男性の就活の証明写真の撮影時に着るべきスーツはどれ?OK・NGスーツをそれぞれ紹介します!

就活と見た目
2020年10月01日
【男性編】就活の証明写真の撮影時に着るべきスーツとNGスーツをそれぞれ紹介!

目次

  1. はじめに
  2. 就活の証明写真でスーツをちゃんと選ばないといけない理由
  3. 証明写真撮影に着ていくべきOKのスーツとシャツ
  4. 証明写真撮影に着てはいけないNGのスーツとシャツ
  5. リクルートスーツは早めに揃えよう!
  6. まとめ

はじめに

就活中の男性の皆様、就活のスーツ選びってどうされていますか?
適当に好みで選んだりしていないでしょうか。

特に、証明写真撮影の時に着るスーツは、第一印象を左右する、とても重要なアイテムとなります。
就活・就活写真で着用すべきスーツは、あなたが好きなスーツではなく、あなたが受かるスーツです。

色・形など、細かくルールがあるうえに、NGスーツも存在します。
選んだスーツで合否を左右されるのはもったいないと思います。

こちらに、内定を勝ち取るための、証明写真撮影時に着る男性用スーツの選び方をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク新宿・池袋・渋谷・横浜・東京駅・大阪梅田・四条烏丸・八王子で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ
スポンサーリンク就活の証明写真を撮るのにおすすめの写真館の選び方とまとめ

就活の証明写真でスーツをちゃんと選ばないといけない理由

【男性編】就活の証明写真の撮影時に着るべきスーツとNGスーツをそれぞれ紹介!

就活の証明写真で見られるのは、一般常識を守れるか、どれぐらいの意識を持って面接に臨もうとしているか、です。そこには、特殊な業種を除いては、お洒落や個性は必要ありません。

就活の証明写真は、基本的にはバストアップの写真になりますので、当然服装は何でも良いわけではなく、面接に臨むようなスーツを着用して、撮影します。

人事は証明写真で印象を決めてしまうこともある

まず、証明写真は履歴書の一番上に貼ってあるため、文字よりも先に見られることが多いです。

パッと目に飛び込んできた写真の印象が悪いと、その分マイナススタートとなってしまいます。会う前の第一印象で損してしまうのはもったいないですよね。

そのために、表情や光によって最大限、印象を良くするのはもちろんのこと、スーツも写真の半分ぐらいの面積を占めているので、きちんとしたスーツを選ぶのが欠かせないのです。

志望業界に合わないスーツを着ると不利になる可能性も

業界別に好まれるスーツの傾向というものがあります。

例えば、銀行系は黒など色が暗めのスーツ、食品・地方公務員系は黒か紺色のスーツ、アパレル・広告系は黒、紺色、グレー系で、場合によっては少し明るめの色味が好まれることもあります。

あまり業界に合わないスーツを選んでしまうと、リサーチ不足を懸念されたり、本気度が伝わってこなかったりしてしまいます。

希望する業界にどんなスーツが合うのか、しっかりとした下調べが必要です。

証明写真撮影に着ていくべきOKのスーツとシャツ

【男性編】就活の証明写真の撮影時に着るべきスーツとNGスーツをそれぞれ紹介!4

なんとなく、スーツ選びの重要性が分かっていただけましたでしょうか。

以上を踏まえたうえで、いよいよ証明写真撮影に着ていくスーツとシャツを選びましょう。

ポイント1:色

男性のスーツの色で、パッと思いつくのは何色でしょうか。紺・黒・グレー。ベージュのスーツもありますね。

就活証明写真で着ていくスーツの色はずばり、黒か紺、鉄紺です。ほとんどの就活生が、黒か紺のスーツを着ており、どの場面でも浮くことはまずありません。

ベージュは完全にNGです。浮く上に、面接官にマイナスの印象を持たれてしまいます。
何度も言いますが、個性は必要ありません。

グレーは、チャコールグレーやダークグレーなど、黒に近ければ大丈夫ですが、かなり少数派なので、よほどの理由がない限り、あえて選ぶ必要性は感じられません。

また、シャツの色は、就活写真撮影では白無地一択です。写真でも面接でも、白以外はありえないと思ってください。白は清潔感が命です。撮影前にシミ・シワはしっかりチェックしてください。

ポイント2:柄

スーツの色が決まれば、次は柄の選定です。

男性のスーツにもさまざまな柄や質感があります。
ストライプや、光沢があるデザインもありますが、就活には落ち着いた無地がおすすめです。

就活写真ではどうしても、誠実さや堅実さが好まれる傾向があるため、それをアピールできる無地が良いです。ただし、アパレル系やITベンチャーでは逆に、ストライプ等を選んだ方が良い場合もあります。

ぜひ、ご希望の業界を研究してみてください。

結論:リクルートスーツが無難

【男性編】就活の証明写真の撮影時に着るべきスーツとNGスーツをそれぞれ紹介!5

以上、一般的に就活で好まれる男性のスーツとは、【黒か紺のダーク系の無地のスーツに、白無地のシャツ】であることが分かりました。

これってずばり、いわゆるリクルートスーツですよね。星の数ほどスーツの組み合わせはあれど、堅実に内定を勝ち取るためには、無難にリクルートスーツで写真撮影に臨みましょう。

証明写真撮影に着てはいけないNGのスーツとシャツ

【男性編】就活の証明写真の撮影時に着るべきスーツとNGスーツをそれぞれ紹介!6

ここまで、就活証明写真撮影におすすめのスーツとシャツをご紹介しましたが、逆にNGスーツとシャツも存在します。

今までの記事をしっかり読んでいれば、何がNGか分かりますでしょうか。意外なシャツがNGだったりしますので、ここでもしっかり確認しましょう。

NG1:薄いからと言ってストライプ柄のスーツで撮る

今まで無地のスーツをお勧めしてきましたが、写真撮影ではあまりわからないからと言って、ストライプ柄のスーツで撮ってしまおうなんて、思っていませんか?

