就活証明写真に適したメイクって何?メイクのポイントや注意点を解説!

※本サイトでは、プロモーションが含まれている場合があります。
就活のメイク
2024年05月03日
就活証明写真に適したメイクって何?メイクのポイントや注意点を解説!1

目次

  1. はじめに
  2. 就活証明写真を撮る時に普段のメイクをしてもいいの?
  3. 就活証明写真に適したメイクをするときのポイントをパーツごとに解説!
  4. 就活証明写真のメイクをするときの注意点
  5. 就活証明写真でNGなメイク例
  6. 就活証明写真に適していないメイクで撮影してしまったときの対処法
  7. 就活証明写真に適したメイクができるか自信がないときは写真館を利用しよう!
  8. まとめ

はじめに

  • 「就活証明写真を撮る時のメイクって普段のメイクでもいいの?」
  • 「就活証明写真にふさわしいメイクって何?」

といった不安や悩みをお持ちの就活生もいることでしょう。

そこで、本記事では、

  • ・就活証明写真を撮る時に普段のメイクをしてもいいの?
  • ・就活証明写真に適したメイクは?
  • ・就活証明写真に適したパーツごとのメイク方法は?
  • ・就活証明写真に適していないメイクで撮影してしまったときの対処法は?
  • ・就活証明写真に適したメイクができるか自信がないときはどうすればいい?

について解説していきます!

記事の中盤では、パーツごとにメイク方法を解説しているので、参考にしてメイクをしてみてくださいね。

スポンサーリンク就活の証明写真を撮るのにおすすめの写真館の選び方とまとめ
スポンサーリンク就活の証明写真を撮るのにおすすめの写真館の選び方とまとめ

就活証明写真を撮る時に普段のメイクをしてもいいの?

就活証明写真に適したメイクって何?メイクのポイントや注意点を解説!2

就活証明写真を撮影するときに、慣れているメイクをしたいという就活生もいるでしょう。

就活証明写真を撮影するときは、普段のメイクでもいいのですが、“就活証明写真用のメイク”をした方がより良い印象を与えられます!

就活証明写真用のメイクをしたほうがいい理由

就活証明写真を撮影するときは、強い光が顔の真正面に当たります。

光が当たることなどを考慮していない普段のメイクの場合は、撮影時のストロボの光で色が飛んでしまい色味が薄く見えてしまうことから、のっぺりと野暮ったい印象を与えやすくなってしまいます。

そのため、就活用の証明写真の撮影時には、この撮影に合わせたメイクにした方が良いのです。

就活証明写真に適したメイクは?

就活証明写真に適したメイクって何?メイクのポイントや注意点を解説!3

では、就活証明写真用のメイクとは普段メイクと違って、具体的にどのようなメイクなのでしょうか。

ここからは、就活証明写真に適したメイクについて2つの特徴を解説していきます!

立体感のあるメイク

就活証明写真に適したメイクの特徴の一つは、立体感のあるメイクです。

撮影時のストロボの光で顔がのっぺりとしてしまいます。

のっぺり顔にならないためには、ベースメイクにこだわり、立体感のあるメイクをするようにしましょう!

血色感のあるメイク

就活証明写真に適したメイクの特徴の二つ目は、血色感のあるメイクです。

撮影時の光飛びで薄く見えてしまうメイクよりも、血色感がしっかり写されるメイクの方が、健康的に見え、社交性や明るい印象などを採用担当者側に与えやすくなります。

就活証明写真に適したメイクをするときのポイントをパーツごとに解説!

就活証明写真に適したメイクって何?メイクのポイントや注意点を解説!4

こここからは、上述した就活証明写真用メイクの特徴を踏まえ、就活証明写真に適したメイクのポイントを

  • ・ベースメイク
  • ・眉
  • ・アイメイク
  • ・チーク
  • ・リップ

ごとに紹介していきます!

ベースメイク

就活証明写真に適したメイクって何?メイクのポイントや注意点を解説!5

ファンデーションやコンシーラーを付けすぎると厚塗り感が出て、のっぺり顔につながってしまいます。

そのため、ベースメイクをするときは、自分の肌の色に合ったものを選び、薄く塗るようにしましょう!

しかし、クマやニキビ跡は不健康な印象を与えてしまうため、コンシーラーでしっかりと隠すことが大切です。

就活証明写真に適したメイクって何?メイクのポイントや注意点を解説!6

就活証明写真の撮影時には、眉頭・眉尻と、眉の中でも薄くなりがちな部位が、光飛びにより消えてしまうことがあります。そのため、眉頭・眉尻も普段より濃いめに書いておくと良いでしょう。

アイメイク

就活証明写真に適したメイクって何?メイクのポイントや注意点を解説!8

写真撮影を考慮しひとまず濃くアイシャドウを塗ろうとする就活女子は多いですが、濃すぎたり、派手すぎたりするアイメイクはかえって採用担当者に悪い印象を与えるため避けましょう。

濃くするのは、二重幅にのせる中間色のみにとどめましょう。

なお、使用するアイシャドウはブラウン系。大粒ラメなどがあるとライトに反射し派手な印象を与えるため、ラメが入っていないアイシャドウを使用することをお勧めします。

アイラインやマスカラは、就活証明写真だからとそこまで変わることはありません。しかし、アイラインを目尻より長く太く書きすぎない、マスカラを塗りすぎない、ように注意しながらアイメイクをしてください。

チーク

就活証明写真に適したメイクって何?メイクのポイントや注意点を解説!9

チークは血色感を表現できるため、塗るのを忘れないようにしましょう!

