男性用就活の靴の選び方7か条と3万円以下の価格別おすすめ16選

カテゴリ:就活と見た目
ES研究所 2017年10月18日

5.10000円以下で買える就活靴

ではまず、10000円以下で買える就活におすすめの靴を紹介していきます。本来は安くとも15000円程度の予算を設けて、良い靴を買っておいたほうが社会人になってからも履けるためおすすめです。しかし、どうしても予算に制約がある就活生は、この中から靴を選ぶと良いかと思います。

10000円以内の予算だと、正直、名のしれたブランド靴や長く使える革靴を入手するのは難しいですが、それさえ捨てれば就活で使うだけなら十分事足りる靴を入手できますよ。

ANTONIO DUCATI[アントニオデュカティ]DC1173

  • ANTONIO DUCATI DC1173-1
  • ANTONIO DUCATI DC1173-1

ANTONIO DUCATI DC1173 黒

この就活靴のスペック

  • 【メーカー】ANTONIO DUCATI[アントニオデュカティ]
  • 【価格】9,420円-96,80円 返品無料!
  • 【品番】DC1173
  • 【素材】牛革(キップ〉
  • 【ヒール】4cm

就活用の革靴としておすすめする理由

10000円以下でおすすめするのが『アントニオデュカティ』の革靴です。バイクのデゥカティ(DUCATI)創業者の息子が作ったブランドです。

ヒールの高さが4cmもあるのでスタイルがよく見えます。更に、「キップ」という高級牛革を10000円以下の価格で使用していますので、磨き込むことによって10000円とは思えない高級感を作り出すことができます。

※キップとは


生後6ヵ月から2年くらいの中牛革。最上級のカーフに次いでキメ細かく美しく、やや厚手な上質の革。
皮と革はどう違う?(REGAL公式サイト)

ANTONIO DUCATI DC1173の詳細へ

日本製!a.belvetino(黒)

  • a.belvetino-1
  • a.belvetino-2

a.belvetino[アベルベッティノ] 日本製牛革 ab-741 黒

この就活靴のスペック

  • 【メーカー】a.belvetino(アベルベッティノ)
  • 【価格】6,900円〜7,096円 返品無料
  • 【品番】ab-741
  • 【製法】セメンテッド式(接着剤式)
  • 【修理】不可

就活用の革靴としておすすめする理由

10000円以下の就活靴としてまずおすすめしたいのは『a.belvetino(アベルベッティノ)』の革靴です。ストレートチップ、内羽根等の就活靴として必要な条件を満たしています。更に、1万円以下の価格で国産、牛革のコストパフォーマンがおすすめの理由です。

a.belvetinoの詳細へ

TEXAS 銀付き本革靴

  • TEXAS 銀付き本革ビジネスシューズ1
  • TEXAS 銀付き本革ビジネスシューズ2

TEXAS 銀付き本牛革 ストレートチップ革靴(黒)

この就活靴のスペック

  • 【メーカー】TEXAS(テキサス〉
  • 【価格】7149円〜96,22円 返品無料
  • 【品番】WE-82
  • 【素材】銀付き牛革

就活用の革靴としておすすめする理由

TEXAS(テキサス)の銀付き革を使った革靴です。銀付き革とは、表面を磨ききらずに毛穴を少しだけのこした革のことです。(逆はガラス張り革といい艶を追求した革です。)

あえて磨ききらないことで独特の自然な風合いを残すことができますので、フォーマルかつナチュラルな服装を好む就活生におすすめです。。

TEXAS 銀付き本革靴の詳細へ

KENFORD(ケンフォード) KB48AJ

  • KENFORD KB48AJの写真1枚目
  • KENFORD KB48AJ_2枚目

KENFORD(ケンフォード) KB48AJ 黒 ストレートチップ

この就活靴のスペック

  • 【メーカー】KENFORD
  •     

  • 【価格】8370円~10,800円 返品無料
  • 【品番】KB48AJ
  • 【製法】セメンテッド式
  • 【修理】不可

ケンフォードは ビジネスシューズ鉄板ブランド「REGAL」の弟分のブランドです。10000万円以下にも関わらず牛革、日本製、ガラス張り(艶を追求)というのが嬉しいです。

