就活の疑問!証明写真が原因で落ちることがあるって本当!?

就活と見た目
2019年10月04日
就活の疑問!証明写真が原因で落ちることってあるの?

目次

  1. はじめに
  2. 就活の合否と容姿
  3. 証明写真”だけ”が理由で落ちることはないが・・・
  4. 証明写真でベストな1枚を撮るためには?
  5. まとめ

はじめに

就活生のみなさんこんにちは!

就活生の中には「就活の証明写真が原因で落ちることってあるの?」と疑問に思っている方も多いと思います。

その証明写真ですが、プロのカメラマンと機械で撮影した証明写真では、採用担当者へ与える印象が変わる可能性があります。

もし印象が変わるのならベストな1枚で、採用担当者へ好印象を与えたいですよね。

そこで今回は「証明写真が合否へどう影響を与えるのか?」「ベストな1枚を撮影するためには?」といった疑問について解説します!

スポンサーリンク就活の証明写真を撮るのにおすすめの写真館の選び方とまとめ
スポンサーリンク新宿・渋谷・横浜・東京で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ

就活の合否と容姿

就活の疑問!証明写真が原因で落ちることってあるの?1

現在の就活では “合否” と “容姿” の関係について、はっきりと公になっていることはありませんが、何かしら関係はありそうですよね。

ここではどんな関係があるのかを、詳しく解説します!

誰も口には出さないけれど・・・

多くの人がわかっていることですが、人は他人の容姿に対してあまり口に出しません。ですが口に出さないだけで、容姿を見て物事を判断することもあります。

そうです。就活に限らず世の中には、容姿が関係ないものなんてありません。実際に就活で証明写真が判断材料に使われているかは、企業の採用担当者の方にしかわかりません。

ですが就活の証明写真が、採用担当者へ印象を与えるのは確かです。もしかしたら、あなたが当落線上にいる時に、証明写真の印象が合否を分ける要因になるかもしれません。

そのため、証明写真の印象が合否の判断材料にならないとは言えません。

自分の容姿の魅力を最大限に引き出そう

就活の証明写真で好印象を与えるためにも、自分の魅力を最大限に引き出しましょう。証明写真の撮影をするときだけ、別人のようなイケメンや美人になるなんて無理です。

そのため、本来持っている自分自身の最大限の魅力を引き出すことが重要です。

先ほども解説しましたが、証明写真が合否と関係ないとは言い切れません。例えば、自分の魅力が引き出されていない証明写真では、採用担当者へ与える印象もそれなりでしょう。

そのため、できる限り好印象を与えられるように、自分に備わっているものの魅力を最大限に引き出すことが大切です。

証明写真”だけ”が理由で落ちることはないが・・・

就活の疑問!証明写真が原因で落ちることってあるの?2

証明写真だけが理由で落ちることはもちろんありません。

ただ、その採用に影響を与える要素であることは確かでしょう。多くの採用担当者が初めてあなたを見るのが証明写真で、その時にあなたに対する第一印象を抱き、その印象もその後の合否の判断基準になるからです。

そのため証明写真は、手を抜かない方が良いでしょう。以下より詳しく説明します!

評価にはないが、”イメージ”には確実になる

就活の証明写真は評価にはないですが、あなたの第一印象(=イメージ)になります。多くの採用担当者は、履歴書やES等の証明写真で、あなたのことを初めて見ます。

そのため、採用担当者は履歴書やES等の証明写真で、良くも悪くもあなたに第一印象を持ちます。

例えば、あなたがもし当落選上にいて、あなたと誰かの二択の場合だったら、採用担当者は第一印象が好印象の方を選びやすいでしょう。

そのため、できる限り就活の証明写真は、プロのカメラマンに撮影してもらい、第一印象が好印象になりやすい証明写真がおすすめです。

少なくとも手を抜いていいものではない

証明写真が合否へ与える影響は大きくはないと思います。
しかし手を抜いていいものではありません。採用担当者は、多くの就活生の証明写真を見てきています。

そのため機械で撮影した写真か、プロに撮影してもらった写真かを見分けることは容易にできます。

従って採用担当者へ良い印象を与えるためにも、手を抜かず証明写真はプロのカメラマンに撮影してもらうことをおすすめします。

証明写真でベストな1枚を撮るためには?

就活の疑問!証明写真が原因で落ちることってあるの?3

ここからは採用担当者へ好印象を与えやすい就活の証明写真で、ベストな1枚を撮影する方法をご紹介します!

自分のベストな表情を理解し、確立する

証明写真でベストな1枚を撮るためには、自分のベストな表情を理解し、確立することが重要です。

ベストな表情を理解し、確立することで、採用担当者へ良い印象を与えやすい証明写真になります。しっかりと自己分析し、自分のベストな表情の作り方を理解しましょう。

例えば「口角は微笑む程度に上がっているか」「目が小さくなっていないか」「顔の角度は適切か」など自分で自分の魅力を引き出すポイントを見つけましょう。
そしてベストな表情を確立するために、鏡の前で自分の表情を確認すると良いでしょう。

ベストな表情を確立することができれば、魅力的な1枚を撮ることができ、採用担当者へ良い印象を与えられるでしょう。

メイク・加工付きのスタジオで撮影する

メイク・加工付きのスタジオで撮影すると、就活写真に関する知識と高い技術を持ったプロの方がメイク・加工をしてくれます。

志望業界に合うメイクを施してもらえたり、写真の気になる肌荒れ・髪ハネなどを加工したりしてもらえるため、採用担当者へ良い印象を与えやすい質の高い写真になります。

そのため高い技術と専門的な知識を持ったプロの方がいるメイク・加工付きのスタジオで撮影することで、ベストな1枚の証明写真を撮ることができるでしょう。

プロのカメラマンに撮影してもらう

プロのカメラマンに撮影してもらうと、自分の魅力を最大限に引き出した証明写真を撮影してもらうことができます。

プロのカメラマンは就活に関する証明写真の知識と、その人の魅力を最大限に引き出す撮影技術を持っているので、採用担当者へ良い印象を与えやすい写真を撮ってくれます。
そのためプロのカメラマンに撮影してもらうことで、証明写真でベストな1枚を撮ることができるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は「証明写真の印象が合否に影響を与えるのか?」「ベストな1枚を撮影するための方法」ということについて解説しました。

今回解説したように、証明写真が原因で落ちることがないとは言い切れません。そのため証明写真は手を抜かずしっかりと準備しましょう。
自分が当落線上にいる時には証明写真の印象で合否が決まることもあります。

合格の確率を少しでも上げるために、就活の証明写真についての高い技術と専門的な知識に加え、写真でその人の魅力を最大限に引き出すことができるメイク・加工付きスタジオで、プロのカメラマンに撮影してもらうことをおすすめします!

参考記事