められ、襟元が少し小さめのシャツです。ボタンを全て止めることで、真面目さや堅実な印象を相手に与えることができます。

また、スタンダードなシャツのタイプのため店頭に置かれていることが多く、スキッパーシャツよりも気軽に手に入れられます。使いやすいタイプのシャツなので、多くの人が手に取りやすい種類です。

⑵スキッパーシャツ

スキッパーシャツ

引用:洋服の青山

スキッパーシャツというのは第1ボタンがなく、襟元が大きめのシャツです。着用する際にはジャケットから襟を全て出し、少し襟元を広げます。

第1ボタンがなく襟を出して襟元を広げることで、首回り・顔周りをすっきりと見せることができ、より明るい印象を相手に与えることができるのが特徴です。

真面目さや堅実さに加え、元気さや明るさをアピールしたいという人におすすめのタイプです。

就活証明写真ではレギュラーシャツ・スキッパーシャツどちらを着たら良いの?

2種類あるシャツのうち、「どちらのシャツを着用して就活証明写真を撮ったらいいのか分からない!」という人も多いのではないでしょうか?

結論、レギュラーシャツも、スキッパーシャツも、就活証明写真の撮影ではどちらうを着用しても問題はありません。

そのためシャツを選ぶ際には、志望業界が求めている人材像や、企業側にどういった印象を持ってもらいたいか、などを考慮してシャツを選ぶのがおすすめです。

レギュラーシャツ・スキッパーシャツの着こなし方

就活証明写真で女子はレギュラー・スキッパータイプシャツのどちらを着たら良いの?1

レギュラーシャツも、スキッパーシャツも就活証明写真を撮る際にはきちんと着こなすことが大切です。

就活証明写真にふさわしい、レギュラーシャツとスキッパーシャツの着こなし方のポイントについてご紹介していきます。

⑴レギュラーシャツ

まずはレギュラーシャツについてご紹介します。レギュラーシャツは証明写真の撮影時でどのように着れば良いのか、レギュラーシャツが与える印象、おすすめの業界をそれぞれ解説します。

スーツとの合わせ方

レギュラーシャツは、襟の部分をスーツのジャケットの中にしっかりと入れます。これは、証明写真のみならず普段の説明会や面接で着る場合でも同じです。

片方だけ襟がジャケットから出ていては、だらしがないという印象を持たれてしまうため注意しましょう。

証明写真を撮るときには、ぜひ両襟がジャケットにしっかりと入っているかどうかを確認してくださいね。

また、第1ボタンを閉めることができるのもレギュラーシャツの特徴。レギュラーシャツを着用する人は、第1ボタンまでしっかりと留めてください。

第1ボタンまでしっかりと閉めると、人によっては首回りがきついということも考えられます。

シャツを選ぶ際には試着をして、第1ボタンまで閉めた時に首回りに指が2本程度入る余裕のあるシャツを選びましょう。

かといってサイズが大きすぎたりすると着用時の服装のバランスが悪くなってしまうため、シャツの種類と同様、サイズにも注意してくださいね。

与える印象

襟をジャケットの中に入れてたり、第1ボタンまでしっかりとボタンを留めることにより、胸元の露出がほぼ無いレギュラーシャツは、真面目さ・堅実さ・知的さ、そして上品さを企業側に与えることができます。