更に甲革は撥水加工処理がされているので、メインの靴でももちろんいいですが、雨の日用として一足買っておくのもいいと思います。

KENFORD KB48AJ 黒の詳細へ

WORLD MARCH(ワールドマーチ) WM2075BW

  • ワールドマーチ1
  • ワールドマーチ2

WORLD MARCH(ワールドマーチ) WM2075BW 黒

この就活靴のスペック

  • 【メーカー】WORLD MARCH(ワールドマーチ)
  • 【価格】7004円〜10,584円 返品無料
  • 【品番】WM2075BW
  • 【製法】セメンテッド式
  • 【修理】不可

ワールドマーチの革靴は、従来品の約1.6倍の高反発材搭載を使用することで歩き回っても疲れない、かつ、高い耐久性を実現しました。月星という会社が出している革靴で、スニーカーだと『瞬足』という高反発素材により足が早くなるスニーカーを世に送り出したことで有名です。

瞬足』で培った技術を革靴に転用しているため、数ある革靴の中でも高い歩きやすさを実現しています。もちろん見た目も就活においては満点です。

WORLD MARCH(ワールドマーチ) WM2075BW 黒の詳細へ

ROYAL TRAD(ロイヤルトラッド) RT30-33

  • ROYAL TRAD ビジネスシューズ1
  • ROYAL TRAD 本革 日本製 ビジネスシューズ2

ロイヤルトラッド 日本製 黒 RT30-33

この就活靴のスペック

  • 【メーカー】ROYAL TRAD(ロイヤルトラッド)
  • 【価格】5990円 返品無料
  • 【品番】RT30-33
  • 【製法】セメンテッド式
  • 【修理】不可

ROYAL TRADの革靴は『どうしても就活用の靴は安く収めたい』という方におすすめです。この価格帯で本革を使っている靴で就活用の靴として条件を満たす靴は数少ないです。

ROYAL TRADは同じ形で合成皮革の靴も多く出していますが、この靴は『牛本革』を使っています。本来であれば社会に出てからのことも見越して良い靴を買いたいところですが、予算的にどうしても厳しい就活生はこちらの靴を就活に用いるのが良いかと思います。

ROYAL TRAD RT30-33(本革)の詳細へ

続いては、10000円〜20000円で買えるおすすめの就活靴をご紹介していきます。

6.10000円-20000円以下で買える就活靴

ここからは10000円から20000円以下で買える就活におすすめの靴を紹介していきます。

この辺りから社会人になってから履いていても恥ずかしくないクオリティとなってきます。聞いたことのあるブランドも少しずつ現れてくるかと思います。長い目で見たときのコスパを重視したい学生にはおすすめの価格帯です。

Raffaello(ラファエロ) RT30-33

  • ラファエロの靴1
  • ラファエロの靴2

ラファエロのカーフ製革靴(黒)

この就活靴のスペック

  • 【メーカー】Raffaello (ラファエロ)
  • 【価格】14,800円 返品無料
  • 【品番】ブランドの靴はこちらのみ
  • 【素材】牛革(カーフ)

Raffaello(ラファエロ)の靴は15000円の手頃な価格で牛革の中で最も高級で柔らかいとされるスーペリア『カーフ』(生後半年以内の牛の革)を使用しています。

軽いカーフ素材と、最先端のマイクロラバーソール(靴底)を採用することで、靴の軽さを追求しています。カーフ素材であるが故に耐久性は若干劣りますが、社会人になってからもここぞというときに履いても全く困らない一足です。普通の靴より少し大きな作りになっている様なので注文時はご注意を!(Amazonでは靴は返品無料です)

スーペリアカーフ

生後半年以内の牛からなめした革を使った世界的な有名高級ブランドも商品の素材として採用するほどの世界高級ランクの極上皮革素材のこと。

ラファエロのカーフ製革靴(黒)の詳細へ

[ラフィネ] RAFFINATE 内羽根ストレートチップ RF-P10202

  • ラフィネの靴1
  • ラフィネの靴2

ラフィネの革靴(黒)

この就活靴のスペック

  • 【メーカー】RAFFINATE(ラフィーネ)
  • 【価格】8,551円〜11,890円 返品無料
  • 【品番】RF-P10202
  • 【素材】牛革(カーフ)

靴の本底はイタリア製の底を使い、革は国産の柔らかい牛革を採用しており、足への馴染みが早いのが強みです。浅草の革職人が一足一足丁寧に仕上げた日本人の足の特性を捉えた靴となっています。

