就活で履く靴下は何色がベスト?失敗しないためのポイントを紹介

※本サイトでは、プロモーションが含まれている場合があります。
就活と見た目
2024年06月06日
就活で履く靴下は何色にするべき?失敗しないためのポイントを紹介

【目次】

  1. はじめに
  2. 就活で履く靴下は何色・何柄にするべき?
  3. まとめ

はじめに

就活において靴下はあまり目に触れられない部分と思われがちです。ですが、面接で座った時などのふとした瞬間に、相手の目に留まりやすく以外と見られている部分です。就活生の中には、「就活時に履くべき靴下とは何色の靴下を履けば良いのかな?」と気になっている方もいることでしょう。

そんな就活生のために今回は、就活時に履く靴下は何色・柄を選ぶべきなのか、解説していきます!

スポンサーリンク就活の証明写真を撮るのにおすすめの写真館の選び方とまとめ
スポンサーリンク就活の証明写真を撮るのにおすすめの写真館の選び方とまとめ

就活で履く靴下は何色・何柄にするべき?

就活で履く靴下は何色がベスト?失敗しないためのポイントを紹介1

多くの就活生は、就活時に履く靴下は黒や白といった色が良いと思っているでしょう。

しかし、白色の靴下は就活時に靴下としては適していません。それでは、どんな靴下が就活に向いているのかを詳しく解説します!

白は絶対にNG

就活時に、白色の靴下を選ぶのはおすすめしません。なぜなら、就活において白い靴下のイメージが悪いからです。白色の靴下には、多くの方がスクールソックス・スポーツソックスなどのイメージを持っているため、就活のようなフォーマルな場には適さない靴下と考えられています。そんな靴下を、就活の場で履くのは実はマナー違反に値するのです。

また、面接の際、座った時に暗い色の靴とスラックスの間から明るい白の靴下が見えると、靴下の部分だけ悪目立ちしてしまいます。面接官は白い靴下に目がいってしまい、「常識外れな就活生」と思われ採用にマイナスな影響が響くことがあります。

したがって、就活時の常識として、白色の靴下を履くのはおすすめできません。

無難なのは靴と同じ色=黒にすること

就活で履く靴下は何色がベスト?失敗しないためのポイントを紹介2

白色の靴下が履いていけないのなら、「じゃあ何色の靴下ならいいの?」とお思いの方もいるでしょう。結論、就活時には、靴と同じ色の靴下を履くのがおすすめです。

理由は、靴下は靴とスラックスの間から見え、色が異なると靴下が見えた時に統一感がなく見栄えが悪いです。足元全体の統一感を考慮し、見栄えを良くするためにも靴と同じ色の靴下を履くのがおすすめです。

柄がないものを選ぶ

就活で履く靴下は何色がベスト?失敗しないためのポイントを紹介3

就活時に柄の入った靴下を選んで履くのはやめましょう。

なぜなら白色の靴下がNGである理由と同様に、靴とスラックスの間で柄が入っている靴下が見えると、そこだけ悪目立ちしてしまいマイナスな印象を与えかねないからです。

また、他の就活生と比べられた際に、靴下に柄が入っているとマイナスな評価にしかなりません。採用担当者の方に、マイナスな印象を与えないためにも、無難に無地の靴下を選ぶのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、就活で履くべき靴下についてご紹介しました。

以下が今回のまとめになります。

就活で履く靴下の選びには、

  • ⑴白色の靴下はNG
  • ⑵靴と同じ色(黒)の靴下を選ぶ
  • ⑶無難に無地の靴下を選ぶ

の、3つのポイントがありました。

靴下の色、柄で悪目立ちして採用担当者にマイナスな印象を持たれないためにも、靴下選びの際は3つポイントを意識しましょう。

参考記事