そういった印象が好まれるような業界や、印象を与えたいという人はレギュラーシャツをおすすめします。

着用をおすすめする業界

レギュラーシャツの着用をおすすめする業界は、金融系や公務員など堅めの業界です。

上述したレギュラータイプが与える印象は、こういった真面目・堅実さが必要となる業界に向いています。他にも、一般職志望の方にもおすすめです。

また、自分の志望業界がどちらのシャツが好まれるか分からないという人は、レギュラーシャツを選ぶ方が無難です。

⑵スキッパーシャツ

次にスキッパーシャツについてご紹介します。スキッパーシャツは、襟が大きく出ている分、顔をすっきりと見せることができます。

また、レギュラーシャツのように第1ボタンまできっちり閉めるのが苦手という人にも、スキッパーシャツはおすすめです。

そんなスキッパーシャツも、撮影時どのように着れば良いのか、レギュラーシャツを着ることで与える印象、向いている業界をそれぞれ解説します。

スーツとの合わせ方

スキッパーシャツは、レギュラーシャツとは反対に襟を全てスーツのジャケットの外に出します。こちらも両襟が出ていないとみっともないので、確認を怠らないよう注意しましょう。

また撮影時に、襟を出した時の角度や形を細かく調節することがスキッパーシャツの場合には重要になります。

左右非対称の襟だと写真全体のバランスが悪くると同時に、きちんとした印象を企業側に与えることが難しくなります。

就活証明写真の撮影では、撮影ギリギリまで調節することが可能です。

襟の形や出具合などは細かく鏡などでチェックして、左右が対象となったきれいな襟で撮影できるように心がけてください。

与える印象

スキッパーシャツを着用すると、胸元の露出が増えて首・顔周りをすっきりと見せることができるため、相手に華やかさや明るさ・元気な印象を与えることができます。

元気なイメージをアピールしたい、華やかさや明るさを求められるような業界に進みたいと考えている人にスキッパーシャツはおすすめです。

着用をおすすめする業界

スキッパーシャツの着用が好まれる業界は、美容業界やエアラインなどの華やかさが求められる業界です。

また、エンタメ業界や広告業界など、元気さ・フレッシュさ・明るさが求められる業界にもおすすめします。

職種だと営業職がおすすめ。営業職などの多くの人と会うような職種や、アクティブに行動することが求められる職種に進みたいと考えている人にも、スキッパーシャツを着用することによって自分のイメージを伝えやすくなるため、真面目さや堅実さよりかは、華やかさを重視したいという人におすすめのシャツです。

どちらがいいか選びきれない人は・・・

就活証明写真で女子はレギュラー・スキッパータイプシャツのどちらを着たら良いの?2

様々な業界で就職活動をしたいと考えている人や、どちらのシャツを選んだらいいのか分からないという人もいますよね。

レギュラーシャツかスキッパーシャツかを選びきれない人の対処法をポイントをご紹介します。

とりあえず両方買ってみる

どちらか選びきれないという人は、とりあえずどちらも購入するというのが最もシンプルな方法です。

シャツはスーツなどと違って比較的安価で手に入れることができます。それに、両方用意しておくことで、説明会や面接など都度志望業界に合わせて着ることができます。

連日の就活イベントがあっても洗濯が間に合いますし、2枚買っておいても問題はないでしょう。

両方購入し実際に着て、より快適に使うことができたり、自分に合うと思えたりするシャツを選んで下さい。

シャツがレンタルできるスタジオで撮影する

購入するより前に自分に合ったシャツを知りたいという人は、ぜひシャツをレンタルすることができるスタジオで就活証明写真を撮影することをおすすめします。

スタジオで撮影するということは、プロのカメラマンの意見を聞くことができるということです。

客観的に見て自分に合うシャツを知りたいという人は、まずは就活証明写真を撮影するときにレンタルして、プロの意見を聞いて、その後自分が良いと思う方のシャツを就職活動用に購入するというのもおすすめです。

まとめ

今回は、主に就職活動や就活証明写真に使用される2種類のシャツの違いと選び方のポイントについてご紹介してきました。

レギュラーシャツとスキッパーシャツでは、相手に与える印象やふさわしい業界が異なりますので、より合う方を選んでください。

就活証明写真を撮る際には、レギュラーシャツの場合は襟をしっかりと中に入れて、スキッパーシャツの場合は襟をしっかりと出すなど、真正面から見て清潔感があるように着こなすことを大切にしてくださいね。

参考記事