REGALの弟ブランドであるケンフォードとよく比較されるほど安定の一足といったところです。無骨なケンフォード、繊細のラフィーネといったところでしょうか。いずれにせよ、冠婚葬祭からビジネスまでどこに履いていっても問題なく恥ずかしくない一足です。

ラフィーネ RF-P10202(黒)の詳細へ

madras Walk MW5502

  • madras Walk MW5502-2-1
  • madras Walk MW5502-2-2

madras Walk MW5502 内羽根 ストレートチップ(黒)

この就活靴のスペック

  • 【メーカー】madras Walk(マドラスウォーク)
  • 【価格】14,900円〜17,442円 返品無料
  • 【品番】MW5502
  • 【素材】牛革

マドラスウォークのビジネスシューズは

  • ・『無骨さ、頑丈さ』
  • ・『歩いたときの疲れづらさを追求』
  • ・『耐水性』

の3点を追求している点で就活におすすめの靴としてあげられます。ステッチもはっきりと入っていて、無骨なデザインを好まれる方や、足が広い、甲が高い方におすすめです。

具体的には、インソール(靴のなかばき)に『TX-MOVE』という素材を使うことで疲れづらさを実現し、ゴアテックス素材を使うことで高い耐水性を実現しています。雨の日に長く歩いても疲れづらい。就活にはもってこいの一足ですね。

madras Walk MW5502(黒)の詳細へ

KENFORD(ケンフォード)KN21AB

  • KENFORD KN21AB -2-1
  • KENFORD KN21AB -2-2

KENFORD(ケンフォード)最軽量 KN21AB(黒)

この就活靴のスペック

  • 【メーカー】KENFORD(ケンフォード)
  • 【価格】12,150円
  • 【品番】KN21AB
  • 【素材】牛革
  • 【製法】セメンテッド式
  • 【修理】ヒール(かかと)のみ交換可

リーガルの弟分であるケンフォードの中でも

  • ・軽さ
  • ・履き心地
  • ・無難さ

の3点を追求している点で就活におすすめの靴としてあげられます。とにかく無駄を削ぎ落とし、革も分厚くしないことで靴を軽くして疲れづらくしました。

更に、かかとの部分に脱げづらくするため、足の後ろ側が痛くならないようにするためのクッションをつけています。もちろん就活用の靴としての条件も全クリアです。

KENFORD(ケンフォード)KN21ABの詳細へ

REGAL(リーガル)42GE

  • リーガル42GE
  • リーガル42GE-2

REGAL 42GE(黒)(※2017年10月18日現在在庫切れ中)

この就活靴のスペック

  • 【メーカー】REGAL(リーガル)
  • 【価格】19,500円
  • 【品番】42GR
  • 【素材】牛革
  • 【製法】マッケイ式
  • 【修理】可

日本でビジネスシューズといったら、リーガル(REGAL)が最も有名で、コスパに優れているといえます。そのコスト以上のデザインと耐久性で1870年から日本の紳士の足元を支え、高度経済成長期の『モーレツリーマン』達の健脚を支えてきたブランドです。

就活用の靴としての条件を満たす中だと、REGAL社の殆どの靴が2万以上はしてしまう中で、2万円を切るのがこちらの靴です。革の表面が磨かれすぎていないことで自然な風合いを残している一足です。

Amazon・REGAL通販は通販でも送料返品交換が無料なので一度幾つかの種類・サイズを注文し、自宅で確かめてから返品するのが最も効率的です。

REGAL(リーガル)42GRの詳細へ(※2017年10月18日現在在庫切れ中)

続いては、20000円から30000円で買える就活におすすめの靴を紹介していきます。

お気に入り 0人がこの記事をお気に入りしました
スポンサーリンク新宿・渋谷・横浜で就活用の証明写真撮る写真館ならスタジオインディ
スポンサーリンクまだエントリーが間に合う企業の探し方

7.20000円-30000円以下で買える就活靴

ここからは20000円から30000円以下で買える就活におすすめの靴を紹介していきます。

一流企業の社員も普通に履いている様な靴です。また、材料や製法もこの価格帯からぐっと変わってくるので、手入れ次第で物持ちの良さも変わってきます。

『靴は履きつぶすもの』という誤解がありますが、『履きつぶす用の靴』と『いざという時の靴』の2つを使い分けるのが最前線で働くビジネスマンです。金銭的に余裕のある学生はこちらの価格帯の靴を手に入れておくと、結果的にコスパが良くなります。