チークはストロボの光で色飛びしやすいため、直接鏡でみると少し濃く感じられるくらいに塗ることをおすすめします!

リップ

就活証明写真に適したメイクって何?メイクのポイントや注意点を解説!10

リップを濃く塗ってしまうと、ストロボの光で反射してしまいます。

また、グロスなども含むツヤタイプのリップもストロボの光で反射してしまうので、マットタイプのリップを就活証明写真用のメイクでは使用することをおすすめです!

就活証明写真のメイクをするときの注意点

就活証明写真に適したメイクって何?メイクのポイントや注意点を解説!11

ここまでは、パーツごとに就活証明写真用メイクのポイントを解説してきました。

ここからは、就活証明写真のメイクをするときの注意点を紹介していくので、参考にしてください。

マスカラを塗る時はダマにならないようにする

マスカラを塗る時は、ダマにならないようにしましょう。

マスカラがダマになっていると、目力がアップし、派手な印象を与えてしまいますよ。

そこで、マスカラを塗る時は、ティッシュを使うとマスカラ液の量を調節しやすく、ダマになりにくいです!

アイラインは長く引かない

就活証明写真のメイクをするときは、アイラインを長く引かないようにしましょう。

アイラインを長く引いてしまうと、目の主張が激しくなり、派手な印象を与えてしまいます。

そのため、アイラインは目尻から2〜3ミリ程度引くとよいですよ。

赤色のリップは避ける

赤色のリップは発色がいいため、派手な印象を与えるため、避けましょう。

そのため、コーラルピンクやベージュ系の色が就活証明写真ではおすすめですよ。

就活証明写真でNGなメイク例

就活証明写真に適したメイクって何?メイクのポイントや注意点を解説!13

普段のメイクのときにしていることが、就活証明写真用のメイクではNGであるという場合もあります。

そこで、ここからは就活証明写真でNGなメイク例を3つ紹介します。

つけまつげをつける

就活証明写真ではつけまつげをつけないようにしましょう。

つけまつげをつけると、目元の印象が強くなり派手な印象を与えますよ。

どうしてもまつ毛のボリュームや長さを出したいという場合は、ビューラーやマスカラで調整しましょう。

カラコンをつける

カラコンをつけて就活証明写真は撮らないほうがよいです。

カラコンをつけると、派手、自我が強いなどの印象を与えてしまい、採用担当者に悪いイメージを与えてしまいます。

また、本人確認にも影響が出る可能性がありますよ。

ラメをのせる

普段のメイクでは、ラメを使うことが多いと思いますが、就活証明写真ではラメは使わないようにしましょう。

ラメをのせてしまうと派手な印象を与え、TPOをわきまえられない人物と見なされてしまうこともあります。

ラメ感があるアイシャドウやチーク、リップは就活には向いていないので、使用は控えましょう。

就活証明写真に適していないメイクで撮影してしまったときの対処法

「就活証明写真にふさわしいメイクをせずに撮影してしまった」という就活生もいるのではないでしょうか?

そこで、ここからは就活証明写真に適していないメイクで証明写真を撮影してしまったときの対処法を3つ紹介していきます!

レタッチをする

就活証明写真に適していないメイクで撮影してしまったときは、レタッチ(修正)をしてもらうとよいでしょう。

写真館でレタッチを依頼することで、肌の厚塗り感やクマやニキビ消し、リップの色を変更してもらえますよ。

アプリを使う

アプリを使って修正することも1つの手段です。

しかし、自分で修正するため、違和感のある証明写真になってしまう可能性があります。

そのため、あまりおすすめはしません

就活証明写真を撮りなおす

就活証明写真に適したメイクで撮りなおすことが特に適した対処法です。

レタッチをするには費用がかかり、不自然な仕上がりになる可能性もあります。

そのため、レタッチするくらいなら撮りなおしたほうがよいと言えます。

就活証明写真に適したメイクができるか自信がないときは写真館を利用しよう!

就活証明写真に適したメイクって何?メイクのポイントや注意点を解説!13

就活証明写真に適したメイクを自分でできるか自信がないという就活生は、写真館でメイクを施してもらうことをおすすめします!

写真館では、就活証明写真に適したメイクをプロクオリティで施してもらえます。

また、撮影料やメイク代がセットになっているプランもあるため、そのプランを選ぶと通常よりも安くメイクを施してもらえます!

そのため、就活証明写真に適したメイクができるか不安だという人は写真館を利用するとよいでしょう!

東京のおすすめ写真館13選へ

まとめ

本記事では、

  • ・就活証明写真を撮る時に普段のメイクをしてもいいの?
  • ・就活証明写真に適したメイクは?
  • ・就活証明写真に適したパーツごとのメイク方法は?
  • ・就活証明写真に適していないメイクで撮影してしまったときの対処法は?
  • ・就活証明写真に適したメイクができるか自信がないときはどうすればいい?

について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

就活証明写真を撮影する際は、普段のメイクではなく就活証明写真に適したメイクをするようにしましょう。

これから就活証明写真を撮影するという人はぜひ参考にしてくださいね。