面接官は履歴書の少ない情報から、できるだけ多くの情報を得ようとしています。
自分で、ストライプは薄くて大丈夫だと思っても、他人は違和感を抱くこともあります。

また、証明写真は撮影後にデータを使いまわすことが多く、普通は企業や業界ごとに使い分けはしないことを考えても、無地のスーツで撮影しましょう。

NG2:ほぼ見えないからと言って柄付きのシャツで撮る

写真のシャツの面積が小さいからといって、柄付きのシャツで撮影するのもNGです。

面接官は大量の写真を目にしています。他の写真が白シャツで、その中に柄シャツがあったら、たとえ小さい面積でも、とても目についてしまいます。

ありあわせのシャツで撮ったのかな、とか本気度が足りないのでは?など大きなマイナスイメージを抱かれてしまいますので、撮影時も白シャツを用意し、誠実さや堅実さをアピールしましょう。

NG3:これしか持っていないと言ってボタンダウンのシャツを着てしまう

ボタンダウンのシャツも、就活には不向きってご存知でしたか?社会人では見かけるので、OKかと思う方も多いのではないでしょうか。

ボタンダウンシャツの由来は、馬に乗って行う「ポロ」という競技です。なので位置づけとしてはワイシャツというよりは、ポロシャツに近い感覚で、スポーツやカジュアルをイメージされます。

今、社会人が来ているボタンダウンシャツは、フォーマルというよりは、オフィスカジュアルの位置づけで着られています。

就職写真でオフィスカジュアルなんて、百年早いですよね?なので、ボタンダウンシャツはNGです。

ボタンダウンシャツについての詳しい解説はこちらの記事をどうぞ!

就活用証明写真でボタンダウンシャツを避けるべき3つの理由を解説

リクルートスーツは早めに揃えよう!

【男性編】就活の証明写真の撮影時に着るべきスーツとNGスーツをそれぞれ紹介!10

ここまでで、就活用のスーツは、面接時だけでなく、写真撮影時にも重要な役割を果たすことが分かりました。

就活の第一歩は、履歴書の作成と写真撮影です。予定を逆算して、写真撮影に間に合うように、スーツは早めに揃えましょう。

就活の予定を逆算して早めに注文しよう

就活期間は、企業によって異なりますが、3月頃に企業エントリーを開始して、6月頃に試験や面接が始まるところが多いです。

男性の場合はネクタイの慣れも必要なので、さらにその1~2ヶ月前には用意しておきたいものです。

そうなると、1月頃かな、と思われますが、それは違います。
リクルートスーツは、OB・OG訪問やインターンシップでも着る場合があるため、早くて大学3年の夏前から必要になる場合があります。

3年でそれらの活動をしない場合でも、セールが12月に開始することが多いので、大学2年の冬には、一度下見をしておいても早すぎることはありません。

遅くても、大学3年の12月には、スーツ専門店に足を運び、注文したいです。
特に、オーダーの場合は仕上がりに1ヶ月程度かかりますので、さらに余裕を持たせて注文します。

既製品のスーツを購入する場合も、裾直しなどに時間がかかる場合があるので、注文から仕上がりまで最低1週間は見ておきましょう。

証明写真撮影までにスーツを揃えられなかったら?

【男性編】就活の証明写真の撮影時に着るべきスーツとNGスーツをそれぞれ紹介!11

リクルートスーツが、意外と早く必要になることが分かりました。
しかしそれを知らず、写真撮影時期が迫ってくる方も多いのではないでしょうか。

それでも大丈夫です。写真撮影までにスーツが揃えられなければ、スーツをレンタルしてもらえる写真館がたくさんあります。

そのような写真館に行けば、手ぶらで行って、質の良いスーツをレンタルできる場合もありますし、プロならではのアドバイスがいただけます。ヘアセットがオプションで選べる所も多いので、自前のスーツがなくても、パリッとした写真を撮ることができます。

写真館でプロにアドバイスしてもらえば、面接用にスーツを買う際、参考になるので一石二鳥ですよね。ぜひ、レンタルスーツも検討してみてください。

就活写真の撮影におすすめの写真館はこちらの記事を参考にしてみてください!

就活の証明写真におすすめの写真館13選と費用と撮影前後の注意点

まとめ

就活写真撮影には、ふさわしいスーツがあることがお分かりいただけたでしょうか。

自由にスーツを選ぶのは、内定後のお楽しみに取っておいてください。
自分に似合って、就活にふさわしいスーツが見つかり、素晴らしい証明写真が撮影できること、願っております。

参考記事