REGAL(リーガル)10JR

  • REGAL 10JR
  • REGAL 10JR

REGAL 10JR(黒)

この就活靴のスペック

  • 【メーカー】REGAL(リーガル)
  • 【価格】19,000円〜22,809円
  • 【品番】10JR
  • 【素材】牛革
  • 【製法】セミマッケイ式
  • 【修理】可

2万円以下でギリギリ買える(ほぼ2万超えですが(笑))REGAL、もう一足が『REGAL 10JR』です。セミマッケイ式製法という通常であれば『コバ』という靴と靴底のつなぎとなる革をあえて入れないことによってエレガントな雰囲気を出せています。もちろん、REGALなので値打ち以上の耐久性で長く使えますし、どこに履いていっても問題なしです。

REGAL(リーガル)10JRの詳細へ

REGAL(リーガル) 011R AL

  • REGAL 11RAL-3
  • REGAL 011R AL

REGAL 011R AL(黒)

この就活靴のスペック

  • 【メーカー】REGAL(リーガル)
  • 【価格】18,600円〜23,760円
  • 【品番】 011R AL
  • 【素材】牛革(キップ)
  • 【製法】セミマッケイ式
  • 【修理】オールソール(1回のみ)、ヒール

こちらもギリギリ2万以下、2万円台前半で買えるREGALの靴です。靴の素材に若い牛からなめした『キップ』を使っています

その上で鏡面加工(より革本来の光沢を出すために表面を研磨する加工)そのため、若干耐久性には劣りますが、磨き込むことによって独特の高級感が出ます。製法もセミマッケイのため、エレガントです。耐久性というよりは、高級感・ちゃんとしてる感を求めてREGALに手を出す学生にはこちらをおすすめします。

※キップとは


生後6ヵ月から2年くらいの中牛革。最上級のカーフに次いでキメ細かく美しく、やや厚手な上質の革。
皮と革はどう違う?(REGAL公式サイト)

REGAL(リーガル)011R ALの詳細へ

Clarks(クラークス) Mens Coling Boss

  • クラークス1
  • 
クラークス2

Clarks(クラークス) Mens Dorset Boss(黒)

この就活靴のスペック

  • 【メーカー】Clarks(クラークス)
  • 【価格】27,000円〜30,240円
  • 【品番】Mens Coling Boss
  • 【素材】牛革
  • 【製造】イギリス

REGALばかりなのもアレなので、ここで英国の老舗靴店Clarksから就活におすすめの靴を一足ご紹介します。元々『紳士』という概念は英国から生まれたものであり、英国の紳士服・紳士服は世界でも格別に厳格だと言われています。

その中で長年靴を作り続けてきただけあって、革は上質なものを使い、丈夫に作られています。靴の紐を結ぶ一番上の箇所に少しだけ装飾の穴があるのですが、まず見えませんし、この程度の装飾であれば就活でも問題なく履けるかと思います。

Clarks Mens Dorset Boss(黒)の詳細へ

REGAL 811R ALB

  • REGAL 811RAL-2-2
  • REGAL 811RAL-2-2

REGAL 811RAL(黒)

この就活靴のスペック

  • 【メーカー】REGAL (リーガル)
  • 【価格】18,585円〜22,085円返品無料
  • 【品番】811RAL
  • 【素材】牛革
  • 【製法】セミマッケイ式

この靴を就活におすすめする理由

無難と言われるリーガルの中でも、無難を極めた一足が『811RAL』かと思います。最もフォーマルな条件を残し、更に、つま先も尖りすぎておらずで、あらゆるシーンで使うことができます。無難さを追求する方はこちらの一足がベターでしょう。

REGAL 811RAL(黒)の詳細へ

REGAL 25AR

  • REGAL 25AR
  • REGAL 25AR

REGAL 25AR(黒)

この就活靴のスペック

  • 【メーカー】REGAL (リーガル)
  • 【価格】26,500円〜27,216円 返品無料
  • 【品番】25AR
  • 【素材】牛革
  • 【製法】グッドイヤーウエルト式

この靴を就活におすすめする理由

REGALの中でも2万円代後半の価格帯の靴です。製法がグッドイヤーウェルト式という最も工数と原価のかかる作り方で仕立てられた靴です。踵の部分にもスクラッチタフレザーという軟質樹脂を配合した傷が目立ちづらくなるような加工がなされています。

さらに革の表面もしっかりと鏡面加工(研磨)されているため高級感のある光沢が出せています。つま先までのフォルムもややシャープなので、すっきりとした印象を与えられるかと思います。

REGAL 25AR(黒)の詳細へ

REGAL 05JR BG

  • REGAL 05JRDB
  • REGAL 05JRDB

REGAL 05JR BG(黒)

この就活靴のスペック

  • 【メーカー】REGAL (リーガル)
  • 【価格】24,400円〜29,100円 返品無料
  • 【品番】05JR BG
  • 【素材】牛革
  • 【製法】グッドイヤーウエルト式

この靴を就活におすすめする理由

2万円代中間の価格帯の靴です。こちらも最高峰の製法であるグッドイヤーウェルト式が採用されていますね

鏡面加工が少なめになっているので、牛革本来の光沢を活かした自然な風合いになっています。グッドイヤーウェルト方式なので、履き込んでいって靴底を交換しながら10年や20年という単位で履いていける靴ですよ。

REGAL 05JR BG(黒)の詳細へ

REGAL 315R BE

  • REGAL 315R BE-1
  • REGAL 315R BE-2

REGAL 315R BE(黒)

この就活靴のスペック

  • 【メーカー】REGAL (リーガル)
  • 【価格】23,000円〜29,160円 返品無料
  • 【品番】315R BE
  • 【素材】牛革
  • 【製法】グッドイヤーウエルト式

この靴を就活におすすめする理由

REGALの中でも3万円近くなるとこの高級感です(笑)もちろん製法もグッドイヤーウェルト式です。ヒールに行くに連れて緩やかに靴の底が高くなっていくデザインが取り入れられているため、自然な高級感を醸し出すことに成功しています。

その代わりややステッチが濃くほどこされていますが、全体のフォルムがシャープなので適度なアクセントとなっています。

REGAL 315R BE(黒)の詳細へ

8.靴の手入れに必要な最低限のもの

いくら良い靴を買っても、磨かれていなければ印象は悪くなります。手入れ不足の高い靴より、よく手入れされた安い靴の方が好印象だったりします。

しっかりと就活靴の汚れを落とし、革本来の光沢を維持していきましょう。以下に、最低限必要なアイテムだけご紹介しておきますね。ブランドは世界中で愛されるモウブレイとコロニル社のものを選びました。

馬毛のブラシ

これでひたすら靴をブラッシングしてください。表面の革の細かい凹凸に入り込んでゴミを書き出してくれるため、革が呼吸するようになり、長持ちしていきます。

クロス

これでひたすら靴を乾拭きしてください。(笑)ブラシで取り残した汚れを落としてくれるため、革がピカピカに光沢が戻ってきていますよ。古くなった綿100%のTシャツで代用することもできます。

靴用クリーム

塗りすぎ要注意なのですが、1月から2月に1回程度、このクリームをブラシ使って靴を磨いてください。取る量は米粒1〜2つぶん程度で大丈夫です!靴用のオイルとクリームは違うので、間違えないでくださいね!オイルを塗ったら大変なことになるので要注意です!

防水スプレー

防水加工がされている靴であっても、念のため防水スプレーを施しておくことをおすすめします。水濡れは革の天的なんです。いくら耐水性を高めても、そもそも吸収させないのが理想的な対策です。月に1回程度靴全体に吹きかけてよく拭いてください。

9.就活の靴の選び方とおすすめの靴まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は就活におすすめの靴の選び方と3万円までの価格帯でおすすめの就活靴を紹介させて頂きました。

革靴の利点は、メンテナンスや修理によって長く使うことができます。足になじんでいる革靴を社会人になっても続けて履けることだと思います。靴底の減りなんかもきちんとした革靴のの場合、新しいものと交換できるんですよ!

自分の性格を踏まえて適した価格の靴を買い、就活に万端の準備で望みましょう!

参考記事

スポンサーリンク


リーガル社バナー
1 2